カートを見る

Mythical tour project

眞名井鍼灸研究所  Tel. 097-513-4189

こうふくの御朱印帳

こうふくの御朱印帳

2017年4月完成(限定1,100冊)

西陣織で表紙を仕立てられた御朱印帳は、2016年に発生した熊本・大分地震の復興支援の一助となることを願い製作いたしました。

地震で崩落した「阿蘇大橋(赤い橋)」は、熊本・大分・高千穂をつなぐ大切な橋でした。

表に織られた桜は、その橋のそば、南阿蘇村の一心行公園に立つ、樹齢400年を超える大桜です。

その右上の「さほ姫の 花のとなり宿も哉 桜の宮の主しましませ」という歌は、江戸時代に、天災や飢饉などに苦しむ人々のために仏像を彫り続け、他者救済に生涯を捧げた「円空」というお坊さんが、「瀬織津姫」という大祓の祝詞に書かれている、あらゆる罪穢れを流す「川の女神様」のことを詠んだものです。

裏には、それぞれの地域のゆるキャラ、大分「めじろん」熊本「くまモン」高千穂「うずめちゃん」をあしらっております。


1冊ご購入いただく毎に、500円を「益城町の神社を救う会」へ神社再建の為の寄付をさせていただいております。

【ご報告】

・平成29年5月 「益城町の神社を救う会」事務局、津森神宮へ28,000円寄付

・平成29年10月5日「南阿蘇村災害義援金」として南阿蘇村役場へ74,000円寄付

・平成29年10月5日「益城町の神社を救う会」へ46,000円寄付

・平成30年6月29日「益城町の神社を救う会」へ18,000円寄付

・平成31年4月16日「益城町の神社を救う会」へ10,000円寄付

・令和1年7月30日「益城町の神社を救う会」へ15,000円寄付

皆様のあたたかいお気持ちに感謝申し上げます。

「災い転じて福と為す」事を願って

「災」の1年だった2018年から…

2018年は、想定外の自然災害が多発した「災」の一年でした。

被災した多くの地域の復興を願う「興復」、皆様の健康を願う「康復」、そして「幸福」。

この三つの意味を込めて、

「こうふくの御朱印帳」と名前をつけました。

【販売価格 1,620 円(消費税8%を含む)】

※別途送料として180円を頂戴しております。

※代金引換サービスをご利用の場合は、送料250円と代金引換手数料260円、合計510円を頂戴します。


※入金が確認されてからの発送となりますのでご注意下さい。



インターネットで販売を行っておりますが、

店頭でご購入いただく場合は、

・宮崎県・高千穂町の天岩戸神社前の売店「丸菊」さん

にてご購入いただけます。

熊本・大分地震復興支援
オリジナル御朱印帳販売中!(数量限定)

2016年発生の熊本・大分地震から…

はじめまして。

ページを御覧いただき、誠にありがとうございます。

私は大分市内で鍼灸院を営んでおります、河内輝美と申します。

私の生まれ育った所は、熊本・大分との県境に位置する、宮崎県の高千穂町という山深い所です。

平成28年4月に発生した、熊本・大分地震では、いつまで続くのかわからない余震に対する不安や、家族と連絡のとれない恐怖を感じました。

また、ちいさな頃から慣れ親しんでいた「赤い橋(阿蘇大橋)」の崩落という、信じられないニュースに驚愕しました。

あったはずの場所が無くなった事には大きな衝撃を受けました。

5月にはじめて被災地と呼ばれる場所、そして避難所に足を踏み入れた時の事は忘れないと思います。

また、被災地とそうではない地域の温度差の大きさを感じた事も忘れません。

6月の事でした。
高千穂へ帰省した際に、はじめて地元でも被害が出ている事を知りました。

特に観光業への影響は多大なものでした。

高千穂は少子高齢化を絵に描いたような地域です。

主要な産業は、先人の手によってグランドデザインされた「神々の里」という自然と神話を融合させた環境を資源とした観光業のみ。

「日本の原風景の消失とアイディンティティの崩壊。」

大袈裟に思われるかもしれませんが、そのような恐怖感が胸の内を走りました。

そして7月。
再度熊本入りした際に、被害の大きかった益城町を見て回った時の事です。

崩れたままの建物が多く、まるで時間が止まっているかのようでした。

報道等への露出は減り、他の被災地と同じく風化していく可能性がある事は、容易に想像することができました。

人間とは、自分が関心を持ったことでも、それが目や耳に触れる機会が少なくなると、徐々に興味関心が薄れていくものです。

しかし「熊本・大分地震」を簡単に風化させるわけにはいきません。

そのためには、熊本・大分、そして高千穂への人の流れを作ることが必要と考えました。

地震によって大きく変わってしまった九州周遊の流れ。

現在遺されているもので、何かできないだろうか?

被災地の自立に繋がり、かつ継続的に続けられる支援はないだろうか?

あからさまな支援ではなく、自分のためにその場所に行っていたのに、実はそれが支援に繋がっていたというシステムは何かないだろうか?

そのように考え続けた結果、

「オリジナルの御朱印帳を持って、九州に鎮座する沢山の神社をめぐっていただこう!」

そんな答えが出ました。

そして、この御朱印帳の製作費の一部は、クラウドファンディングで集めました。

多くの皆様のご協力のおかげで、製作する事が出来ました。

暗いニュースは多いけれど、まだまだ日本人は大丈夫だと希望も持てました。

テクノロジーが発達した現代においては、

「人間が全てをコントロールできるのではないか」

と勘違いしてしまいそうになります。

ある意味、自然災害とは、人間は自然の一部であるということの再認識と、自然への畏敬の念を取り戻すきっかけとなるのかもしれません。

どうぞ、オリジナルの御朱印帳を手に、九州へお越し下さい。

そして、九州の表情豊かでダイナミックな自然を感じながら、神社めぐりを楽しんでいただけましたら幸いです。

お申込み


 【お振込先】
●みずほ銀行
支店名:上野支店口座
種類:普通 
口座番号: 2313921口座
名義:カワチ テルミ

●ゆうちょ銀行
記号   17220
番号   16127101
口座名義 カワチ テルミ


テキスト
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信