実際にセッションを受けた方の声

体験セッションにお越しいただいた方の感想、アンケートの一部です。

じっくりとセッションをしてくださり、迷っていたこと、困っていたこと、ぼんやりと疑問に感じていたことを現時点ではほぼ全て相談でき、とても有意義でした。

Kさん

自分の気持ち次第でいくらでも変えられるというけど、今の自分の力だけでは変えられないなと思っていたので森さんにお力を貸していただけてよかったです!

Nさん

後でまとめたものをメールくださり、しっかりまとまっていて、頑張れる気になれました。こういたセッションは初めてででドキドキしていましたが、勇気を出して受けてよかったです。

Uさん

話せてすっきりして、どうしたらいいかも知ることができてよかった。

Yさん

話せてすっきりして、どうしたらいいかも知ることができてよかった。

Yさん

こんなことでお悩みではありませんか?

男性は話を聞くのが苦手だから、聞いてないのは仕方ない…

「話を聞かない男、地図が読めない女」という本がありましたが、今では根拠がないと否定されています。

周りを見ても、男性がみんな話を聞けないわけではないですよね?

言いたいことを伝えるために大切なのは、実は話すタイミングなんです!

わかってもらうためには、同じことを何回も言わないといけない…

絶対忘れないでほしかったり、どうしてもわかってほしいことを、何度も何度も繰り返し話して、

「うるさいな、わかってるよ!」とキレられたりしませんか?

しつこく言うだけではかえって関係がこじれてしまいます。伝え方って大事です。

夫婦の会話なんて、一緒にいる時間が長ければ減っていくもの…

ずっと一緒にいるんだから、話をしなくたって、なんとなく伝わるでしょ…というのは幻想です。

相手が何を考えているか、こちらが何を考えているかは、思った以上にわかっていないものです。

だからこそ、きちんとコミュニケーションをとることが重要なのです。

と、思っていませんか?
でも、実は、、、

あなたの「言葉」によって、
あなたの「気持ち」は相手にどのくらい届いていると思いますか?

「夫婦なんだから、いちいち言わなくてもわかるでしょ!」の言葉の裏側には、お互いに「わかってほしい、察してほしい」という気持ちがあると思います。

さて、実際にあなたがご主人に伝えた「言葉」によって、あなたの「気持ち」は相手にどのくらい届いていると思いますか?

お互いの気持ちは、きちんと伝えた方がいい。
会話が広がれば広がるほど、関係は自然によくなっていきます。

ここでいつもの会話を少し振り返ってみませんか?

例えば、あなたが明日、お子さんを置いて出かける用事があるとします。

ご主人には、なんて声をかけますか?
「明日は○○だからね!」で、終わらせてませんか?

それで帰ってきて、家の中が散らかっていたり、子どもにちゃんとしたご飯を食べさせてないことに、イライラしたりすることはないですか?

「出かけるって言ってるんだから、それくらいのことちゃんとやっておいてよ!」と、ついつい思ってしまいますけど、こんな風に言い方を変えてみたら、どうでしょうか?

「明日は○○で●時に帰ってくる予定。その間、子どもたちと○○して、ご飯は○○で食べさせてほしいんだけど、お願いできる?」

こんな、ちょっとした工夫なんです。

気づいたら、誰でも簡単にできることです。

「どうしてわかってくれないの!?」とイライラしたり、「どうせわかってもらえない…」、とあきらめる前に、まずは、声掛けの方法を変えることを、試してみてほしいのです。

「こんな言い方、よくない」ってわかっているけど、いざ顔を合わせるととうまくいかない…。

「こんな言い方、よくない」ってわかっているけど、いざ顔を合わせるととうまくいかない…。

ということもあると思います。

これまで、夫婦が作り上げてきた関係や、長年の習慣を変えるのは、とても大変なことです。それに、新しいことをするのは勇気がいります。

情報サイトや、本で方法が理解できても、実践につながらないのは、仕方のないことです。あなたのせいではありません。

でももしあなたに、夫婦関係を変えたい気持ちがあるなら、一人では難しい「実践」の部分を、私がお手伝いいたします。

「え、当然やってくれるでしょ…?ありえない…」でもそれって、相手に期待しすぎていませんか?

