Third Place

【孤育てではなく子育てができる社会へ】

きっと何歳になっても
人は育つ事ができる

もしくは、気づかないうちに育てられていると思うんです。

子どもたちは、保育園や学校で
大人たちは、社会という学校のなかで

家族という存在さえも
私たちを育ててくれている

THIRDPLACEという家族の中で
一緒に育ちませんか。
Third Placeは、定期的にイベントを開催しています。

家族という言葉を聞くと、
誰しもが自分の家族を思い浮かべるのではないでしょうか。
きっと様々な家族の定義があると思います。

私たちThird Placeにとって家族の定義は
何かの繋がりがある関係でなく、
ただこの【Third Placeで出会った方たち】です。
私たちが大切にするものは”心の繋がり”です。

様々なバックグラウンドを持つ人が集まるからこそ
ここでは何かの化学変化が起こります。

新しい家族に出会いませんか?
一緒に笑って、一緒に泣いて、一緒に怒って、
また一緒に笑いましょう🌱

イベントの詳細はInformationをご覧ください。

information

2020/08/22

<new event!> 働くママ・パパのリアルー子育てをしながら自分のスタイルを確率するには?!ー

2019/12/14 世界2周した伊藤けんとさんと考える、これからの未来とは?
2019/10/26

実業家に聞く、これからの幼児教育とは?

2019/10/26

実業家に聞く、これからの幼児教育とは?

2019/10/26

実業家に聞く、これからの幼児教育とは?

<new event!>
働くママ・パパのリアル

子育てをしながら自分のキャリアを確率するには?!

不透明な時代だからこそ自分でライフスタイルを選択しませんか?


不透明な時代を生き抜く子どもたちにとって家族の存在は大切です。しかし、家族をもち、子どもを育てる女性にとってもキャリアを自由に構築できる時代になってきています。1990年以降女性労働に関する様ざな法律が制定され、女性が働きやすい社会になってきています。また、2017年には女性管理職が社会全体で約12%と少しずつ女性が社会で活躍し始めています。

「ワンオペ育児」という言葉、耳にした事はありますか?2015年以降SNSを中心に”ほぼ1人で子育てをする母親たち”の間で広がり始めた言葉です。


THIRDPLACEでは、ワンオペ育児のような”孤育て”ではなく、社会全体で子育てをしていきたいと考えています。
今回のイベントでは、「子育てをしながら自分のスタイルを確率する事」をテーマに教育の重要性とキャリアを自由に選ぶ事について参加者の方と一緒にトークセッションをしていきたいと思います。

<目次>

  1. THIRDPLACEとは
  2. 教育の重要性と日本の子育て家庭の現状
    THIRDPLACEのスタッフである私は、5歳の頃保育士になりたいと思い進み続けて大学1年生でニュージランドに短期留学をし、大学2年生でベトナムへ自分探しの研修へ、そして大学3年生では日本各地の幼児教育施設を視察を行う。そんな私が感じる幼児教育の可能性や日本の子育て家庭の現状の分析を行っていきます。
  3. 女性としてキャリアを自由に選ぶこと
    「輝け、迷える20代」をテーマにAtlasで発信を続ける佐知香さん。彼女が考える女性としてキャリアを選択すること
  4. 社会全体で子どもを育てるには?

イベントに参加する!

THIRD PLACE BLOG

THIRD PLACEのブログです。
イベントのこと、日々感じたことを綴っています。

staff

永金 佐知香

1994年 広島県尾道市生まれ。
大学4年次にニューヨークに留学後、帰国してアパレルメーカーを経てフリーランスに転身。「輝け、迷える20代」をテーマにした情報発信メディアAtlas立ち上げ。その他イベントプロデュースや日本酒事業、地方活性化事業に取り組む。

宮地 真央

1998年愛知県名古屋市生まれ。現在大学3年生。5歳の頃からの保育士になることが夢。幼い頃から人が好き。今も愛知県に在住で、保育学生の活躍の場を広げることに取り組む。半径5mの幸せを本気で考えている。

フロア

アットホームな空間

一人での参加も、
お子さんを連れての参加も大歓迎です🌞
イベントの際、託児サービスがある場合もございます。

イベントスタッフ募集中!

私たちTHIADPLACEは随時スタッフを募集しております🌼
ご興味がある方はぜひお問い合わせください!
【THLRDPLACE】が
誰かにとっての
心の居場所でありますように。
いつだって、誰だって、
帰れる場所になれますように。