近年、僧侶や寺族が社会活動に取り組み、地域の中で存在感を増しているお寺が増えています。コロナ禍で、人とのつながりが希薄化するなか、人はいま僧侶に何を望んでいるのでしょうか。社会活動に取り組む僧侶の現場の声から地域の人に求められていることを学び、地域社会に役立つお寺づくりを目指して、さまざまな可能性を探求します。

主催:公益財団法人 浄土宗ともいき財団 協力:大正大学地域構想研究所・BSR推進センター



第3回「 コ ロ ナ 禍 の 下 で 人 々 が 求 め る も の ― ともいき財団助成先団体に学ぶ ― 」

 新型コロナウイルス感染症の影響により、さまざまな活動が制限されるなか、寺院の社会貢献活動も中止や縮小に追い込まれています。現在、活動を継続している寺院はどのように対応しているのでしょうか。ともいき財団の助成先団体を迎え、コロナ禍でのこれまでの活動と現状についてお伝えします。


公開日時:3月25日(木)14:00~15:00頃※

場所:YouTube浄土宗ともいき財団公式チャンネル

主催:公益財団法人 浄土宗ともいき財団

協力:大正大学地域構想研究所・BSR推進センター


※2021年3月25日(木)14時よりプレミア公開いたします。 当日、プレミア公開中のみチャットもできます。ぜひ、リアルタイムでご感想やご意見のコメントをお寄せください。後日、アーカイブでもご覧いただけます。


プ ロ グ ラ ム
(時間は予定です)

オープニング
14時00分~
活動報告
14時03分頃~
「コロナ禍の下で人々が求めるもの―ともいき財団の助成先団体に学ぶー」
・講師
下村 達郎(介護者の心のやすらぎカフェ)、西山綾瀬(ごはんの会)※五十音順
・オブザーバー

戸松 義晴、小川 有閑
・進行
栗田 順一
閉会
15時00分頃


講 師 ・ オブザーバー

下 村 達 郎

香念寺住職
1982年生まれ。東京大学医学部健康科学看護学科卒業。2007年に香念寺住職に就任。2016年より、2ヶ月に一度、香念寺において『介護者の心のやすらぎカフェ』を開催し、介護の悩みや経験を語り合う場所を提供している。また、2020年5月からはビデオ通話アプリを活用したオンライン介護者カフェを毎月開催している。

西 山 綾 瀬

徳源寺寺庭婦人
毎月第三金曜日に『ごはんの日』を開催し、お寺で季節ごとの行事や食事会を開き地域住民が交流できる場を提供している。毎月第一金曜日には、ボランティアを集めてお弁当を作り一人暮らしや高齢者の家庭に配食している。

戸 松 義 晴

全日本仏教会理事長、日本宗教連盟理事長、
浄土宗総合研究所主任研究員
1953年東京都生まれ。慶應義塾大学、大正大学大学院卒業後、1989年よりハーバード大学神学校留学、神学修士取得。仏教者による生命倫理、死生観教育に携わる。現在、浄土宗心光院住職。浄土宗総合研究所主任研究員、全日本仏教会理事長、日本宗教連盟理事長、国際医療福祉大学特任教授。

小 川 有 閑

大正大学地域構想研究所・BSR推進センター主幹研究員
1977年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、広告会社勤務。東京大学大学院、博士課程満期退学。現在、大正大学地域構想研究所・BSR推進センター主幹研究員、浄土宗総合研究所研究スタッフ。自死・自殺に向きあう僧侶の会、一般社団法人The Egg Tree Houseなどで自死対策やグリーフケアに従事している。

戸 松 義 晴

全日本仏教会理事長、日本宗教連盟理事長、
浄土宗総合研究所主任研究員
1953年東京都生まれ。慶應義塾大学、大正大学大学院卒業後、1989年よりハーバード大学神学校留学、神学修士取得。仏教者による生命倫理、死生観教育に携わる。現在、浄土宗心光院住職。浄土宗総合研究所主任研究員、全日本仏教会理事長、日本宗教連盟理事長、国際医療福祉大学特任教授。

進行:栗田順一

浄土宗ともいき財団 専務理事
『地域寺院』(大正大学地域構想研究所発行)編集長
2021年3月25日(木)14時よりプレミア公開いたします。開始時間までに上記リンクボタンからアクセスし、当セミナー動画を選択(クリック)のうえ、ご入場ください。当日、プレミア公開中のみチャットもできます。
ぜひ、リアルタイムでご感想やご意見のコメントをお寄せください。
※本動画は生配信ではありません。後日、アーカイブでもご視聴いただけます。
※視聴に関するご質問は、下記当事務局までお問い合わせください。

お 問 い 合 わ せ

浄土宗ともいき財団 事務局
TEL 03-3436-3353
E-mail tomoiki-info@jodo.or.jp