まずは小さなきっかけや、ささいなやりとりから、「ちょっと」変えることが大事です。

ちょっとできた、ちょっとうまくいった、が増えると、だんだん自信がついていきます。

関係が冷え切っていて、一つも会話がない状態なら、まずは「おはよう」のあいさつからで構いません。

小さな積み重ねが、だんだん増えていくたびに、夫婦が一緒にいる空気は穏やかになり、おうちの中が、明るくなっていくのです。

これまでご相談を受けてきた方にはこんなエピソードがあります。

「いつまで頑張ればいいですか…?」

うつ病の診断がついたご主人のことで、ご相談がありました。

仕事は休職、1日中寝てばかりで、何もしない夫。

家事・育児はすべて妻である相談者の方がしている状態でした。

「夫は病気なのだから、妻である自分が支えないといけない。ずっと我慢しないといけない。」そう思っていたそうです。

それでも、我慢の限界で、泣きながらの相談でした。

その相談の中で私は、もう十分すぎるほど頑張っていることと、「すべて受け入れる、献身的な妻である必要はない」、とはっきり伝えました。

その方は「そうですよね…いいですよね…」と泣きながらもちょっと安心したように、提案を受け入れてくれました。

自分の気持ちを押し殺して生活するのはとても苦しいです。もちろん、ただ不満をぶつけてもうまくはいきません。言うべきこと、伝えるべきことを言うために、どんな言い方がいいのか、工夫するのです。

「たまたま見た夫のLINEに、女性とのやりとりを見つけてしまった!」

もともと、ストレスがかかるとすぐイライラして怒鳴ったり、物にあたることが多いご主人。

なるべく関わらないように距離を置いてやり過ごしていたそうなのですが、そんなLINEを見つけてしまい、びっくりしたそうです。

この方はご相談を継続されていて、ご主人やほかのご家族との接し方について、ちょっとコツをつかんだようなタイミングでの出来事でした。

これまで、言い返したことなど1回もなかったとのことでしたが、私からの今までの助言を踏まえて、その件について「子どもに見られたら困るから消して」と伝え、ご自分の「びっくりした、悲しかった」という気持ちもお伝えしたそうです。

当初は逆ギレを心配していたそうなのですが、ご主人は何も言わず、素直に応じたので、その反応にかえってびっくりしたそうです。

「顔を見るのも嫌だったのに、穏やかに話せるようになった」

これはアルコール依存症のお子さんを持つ、70歳を過ぎた高齢のお母さんの言葉です。

何度もお酒をやめて働くように本人を説得したり、怒ったり、約束したりしてみたけれど、全然うまくいかず、ご本人の身体は悪くなる一方でした。

その時は、ご本人に治療を促すのはとても難しそうだったので、まずはあいさつしたり、小さなことをほめたりするなど、ご本人との関係改善を目指してもらいました。

「いざやってみるのは難しいわー」と言いつつ、頑張って取り組んでいただいたところ、ご本人はお酒を飲む量が減り、自ら相談できるまで変わりました。
これは私自身のことです。

これは私自身のことです。

産後に仕事復帰した3年前、自分が働きたいと言い出したのだから、と、家事・育児・仕事を全力で取り組んでいました。

最初の夫婦の家事分担は、ほぼ100対0で私でした。

毎日、身体が休まることなく、40分の通勤電車の間、音楽を聴いている時だけが何も考えず一人になれる時間でした。

「どうして私ばっかり、こんなに頑張らなくちゃいけないんだろう…」と被害的な気持ちが募り、イライラは助けてくれない夫への怒りに変わりました。

かといって、「手伝ってほしい」といえば、「じゃあ仕事なんてしなければいい」と言われてしまうのが怖かったし、何より負けず嫌いの私は、敗北感を味わいたくなかったのです(笑)

当時の私は、終始むすっとしていて、夫の飲み会の話に「父親は気軽に飲みに行けていいよね」と、とげのある言い方で返したり、家事を手伝ってくれた時でも「普段何もしてないんだからそれくらいしていいでしょ」と、ありがとうすら言いませんでした。

夫とはまともな会話をせず、子どもとばかり向き合ってました。

そんな夫婦仲がどうなったか…想像つきますよね?

