なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

 転職成功術 

■■■転職ノウハウを発信中■■■

失敗しない転職活動のはじめ方

まずは無料の転職サイトに登録

転職活動を始める = 転職サイトへの登録 です。

「しっかり準備してから転職活動を始めたい。」「そもそも転職するかまだ迷っている。」
こういった人でも、今すぐ無料の転職サイトに登録することをおすすめします。
求人情報を検索できるようになるからです。
求人を見る前から転職するかどうか考えるより、まずどんな求人があるのか見てみるべきです。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いはこうです。
 
【転職サイト】
中途採用のための求人情報サイトのことです。求人を検索することができます。
例)リクナビNEXT、doda、ビズリーチ、etc
 
【転職エージェント】
企業と求職者の仲介サービスのことです。
求職者に合わせて求人を紹介してくれたり
企業との間に入って面接の日程調整や年収交渉などをしてくれます。
例)リクルートエージェント、dodaエージェント、マイナビエージェント、etc

これらの転職サイトや転職サービスは、企業から紹介料が支払われる仕組みなので、
求職者は無料で利用することができます。

失敗しない転職活動のすすめ方

①働きながら転職活動をする

仕事を辞めずに転職活動することを強くおすすめします。


働きながら転職活動をすべき10の理由

  1. お金の心配をしなくていい
  2. 冷静に転職先を選べる
  3. 求人の選択肢が増える
  4. 落ちてもダメージが小さい
  5. 転職活動は忙しくない
  6. 話すスキルを維持できる
  7. 辞めれると思うと仕事が楽になる
  8. 今の会社の良さに気づく
  9. 面倒な手続きが無くなる
  10. 転職が決まってからゆっくり休める

仕事を辞めると内定が出ないことに焦って、良い結果が得られなくなります。

②職種を変えずに成長産業に移る

職種を変えずに、業界を変えるだけで簡単に年収を上げることができます。

有名な転職本にこういうことが書かれています。

 
“『才能がなくても、安定して高い給与をもらい続けられる人間』とは、
じつは生産性の高い産業に就職した人間のことだ。当然、生産性の高い産業は競争も激しい。
だが、一度入ってしまえば、後は同じスキルでも他の業界の人間よりはるかに高い給料を手にできる。
ある意味、『場所選びで勝った人間』と言えるだろう。”
北野 唯我. このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法. ダイヤモンド社.


あなたと同じくらいの能力で同じ仕事をしている人が、
あなたよりはるかに高い給料をもらっているのが社会の現実です。
 
これから自分がどこに身を置くべきか考えてみてもいいと思います。

③早めに始めて気長に続ける

中途採用の求人は刻一刻と変わります。
毎年、決まった人数を計画的に採用する新卒採用と違って、人材が必要なときに求人を出すからです。

なので、定員が埋まれば求人も無くなりますし、逆に、どんどん新しい求人が出てきます。
つまり、長く転職活動をしている方が良い求人に出会える確率が高まりますよね。

焦らず気長に続けたことが成功の秘訣だと思っています。

失敗しない転職活動のためにはまずは動くこと

なにごともまずは動いてみないと何も変わりません。

まずは行動 ⇒ 動きつつ考える

転職サイトにしておけばいい求人を見つけることができるかもしません。
今より良さそうな仕事が無くても、納得して今の仕事を続けることができます。

退職前にしておくこと

退職を決意し、会社を辞めた後、多くの方は転職活動をすると思います。

転職活動は人生のターニングポイントになる大きな出来事なので、
誰でも失敗したくないと思いますよね。
 
スムーズな転職活動を行うのに1番必要な事は「良い準備」をするという事です。

転職活動に後悔しない為にこれから転職活動を考えている人へ
退職を決めてからの転職準備のポイントを書いて行こうと思います。

限界を迎える前に早めに動く

もしあなたが今の段階で心身を著しくすり減らしながら働いている状態だとしたら、
限界を迎える前に、一刻も早く退職と転職の準備をしましょう。

転職活動を行うにあたって一番怖い事は、限界を迎え行動する気力が失われてしまったり、
うつ状態となり体が動かなくなる事です。
あなたが健康でなければ、次の仕事を探す事も働く事もできません。

中には、今いる会社の環境に耐えられずに
心身共に疲弊しながら戦っている方もいると思います。
もしそのような状態であれば、限界を迎える前に、
一刻も早く行動を起こすことが大事です。

体さえ壊さず、しっかりとした準備を整えて退職後に少しの休息とって
体力、気力を充電すれば転職は成功します!

