このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
03-5765-2567
受付時間:平日9:00~17:30

TmaxSoft OpenFrame

レガシーのメインフレームからビジネスロジックの変更なく、
オープン環境に移行します(リホストソリューション)!

メインフレーム維持の保守費用を削減し、また、高い拡張性により、パフォーマンスも改善します。!

レガシーのメインフレームからのリホストソリューション
TmaxSoftのOpenFrameの特徴

コスト低減
オープンプラットフォームへ移行後、ライセンスコストが軽減し、TCO削減が可能。ベンダーの選択肢が広がり、サポートサービスをより安価に使用できます。
簡単かつ迅速に移行
既存のアプリケーションをシフトするので、エンドユーザー体験を損なうことなく移行が可能です。COBOL,PL/I、JCLで書かれたプログラム言語を書換えなしで実行。メインフレームのファイル形式、DBを構造変更なく移行します。移行にかかる時間は、多くの場合1年以内です。


パフォーマンス向上
リホストされたアプリケーションでは多くの場合パフォーマンスが改善し、スペースや電力、冷却要件が緩和されます。オープン環境への移行により、次世代テクノロジーの採用など柔軟性あシステム構築が可能になります。
高い信頼性と安定性
多くの基幹システムを支えるミドルウェアを採用。ビジネスロジック・お客様の資産を変更せず、コードの再作成に関連するリスクを軽減します。また、セキュリティの強化も可能になります。
高い信頼性と安定性
多くの基幹システムを支えるミドルウェアを採用。ビジネスロジック・お客様の資産を変更せず、コードの再作成に関連するリスクを軽減します。また、セキュリティの強化も可能になります。