なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

FXスタートガイド

FX初心者のためのFXの始め方
FXのメリットとデメリット

FXのメリット
FX取引には大きなメリットがある反面、デメリットやリスクもあります。この両方を知っておかないと非常に危険なものになってしまいます。しかし最初にメリットとデメリットを知っておくことでリスクを減らすことも可能です。

1,価格がどちらに動いても利益が出せる
FXは円安や円高に関係なく、通貨の価値が変動することで利益が出ます。

株式投資の場合は、株価が上がれば利益になるものの、逆に株価が下がれば損失になってしまいます。景気が落ち込んでいるときは株価も下落するので、損失もふくらんでしまいます。
FXでは、外貨の価格が上がる局面でも下がる局面のどっちでも利益を獲得できます。

その分チャンスも増えるということです。



2,レバレッジ取引が可能
FXにはレバレッジをかけることができます。国内業者だと最大25倍までしかレバレッジをかけられませんが、海外FX業者になると400~実に3000倍までレバレッジを調整することができます。
1000倍だと本来必要な資金の1000分の1の資金で取引ができるということです。

よくFXで億万長者になった話を耳にしますが、これは海外FXでハイレバレッジを用いた取引を行うからです。

ハイレバレッジは危険と思うかもしれませんが、しっかりとロスカットを設定してロットを調整して自分の身の丈にあった金額で投資することにより、危険性はなくなります。

おまけに海外FXはゼロカットシステムを採用しているので、借金を背負い込むことが絶対にありません。
最悪でも入金した金額までの負担となるので、追い証を請求されて借金となることはないのです。

これも海外FXの強みといってもいいでしょう。


3,24時間取引できる
FXは平日24時間取引できます。

株の売買は通常、9時から11時30分、12時30分から15時までとなっているので、昼間働いているサラリーマンの人はなかなかトレードすることができません。FX(外国為替)は海外で常に取引されているので、24時間FXトレードが可能なのです。

副業でFX投資も十分に可能です。

■海外FXがおすすめのわけ

FXには海外FXと国内FXの2種類が存在します。

圧倒的に海外FXがおすすめできるわけですが、海外FX初心者の方が頭を悩ませるのが「どの海外FX業者を使え一番いいのか?」「勝てるFX業者はどこか」ということです。

そこで、オススメすべき業者をオススメし、オススメできない業者は除外します。

ここで海外FXの基本的な知識を知り、ピッタリの海外FX業者を選ぶことができればいいと思います。

まずは海外FX初心者の方でもわかりやすいように、スキャルピングトレーダーかスイングトレードか、のタイプなどをもとにオススメの海外FX業者を案内していきましょう。

海外FXとは?そのメリットについて
FXの正式な名称は「外国為替証拠金取引」といいます。
海外FXは海外に籍を置くFX業者でFX取引をすることをさします。

他国の通貨を売買して利益を出すという仕組み自体は国内FXと同じです。

取引の仕組みは同じですが、海外FX業者と国内FX業者は提供サービスが異なっているのです。
見た目が似ていても全くの別物だから注意ですね。

まず海外FXは国内FXよりも魅力的でメリットの多いサービスです。

本気で稼ぎたい“というトレーダーには海外FX1択でしょう。

※海外FX業者の利用は違法ではありません

海外FX初心者の方が心配するのが「海外FX業者の利用は法律に触れるのでは」と考えます。

結論から言うと、日本人トレーダーが海外FX業者を利用するのは違法ではないです。


海外FXはハイレバレッジが使えるのがおおきいです。

海外FXでは平均でも500倍程度のレバレッジをかけて取引が可能です。
XMが888倍、ゲムフォレックスが1000倍、FBSが3000倍というすごさです。

ハイレバレッジトレードは、トレーダーの資金効率をよくしてくれるわけです。


海外FX業者がハイレバレッジを設定できるのは、日本の金融庁に無登録というのが理由です。
日本の金融庁登録で管轄となると、最大25倍のレバレッジ運営が必須となります。

海外FX業者があえて登録していないのはそれがプラスに働くからでむしろ投資家にとってはぷらすということです。


ただ海外FX業者は”完全無登録業者”ではなく、海外金融庁のライセンス認可を受けて運営していますのほんではないものの”登録業者”であることはかわりなく健全で安定した運営を行っています。

海外FX業者にはゼロカットシステムがあります

ゼロカットシステムはマイナスになってしまった口座残高をゼロ(0)にしてくれるサービスです

海外FXでは追証請求で借金まみれになることなく、リスクが投資金までになります。

FXトレードをやっていると口座残高がマイナスになってしまうことがあります。これはプロトレーダーであってもしばしば起こってしまいます。

スイスフランショックやリーマンショックなどがそれです。
多くの退場者が発生しました。

ゼロカットがない国内FXではマイナスになった残高は追証請求となるので、にげることができません。

しかし海外FXならゼロカットシステムのおかげで、追証を背負うことがないのです。

精神的安定と余裕をもってトレードできるのがつよみのひとつです。

■海外FXのボーナスがすごい

海外FX業者はボーナスがすごいです。

入金ボーナス
未入金ボーナス(口座開設ボーナス)


入金ボーナス
入金ボーナスは取引資金が%に応じて増える

入金額に応じて証拠金として使えるボーナスが受け取れるのです。
100%入金ボーナスをみてみましょう。

10万円入金すると、入金ボーナスとして10万円が証拠金に付与とあるのでs
実質20万円の証拠金で取引ができます。

証拠金が2倍=、実質的に2倍レバレッジとなります。
(最大レバ400倍の業者なら実質800倍のレバレッジで取引できるのと変わらない)

入金ボーナスをうまく使えば、よりダイナミックかつアクティブなトレードができるようになる。

未入金ボーナス(口座開設ボーナス)
新規口座開設ボーナス、ウェルカムボーナスともいわれています。入金なしでトレードできるのです。

このボーナスでデモ口座とリアル口座の約定力に大きな差を実際に体感すればどんなものかが分かるというものです。

未入金ボーナス自体の出金は不可だが、ボーナスを利用して得た利益は出金することができます。
うまくいけば1円もかけずに、利益を生み出すことが可能だということです。


■取引の透明性が高いNDD方式を採用している
海外FX業者はトレードの透明性が高いNDD方式を採用しています

FX会社はDD方式かNDD方式のどちらかの取引方式を採用しており、

NDD方式は海外FX業者、DD方式は国内FX業者といえば分かりやすいでしょう


NDD方式→トレーダーとインターバンクの間にFX会社(ディーラー)が介入なし
DD方式→トレーダーとインターバンクの間にFX会社(ディーラー)が介入あり
NDD方式ではトレーダーがインターバンクに出した注文に、FX会社は介入することがないです
単純にスプレッドに乗せているマークアップを徴収のみが仕事です

つまりトレーダーが取引すればするほどFX会社も儲かります。
両方にとって勝つことが共通の目標となります。そう反しないからです。


一方DD方式ではトレーダーの注文をすべてFX会社が一旦決済してしまうので、仮にノミ行為を行ったとしてもトレーダー側からはそれを確認することができないのです。