自分は専門家として、家族間のコミュニケーションが大事ですよ、と言いながら、自分は実践できていなかったのです。

ある日、それに気が付き、私は夫への接し方を見直しました。

と同時に、自分の生活を見直し、手を抜くことを意識的にするようにしました。

今結婚して10年目になりますが、夫婦仲は一番いい状態だと思います。

こんな疑問をお持ちではないですか?

「うまくいかないのは私のせい」と言われるようで怖い…

夫婦関係は二人で作るもの。あなたが悪いのではありません。

うまく話せるか心配…

これまでのクライアント様から、「すごく話しやすかった」「優しい笑顔でもっと話したくなった」と言っていただけています。

家族や友人のアドバイスでも十分では?

たしかに、気持ちを分かってくれる、身近な人の存在は大切です。ですが、身近な人だからこそ、傷つけたくなくて正直な話ができなかったり、アドバイスする側も気持ちが入りすぎて、強引な結論を出してしまったりすることはないですか?

私は第3者の専門家として、知識と経験をもとに、アドバイスさせていただきます。

夫婦・離婚カウンセラーさんに相談した方がいいのでは?

私が普段感じている、夫婦・離婚カウンセラーさんとの一番の違いは、私の実績にあります。メンタルヘルスに関する相談に長く携わってきておりますので、メンタル面でのサポートを得意としています。

ご相談の背景をよく伺うと、うつっぽかったり、パーソナリティの問題があったり依存傾向があるような事例も多く見受けられます。そういった対応方法も把握しておりますので、幅広くアドバイスすることができるのです。

もう少し様子を見たら、時間が解決してくれるかな…

こじれたままの関係を放っておいても、関係修復は難しいです。むしろ、お互いに相手への不信感が募る一方になるのではないでしょうか。

現状を変えたいというお気持ちがあるのであれば、できることから取り組めるよう、きちんとサポートいたしますので、ほんの少し勇気を出してもらえたら、と思います。

体験セッションの内容

  • 1回90分×2回、ZOOMを使ったオンラインセッション(都内であれば対面も可)

  • セッション前に、メールにてヒアリングシートをお送りいたします。
    前日までにお困りの状況を書いて、ご返信ください。それを基にお話し進めてまいります。初回のセッションでは、実際に困った場面の会話のやり取りを取り上げて、どの時点でどんな風に修正したらよいか、アドバイスいたします。

  • 1週間後に、実践できたかどうか、やってみてどうだったか、振り返りのセッションを行います。ご希望に応じて、以降の継続セッションのご案内もいたします。

  • 1回90分×2回、ZOOMを使ったオンラインセッション(都内であれば対面も可)

あなたのおうちを明るくする、3つのステップとは?


 Step1:夫のココロのドアを開ける、鍵さがし

~あなたのご主人が、どんな人なのかをチェック~

  • ご主人の年齢・職業・見た目の特徴・性格・相手の好きなところ、嫌いなところ
  • 出会いや、結婚したきっかけは?
  • あなた自身のことも伺います

→  どんな声掛けが、あなたのご主人の心に響くのか?

プライドが高い人
数字や論理的な会話がいい人
頼りにされたい人
せっかちな人…

などなど、相手の個性によって、伝え方を変える必要があるのです。

→  どんな人なのかチェックすることで、相手の心に合った「鍵」を探します。


 Step2:夫婦の会話の温度を計る

~普段の会話(よい時・悪い時)のやりとりをピックアップ~

  • よくある困ったシチュエーションは何か?
  • 反対に、いい時間が過ごせたり、楽しく過ごせたときは?

