なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

クロッキオ デル ムジカ
ピアノ教室


ピアノのレッスンは
漢字の習得に似ています。

☘️漢字は、書き順や形を正しく知り、読んだり書けたりすることから始まります。

ピアノも、初めは楽譜の正しい読み方や指使いから始まります。間違えても弾き直しても良いのです。

☘️次は、熟語や使い方を知ります。テストでもスラスラ答えられるようになりたいものです。

ピアノも、スラスラと滑らかに弾けたり、覚えたりできるようになりたくなります。
でも、レッスンなので、間違えたり弾き直しても良いのです。

☘️漢字は、書けても使えなければ楽しくありません。
大事な人に気持ちを伝える手紙を書いたり、仕事で文章が書けたりしないと、漢字はただの記号になってしまいます。

ピアノも、自分はこう弾きたい、こんな音色が出したい、ここが感動するのだと、演奏で伝えてこその楽器です。

これら全ての想いを達成できるように、アドバイスするのがレッスンです。

発表会やコンクールは、できるだけミスしたくないものですが、レッスンではそれが目標ではありません。





クロッキオピアノ教室 3つ の特長

01.大人も子どもも、自分のペースで進める

専門の道に進まなくても、音楽の素晴らしさを知って欲しい!テクニックは、音楽の表現を支えるもの。
どう弾きたいのか、どんな音を出したいのか、そんな自分の思いを表現できれば最高。
ゆっくり進むのも、どんどん進むのも、生徒さんのご希望に合わせて、行います。
弾きたい!と言う気持ちをサポートします。

02.間違えても
   弾きなおしてもいい
間違えたくないのは、弾いている本人ですが、レッスンの中で間違えても弾きなおしても、それは問題ではありません。完璧に弾くことが目的ではないのです。
それより、どうしたら、弾きやすいのか、どんな練習をしたら良いのか、どんなイメージで演奏をしたらいいのかを話しながらレッスンしていきます。

もちろん、楽譜を間違えて読んでいたり、テクニックで改善できたりするところは、放ってはおかず、アドバイスいたします。

また、満足できる演奏ができるように、発表会やコンクールに向けて、最大のバックアップをしていきます。

03.大人のレッスンは、ガチで教えません!

大人は忙しいのです。
少ない時間見つけて、週末弾くのがやっとなことが多いでしょう。

楽しみとして始めたい大人のレッスンは、ガチで教えません。バリバリのクラシックレッスンもいたしません。
もちろん、専門に学びたい方には高いレベルを一緒に追求いたしますが、初めての方や、趣味として始める方には、楽譜の読み方からゆっくりと。

鍵盤ハーモニカも、楽器の扱い方から丁寧に、段階的に進めます。



大人のピアニカ
(鍵盤ハーモニカ)

おうちにお子さんのピアニカはありませんか?
右手だけで好きな曲が演奏でき、ピアノより簡単に、始められます。

口元が引き締まり美容にも役立ちますし、唾液の分泌も良くなります。
さらに、歌うときと同じような呼吸法により、肺の健康にもよいとされています。
 
 仲良しのお友達とグループで、どなたかのおうちに集まりレッスンしてもいいですし、オンラインでもできます。
楽譜は、曲の相談をしながらお渡しいたします。


クラス・料金
CLASS


クラシックピアノマンツーマンレッスンクラス -

対 象(対面の大人は女性のみ
    オンラインは、男性も可能)
料金 月謝(年40回 月約4回)
30分クラス
6000円(税込)
40分クラス
7000円(税込)
50分クラス
8000円(税込)
大人のピアノ
月2回 7000円(税込)
大人のピアノ
一回ごと 4000円(税込)
ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)クラス
月2回コース 5000円(税込) (一回30分)
      6000円(税込)(一回40分)
ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)クラス
1回ごと 3500円(税込)(一回30分)
     4000円(税込)(一回40分)
大人のピアニカ 仲良しグループ割
月2回 4000円(税込) 会場費別