失業保険についての知識をつける

ここからは具体的に行う準備について書こうと思います。

退職後に最も気になる事は、生活資金です。
日々の生活で収入が途絶えた中で貯金を切り崩す事は精神的にも辛いです。
そんな時、国には失業保険という制度があります。
これは失業者が失業中、一定期間の間に給付金を得られるもので、
期間や金額は個人差がありますが、大体下記のような感じで給付金を受け取る事ができます。

  • 期間は大体3~12か月
  • 金額は大体前職給与の6~7割


失業保険は失業中も収入が得られるので、退職後には必ず活用したい制度なのですが、
この制度は人によって、得られる内容が変わってきます。


一例をあげると

  • 退職後、すぐに給付を得られるケース=会社都合による退職など
  • 退職後、給付まで3か月半(この期間を給付制限期間といいます)を待たなければいけないケース=自己都合による退職など

こんな感じで大きな違いがあるので、まずは退職前に失業保険の知識をつけ、
退職後に自分がどのような形で給付を受けられるかをよく確認しておきましょう!

転職活動の準備も並行して行う

また、失業保険の知識をつけながら、
並行して行っておきたいのが次への転職活動の準備です。

仕事を行いながら転職活動をするのは大変な事ですが、
この準備をしているか否かで精神的なゆとりが全く変わります。

今の会社を退職する前に仕事が決まるのが理想的ではありますが
そうでなくとも、転職活動の準備ができていれば、
いつでも転職活動に本腰を入れる事ができますし、ある程度安心した状態で休息を取る事もできます。

転職サイトでどんな仕事があるのかチラっと見る程度の些細な事でも良いと思います。
「いつでもスタンバイOKだぜ!」という、ゆとりの有無の違いは本当に大きいです。

行動すればサポートしてくれるものは沢山ある

重要な事は、悩みながらも外に目を向けて行動すれば
可能性は開けるという事です。

転職資金は国がサポートしてくれるし
仕事を探すなら沢山の便利なサービスがある。

もしも今1人で悶々として悩んでいるならば、
エージェントのカウンセリングを受け、
自分の胸の内を吐き出すだけでも大分心は軽くなると思います。

行動さえすれば、あなたを助けてくれる物は沢山あります。
勿論行動をしても上手くいかない事もあるでしょう。
しかし、可能性は行動した事によって開かれていくものなのです。

一度に全ての事をできる必要はありません。
小さな事でも、着実に1歩を踏み出せば必ず状況は変わります。
少しでも良いので歩きましょう。

職場の人間関係・環境が合わないストレス

今いる職場の人間関係や労働環境が合わず、続けるか悩むことってありますよね。

心の中では「辞めたい」という気持ちが大きくなっていると同時に、
ここで辞めてしまうのは、自分に対して「甘え」や「根性が足りない」
といった言葉がチラつき躊躇し、悶々としてしまう。

基本的に合わない職場は無理して耐える必要はなく、
全然辞めていいしそれは甘えではないと思っています。
しかし一方で続ける事で得られるメリットがある場合もあります。

合わない職場だと感じて辞める時、
ここで辞めるのは甘えだ、根性がないだけなんじゃないのか
こういった考えが頭をよぎり、躊躇してしまう思います。


しかし、勤めている所が
  • 膨大なサービス残業やパワハラが横行しているブラック企業
  • 人間関係がどうしようもなく合わないなど
  • 仕事が合わない

こんな労働環境による原因の場合は、精神論で続ける必要は一切ありません。

労働環境の問題での場合は問題は相手側にあり、
ブラックな環境であるならば仕事ができるようになっても労働量は増える一方だし
人間関係が合わない場合は相性の問題なので、
残念ながら自分で解決するといった類のものではありません。