→  どんな日、どんな時間帯、きっかけ、その時の様子・気持ちを洗い出して分析します。


 Step3:あなたの普段の言葉に温かな火を灯し、おうちを明るくする

つまづいているポイントを修正し、どんな言葉に言い換えたらいいか一緒に考えます。

→  Step2で伺ったシチュエーションを、どんな風に変えていけば、トラブルを避けることができて、よいコミュニケーションになるかを一緒に考えていきます。


 Step1:夫のココロのドアを開ける、鍵さがし

~あなたのご主人が、どんな人なのかをチェック~

  • ご主人の年齢・職業・見た目の特徴・性格・相手の好きなところ、嫌いなところ
  • 出会いや、結婚したきっかけは?
  • あなた自身のことも伺います

→  どんな声掛けが、あなたのご主人の心に響くのか?

プライドが高い人
数字や論理的な会話がいい人
頼りにされたい人
せっかちな人…

などなど、相手の個性によって、伝え方を変える必要があるのです。

→  どんな人なのかチェックすることで、相手の心に合った「鍵」を探します。

私は政令市の相談機関で、依存症や不登校・引きこもりなど、メンタルヘルスに関するご相談を約12年間お受けしていました。

そのような問題の解決のためには、家族のコミュニケーションを改善することがとても大切です。

心を閉ざしているご本人に対して、どのように声を掛けたら、良い方向へ向かうのか?について、数多くのご家族と話し合ってきました。

専門家として学んできた知識と、これまでの経験から得たものを、あなたにもご提供したいと思っています。

体験セッション
であなたが得られるメリットをまとめます。

こんな効果が期待できます!

  • けんかや衝突を避けることができ、おだやかな毎日を送ることができる。

  • 相手に届く「伝え方」で、同じことを何度も繰り返して、お互いイライラしなくて済む。

  • 話の切り出し方を覚えると、無視されずに、きちんと受け止めてもらえるようになる。

  • こちらの気持ちを正直に言葉にできると、分かり合える部分が増え、絆が深まる。

  • 自分も相手も大切にすることができる、理想的な夫婦関係に近づける。

  • 会話を続けるコツがわかるので、話すのが毎日楽しくなる。

  • けんかや衝突を避けることができ、おだやかな毎日を送ることができる。

参加者限定の特典
特典1
お互いの関係の現状をチェック、
分析できる事前ヒアリングシート
特典2
セミナー動画「もっと会話が楽になる!コミュニケーションの3つのポイント」
特典3
セッション終了後に、当日のアドバイスをまとめたレポート
価格
通常30,000円
     初回特別価格5,000円(先着5名様限定)
*ご入金はお申込み後、3営業日以内に銀行振り込み、もしくはPayPalにてクレジットカード払いでお願いいたします。以下申し込みフォームの備考欄にご希望のお支払い方法をご記入くださいませ。お申込み後、詳細をご案内いたします。

*ご予約キャンセルは3日前までにお願いいたします。それ以降のキャンセルはご返金いたしかねますのでご了承ください。なお、日程変更につきましては柔軟に対応いたしますので、お早めにご連絡いただければ幸いです。

お申込みはこちらからから!

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
今すぐ申し込む

あなたへのメッセージ

私は大学卒業後から12年ほど、市民の精神保健に関する相談をお受けしてました。

行政に相談するという、敷居の高さもあるのかもしれませんが、何年も前からずっと困り続けていたのに、相談につながらず、病気が悪化してしまう人、家族が離れていってしまう人をたくさん見てきました。

「もっと早く、SOSが出せたらよかったのにな」
「もっと早く、楽になれたらよかったのにな」

と思うことがたくさんありました。

そんな経験から、「妻」という立場は犠牲になりやすい、と私は考えています。

不幸に耐える妻、という役割から、「妻」という立場にいることが、明るく楽しいものに変えられるようなお手伝いを、私はしていきたいと思っています。

あなたのお力になれたら幸いです。