M-gbb

CONCEPT

M-gbbは再生医療の現場から産まれた
ヒト幹細胞培養液の力を借りて
エイジングバックという
新しいエイジングケアを目指しています。

lineup

New
M-gbbヒト幹細胞培養美容液

MGBBの特徴

【ヒト幹細胞】
他社の幹細胞とは違い特許技術で抽出してるので他の幹細胞の25倍の活性力がある。
これにより発毛促進、美肌、シミ、シワ改善
さまざまなアンチエイジング効果がある。


【ナノ化コラーゲン】
一般的なコラーゲンは分子量30万の高分子で肌には浸透しずらい。
MGBBのコラーゲンは分子量を3000まで小さく抽出してるのとリポソームカプセルと言うものに包ませているので浸透力も高く、肌にしっかりと浸透する。

コラーゲンによりシミ、シワ、たるみに働きかける

【アルジルリン】
ボトックス注射に似た成分として開発された成分。
塗るボトックスといわれていて、15~30日使い続けると効果が現れてくる。
シワ、たるみを改善するアンチエイジング成分


【マトリキシル】
コラーゲンやエラスチンを作る細胞を活性化するアミノ酸成分。
シワ、たるみ改善、肌の弾力性アップ、肌色改善、毛穴の色素沈着改善。
New
miglioramento
トリートメントシリーズ

【ミリオラメントミスト】

・マレイン酸(ミルスターX)
高温やブリーチのキューティクルの剥がれを防止してキューティクルを保護するアニオン系ポリマー

・エルカラクトン
熱を加えると髪の毛に結合して、
うねり、絡みなどのくせ毛を落ち着かせる
保湿性もすぐれ、一度のシャンプーでは落ちない

・フェザーケラチン
phによって低分子にも高分子にも変化する疎水性の高い毛髪に馴染みの良いケラチン

・シルク
髪の毛に艶を与え、キューティクルを補修する

・13種類のアミノ酸
毛髪の内部補修




【ミリオラメントクリーム】

・スクワラン
髪の毛の滑りを良くする

・エルカラクトン
熱を加えると髪の毛に結合して、
うねり、絡みなどのくせ毛を落ち着かせる
保湿性もすぐれ、一度のシャンプーでは落ちない

・乳酸菌発酵ヒアルロン酸
髪の毛の保湿を高めてパサつき防止

・フェザーケラチン
phによって低分子にも高分子にも変化する疎水性の高い毛髪に馴染みの良いケラチン

・シルク
髪の毛に艶を与え、キューティクルを補修する

・植物性CMC、セラミド
キューティクルの剥がれ防止、保湿
艶、手触りをアップさせる


2つを併用することによって、
ポリイオンコンプレックスという作用が働きよりも髪への吸着力が増し補修力が上がる。


マレイン酸は耐熱性ポリマーでもあるので
成分自体は220℃まで耐えることができます。
もちろん髪の毛が220℃の熱でも傷まなくなる訳ではなく、多少耐熱性が上がるということですので

ダメージでキューティクルが損傷してる毛先のアイロンやコテの熱から守るが目的です。

さらに髪の毛のフィブリル補修効果もあり、ブリーチなどの芯までダメージを与える施術から髪を守り、激しいく傷んだ髪の毛の芯も補修します。




エルカラクトンは菜種から抽出した成分で
アイロンなどの熱を与えると髪の毛に結合するポリマーです。

持続があり、傷みも改善しますが
くせ毛を抑える効果もありつけ続けることでくせ毛が収まります。
New
miglioramento
トリートメントシリーズ

【ミリオラメントミスト】

・マレイン酸(ミルスターX)
高温やブリーチのキューティクルの剥がれを防止してキューティクルを保護するアニオン系ポリマー

・エルカラクトン
熱を加えると髪の毛に結合して、
うねり、絡みなどのくせ毛を落ち着かせる
保湿性もすぐれ、一度のシャンプーでは落ちない

・フェザーケラチン
phによって低分子にも高分子にも変化する疎水性の高い毛髪に馴染みの良いケラチン

・シルク
髪の毛に艶を与え、キューティクルを補修する

・13種類のアミノ酸
毛髪の内部補修




【ミリオラメントクリーム】

・スクワラン
髪の毛の滑りを良くする

・エルカラクトン
熱を加えると髪の毛に結合して、
うねり、絡みなどのくせ毛を落ち着かせる
保湿性もすぐれ、一度のシャンプーでは落ちない

・乳酸菌発酵ヒアルロン酸
髪の毛の保湿を高めてパサつき防止

・フェザーケラチン
phによって低分子にも高分子にも変化する疎水性の高い毛髪に馴染みの良いケラチン

・シルク
髪の毛に艶を与え、キューティクルを補修する

・植物性CMC、セラミド
キューティクルの剥がれ防止、保湿
艶、手触りをアップさせる


2つを併用することによって、
ポリイオンコンプレックスという作用が働きよりも髪への吸着力が増し補修力が上がる。


マレイン酸は耐熱性ポリマーでもあるので
成分自体は220℃まで耐えることができます。
もちろん髪の毛が220℃の熱でも傷まなくなる訳ではなく、多少耐熱性が上がるということですので

ダメージでキューティクルが損傷してる毛先のアイロンやコテの熱から守るが目的です。

さらに髪の毛のフィブリル補修効果もあり、ブリーチなどの芯までダメージを与える施術から髪を守り、激しいく傷んだ髪の毛の芯も補修します。




エルカラクトンは菜種から抽出した成分で
アイロンなどの熱を与えると髪の毛に結合するポリマーです。

持続があり、傷みも改善しますが
くせ毛を抑える効果もありつけ続けることでくせ毛が収まります。
M-gbbコンサルティング