なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ご近所さんと一緒に
まちの畑を耕そう

照葉 LOCAL FOOD CYCLING

照葉コミュニティガーデンの近隣にお住まい・通勤の方限定!
照葉LFCのメンバーになって、まちの畑を一緒に耕しませんか?

アイランドシティコミュニティガーデンは、
地域のみなさんで作る場。
ここでは、地域の生ごみや、落ち葉・雑草などを堆肥にし、
その栄養分で野菜を育てています。

LOCAL FOOD CYCLING (LFC)は、コミュニティでコンポストに取り組みながら、
生ごみの栄養を循環させ、野菜に変えるしくみです。
コミュニティガーデンで畑を耕し、野菜を収穫し、その野菜を食べたあとは家庭のコンポストへ。
できた堆肥はそれぞれの家庭から、コミュニティガーデンへと還します。
そんな、豊かな「循環生活」を
ご近所さんと一緒に楽しむことができます。

コンポストや野菜づくりはちょっとハードルが高い・・・という方は、
野菜の定期購入という方法もあります。
「生ごみが野菜に変わる、たのしい循環生活」を 一緒につくりましょう!

① 照葉LFCファーム会員

LFCコンポストを使って家庭で生ごみ堆肥づくりにチャレンジ。
初心者でも簡単に始めることができ、LINE相談などのサポートが充実しています。
(LFCコンポストショッピングサイトはこちら

できた堆肥はコミュニティガーデンで使います。
毎月のファーム体験デーでは、メンバーが集まり楽しく畑の手入れをします。

【会費】6,000円/6か月 ※LFCコンポスト費用が別途かかります。

【条件】LFCコンポストをご利用予定・ご利用中の方。
    コミュニティガーデン近隣にお住まいの方。

【内容】
 ・毎月第2火曜・第2土曜に開催される「ファーム体験デー」に参加できます。
  (1世帯2名まで、1名追加につき+200円。3歳未満は無料)
 ・コンポストを使うことで家庭のごみが減ります。
 ・できた堆肥はコミュニティガーデンで野菜づくりに活用します。

2021年度ファーム体験デー予定

<原則第2火曜・第2土曜開催。毎月いずれかの日にご参加可能です>

12月:12月11日(土)、12月14日(火) 冬野菜の収穫と手入れ、堆肥づくり       
1月 :1月8日(土)、1月11日(火) 冬野菜の収穫、堆肥づくり             
2月 :2月8日(火)、2月12日(土) ニンジン種まき、じゃがいも植付、堆肥づくり    
3月 :3月8日(火)、3月12日(土) ニンジン間引き、ソープワート種まき、堆肥づくり  

② 照葉LFCお野菜会員

コミュニティガーデンや堆肥で育った野菜に関心はあるけど、
コンポストや野菜づくりはハードルが高い、活動日になかなか参加できない、という方向け。東区内で育った季節のお野菜を毎月お届けします。(写真はイメージ)

【会費】9,000円/6か月

【条件】コミュニティガーデンから半径1Km圏内にお住まいの方はどなたでも
    ※対象範囲についての詳細はお尋ねください。
【内容】
 ・月に1回季節のお野菜をお届けします。(量や内容は時期によって異なります)
 ※月2回(第4火曜・第4土曜)の宅配日を事前にご指定いただきます。
  ご在宅または置き配の指示をお願いします。

照葉LFCへのお申込み・お問合せ

お申し込みやご不明点は、以下のフォームよりご連絡ください。
(会員期間は12月1日からスタート)
フォームの受信から3営業日以内にご返信いたします。
NPO法人循環生活研究所
営業日:平日9:00~17:00
アイランドシティコミュニティガーデン
●家庭で余った生ごみ堆肥を、コミュニティガーデンで随時回収しています。どなたでもご利用可能。
●どなたでも参加できる畑イベントも不定期で開催しています。
●毎週火曜・土曜(AM)に畑のデイリー作業や堆肥づくりを一緒に行う仲間も募集しています。詳しくはお問合せください。
【ご利用時間】7:00~日没まで
生ごみをすてない暮らし
はじめよう!
みなさんのファーム体験を
私たちがサポートします
畑での出会いを
ぜひ楽しんでください!
堆肥で育った野菜の味は抜群
化学肥料を使わず育てます
できた堆肥は
バッグのまま持ち運べます 
博多湾のアオサも大事な資源
集めて堆肥にします
体験へのご参加は
大人だけでも、子連れでもOK
野菜づくりは土づくり
みなさんが作る堆肥は宝物です
畑での出会いを
ぜひ楽しんでください!

LFCコンポスト

コンポストとは「堆肥」や「堆肥をつくる容器」のこと。身近な有機物を、微生物の働きを活用して発酵・分解させる、昔から伝承されてきた日本の大切な知恵のひとつです。

「LFCコンポスト」は、都会で初めてコンポストに取り組む方でも取り組みやすいのが特徴。1日約300gの生ごみを1.5ヶ月~2か月間投入することができ、その後2~3週間で栄養価の高い堆肥ができあがります。また、コンポストを続けるためのお悩みや不安は、LINEでコンポストのプロが丁寧にサポートします。

CSAのしくみで生産者を支え
みなさんへお野菜をお届けします。

CSAとは、地域支援型農業=Community Supported Agricultureのこと。 このしくみを、食卓と土の改善をつなげたあたらしい共助型でつくります。 「循環型CSA」は消費者が生産者に前払いをして、定期的に野菜を受け取るサービス。自分の生ごみでつくったコンポストで安全な野菜をつくってくれる地域の農家さんを支え、農や野菜や環境について知識が増えるという、お互いにメリットがある方法です。
資料提供)ローカルフードサイクリング株式会社

NPO法人循環生活研究所

気候変動や資源の枯渇の問題は、もう他人ごとではいられないくらい危機的な状況に迫っています。私たち一人ひとり・家庭ごとに簡単に始められる、食の循環を実感できる、そして確実にごみを減らせる。それがコンポストです。
まずは「たのしい循環生活」で生ごみをすてない暮らしを実現すること。そして地域内で資源が循環する「ローカルフードサイクリング」のしくみが、その暮らしを支えます。私たちは、このしくみを突破口に、「2030年生ごみ資源化100%」の実現を目指しています。

最新情報

  • 10月31日(日) 「福マルシェ@照葉積水ハウスアリーナ」でコンポスト紹介します
  • 11月13日(土) 「たのしい循環生活マーケット」開催!詳細はこちら
  • 12月25日(土) 「たのしい循環生活マーケット」開催予定
  • 10月31日(日) 「福マルシェ@照葉積水ハウスアリーナ」でコンポスト紹介します