テラテクニカル株式会社について調べてみた!

テラテクニカルとは?

テラテクニカル株式会社は、2013年設立。本社を群馬県に置いている。
事業内容として、トラックのチャーター便、混載便、積み合わせ便、格安チャーター便
帰り便、緊急輸送、精密機器輸送、定期便輸送を得意とする運送会社。

テラテクニカルの3つのポイント

自社車両はもちろん、全国に広がる混載輸送が得意な運送会社のネットワークが存在。法人だけではなく個人からの利用者も多い。
細かい時間指定等がない場合は、小ロット中ロットの荷物輸送は混載便、積み合わせ便が1番安い輸送になる。
荷物を運ぶといっても、荷物の種類や形状によって運ぶ車両も様々。手の平サイズの荷物から新幹線クラスの物まで多種多様に用意。物流業界には用途に応じた輸送車両があり航空便・船舶・鉄道・陸上輸送があり連携をしながら行っている。
荷物を運ぶといっても、荷物の種類や形状によって運ぶ車両も様々。手の平サイズの荷物から新幹線クラスの物まで多種多様に用意。物流業界には用途に応じた輸送車両があり航空便・船舶・鉄道・陸上輸送があり連携をしながら行っている。

トラックチャーター便の特長

輸送の内容をカスタマイズ

運行についての主導権は依頼する側にあるため、依頼者の事情や取引先のニーズによって条件を変えることが出来る。また、同じ時間にいつも納品する先へ訪問ができるようにルートを決めたり、荷物の量によってトラックのサイズを変えることができるのもチャーターならでは。

製品が受けるダメージの減少

運ぶ製品にとって温度を変えることができるため、製品が受けるダメージが少なくすることが可能。ドアを開く回数をなるべく少なくするルートを選択することで、さらに温度が安定。食品のように温度が少し変わっただけで味が変わってしまったり、発酵してしまう製品は気配りが細かくできるチャーター便がおすすめ。製品や荷室の温度を測ってデータにすることで、トレーサビリティも可能。

運送時の製品への衝撃が少ない

製品への衝撃が少ないことが魅力。へこみやキズが付きやすい製品は欠品や返品にならないよう、慎重に取扱う必要ある。さらに、衝撃や振動に弱い製品の場合は見た目が変わることで売ることができなくなってしまうケースも存在。このような問題は、製品に触らなければいけない機会が多くなるほど発生しやすくなり、何度か積み替えをしなければいけない運び方の場合、リスクはそれだけ高くなる。チャーターであれば、積み込みを行えば納品をそのままできるため、事故が起こる可能性を最小限に抑えることが可能。

予想しないトラブルを回避

製品によっては積み合わせが原因で問題が発生しまうケースがある。例えば匂いのある製品は他の製品に匂いがついてしまうことがあり、製品の菌が原因で他の製品に影響が出てしまうなど予想しないトラブルが発生することがある。このような製品を取り扱う場合もチャーター輸送は便利。

荷物を運ぶためにトラックを利用したい方

会社概要

会社名 テラテクニカル株式会社
住所 〒370-0024
群馬県高崎市八幡原町1258-1
代表者 取締役会長 影山剛一郎
代表取締役 影山力也
資本金 400万円
設立 2013年3月
設立 2013年3月