50分クラス
8000円(税込)

お知らせ
NEWS


2001.7.15
コンサートのお知らせ

8月29日14:30より釧路市芸術館アートホールにて、ピアノとサクソフォーンのおしゃべりコンサートを行います。
大人1500円。予約の方にはお土産付き。
予約はご連絡ください。






クロッキオ デル ムジカ
黒木 真弓



講師紹介
INSTRUCTOR


黒木真弓
🍋プロフィール🍋

28年間クラシックピアノ奏者で活動しながら小中教員を務める、勉強も教えられるピアノ弾き。
2018年に退職し、演奏活動中心の生活に切り替えた。

北海道教育大学音楽科卒業ピアノ専攻。
釧路新人演奏会にて最高賞にあたる奨励教育長賞、その後釧路音楽協会よりその年に演奏された中で最優秀に与えられる高後賞を受賞。
ソロ中心に活動し、地元釧路ソリストの夕べやディスクール・シュル・ピアノ演奏会、帯広でのレインボーコンサート根室の音の玉手箱、ノサップセミナー専属伴奏者、中札内村の色とりどりのコンサート、札幌キタラでのモルゲンシュテルンコンサート等に出演。

室内楽では、ヴァイオリニストのルッツ・レスコビッチのレッスンを受け、デュオも行った。

北海道ベートーヴェン協会主催アマチュアオーケストラによる、ベートーヴェンピアノコンチェルト3番、メンデルスゾーンピアノコンチェルト1番、釧路にて有志オーケストラによるモーツァルト2台のピアノコンチェルトを演奏。

自主公演として、スロヴェニア放送交響楽団副首席ヴィオラ奏者、チェリストとともに、ドボルザークのピアノクインテットの室内楽コンサート、阿寒小学校にて、地域コンサートを8年間、自宅にてホームコンサートを16年間行う。

近年は、釧路湿原美術館に、グランドピアノを設置するためサポート倶楽部を立ち上げチャリティコンサートにより、ニューヨークスタインウェイの設置に成功し、札幌交響楽団の首席奏者たちを招き共演、絵をモチーフにした羊毛染色によるファッションショーを企画し、ピアノ演奏とコラボレーションした。
札幌交響楽団第一バイオリン副首席奏者飯村真理氏とのコンサートを行い、同氏のソロリサイタルも支援した。

2019年には、鶴居村音楽祭の実行委員長として、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団第一コンサートマスターの樫本大進とピアニストの小菅優を招聘した。

コンクール伴奏では、全道コンクール、全国コンクールへの出場をアシストし、地元の演奏家の伴奏依頼を受けている。また、音大生や若手演奏家のコンサートの協力もしている。

ライフワークとして、クラシックピアノに関わりの少ない方々に、楽しみ方を広げる活動を始め、流しのピアノ弾きとしてあちこちでミニコンサートやチャリティコンサート、Live配信による、お話つきのピアノ演奏が好評を得ている。

自宅にて、後進の指導を行うとともに、楽しむための大人のピアノレッスンや、働きながら年齢を重ねても演奏活動できる秘密のレッスン、クラシックピアノの楽しいお話教室セミナー、小学校低学年の学習サポートやお母さんのための教科書講座などさまざまなニーズに応える。
特別支援教育も精通し、特別支援コーディネーターも経験。

よくあるご質問 
Q & A


  • Q
    見学をすることは可能ですか?
    A
    ご相談の上、可能です。
  • Q
    体験レッスン時の服装はどうすればいいですか?
    A
    服装は自由です。
    爪をきちんと切っていただいています。
  • Q
    保護者の見学は可能ですか?
    A
    大丈夫です
  • Q
    体験レッスン時の服装はどうすればいいですか?
    A
    服装は自由です。
    爪をきちんと切っていただいています。

アクセス
ACCESS



お問い合わせフォーム

お問い合わせは、フォームにてお問い合わせいただくか、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。