なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成


歴史

 日本での車いすバスケットボールの歴史は、1960年頃、大分県の国立別府病院や神奈川県の国立箱根療養所などで車いすバスケットボールが紹介されたのが最初です。
 1961年に同博士の尽力で開催された第1回大分県身体障害者体育大会で車いすバスケットボールのデモンストレーションが行われました。

漫画の紹介


漫画「SLAM DUNK」の作者、井上雄彦による
車いすバスケを題材とした日本の漫画作品。

主人公は3人の青年。高校生の野宮は小学生からバスケにのめり込んでいたが、バイク事故を起こし、中退。その時、車いすの青年、戸川と出会う。彼は短距離走の実力ある選手であったが、骨肉腫により右脚を切断する。そして、車イスバスケを通して、目の前の困難と戦っていた。もう1人、高橋久信は野宮と同じ高校のバスケ部に所属していたが、交通事故により下半身不随となる。
彼は車イスバスケに熱中し、自尊心の高い自分を変えようとする。