あなたの甘えや根性がないという事とは、全く無関係な問題なんですよね。
こちらがどんなに努力しても相手側が変わらなければ
解決できない問題も、世の中には沢山あります。

そして相手が変わるかどうかは相手次第なので、こちら側にはどうしようもない事もあります。

変えられない事に尽力しても、それは心身だけが擦り減っていくだけのものに
なってしまいますし、きっとそのような所で頑張ってたとしても、
持った所で何年も続かないと思います。
そしてロスした分の時間は二度と戻りません。

最悪、無理して続ける事でうつ病などにかかってしまったら、
その後の人生すら棒に振ってしまいかねません。


仕事が合わず辛いと感じている場合は、ある程度の所で見切りはつけた方がよいでしょう。
あなたの根性や甘えの問題ではありません。

仕事は「得意な事」「好きな事」を基準に選ぶ方が絶対に長続きしますからね。

その仕事を続けるか辞めるかのジャッジ

合わない職場を辞める事は甘えではないのですぐに辞めても構わないとは思います。

しかし、合わないと感じてる職場でも続ける場合は、今の職場で
職歴所に書けるスキル、自分の将来に役立つスキルなど、将来に自分が有利な人生を送る為に
現状で身に着けられる物があるかどうかで判断すると良いと思います。


筆者はウェブ・グラフィックデザイナー等、物を作る仕事をしていますが、
過去に一度だけ進行管理やWEBディレクターといったマネジメントよりの
業務を経験した事があります。

自分の適性は黙々と物を作る作業に向いている方なので、
正直様々な所に目配せして仕事を取り持つマネジメント業務は
向いてしないし嫌いです。

しかも、この時は入社時の話と食い違う形で担当させられましたし、
職場の雰囲気も自分にとってはとても相性が悪かった。

そんないきさつからすぐに辞めたいと思いましたが、
同時にここでのディレクション経験がデザイナーとしての
自分のキャリアを強化できる可能性もあると思い、退職を思いとどまりました。


結果的には一年半ほど続け、最後までディレクション業務も
職場の環境も嫌いでしょうがなかったのですが、そこの業務経験を培ったおかげで、
ディレクションもできるデザイナーとして市場価値があがった個人で仕事を行う際に、
仕事の回し方をスムーズに行えるようになった。


結果的にはこんなスキルを得て、未来の進む未来に向けて武器が増えました。
今でも二度と戻りたくないと思う職場でしたが、意味はあったと思っています。

仕事を続けるかの基準は将来にプラスの経験が積めるかどうかを見極めましょう。

圧迫面接は受かる必要が無いので不採用上等

面接は本来どちらも対等な関係で行われるものですが、
形式上はこちらから会社に応募したているという立場を逆手にとっているのか、
異様に偉ぶりながら高圧的な対応でマウントしてくる企業がたまにあります。

しかし不運にも面接を受けた所が圧迫面接してきた時、
圧迫面接への対応方法や心構えについて発信したいと思います。

圧迫面接をする企業の意図

圧迫面接をする企業の意図としては企業は

「ストレス耐性」「志望の熱意」「対応力」の3つを見ていると言われています。

それだけ見ると一見最もらしい事柄に見えますが、
これって言い換えると会社がどんなひどい扱いをしても忠誠心を持って精力的に働く
下僕になり得るかどうかのテストしているって事です。
つまり社畜にする気満々。

不採用なんて気にしない心構えで望もう

というワケで圧迫面接のような高圧的態度を取ような会社は、
入社したとしてもパワハラが横行し、
常にストレスと隣り合わせで働かなければならない可能性が高いです。

表面しか見えない面接の段階でそれですからね。

なので、まず圧迫面接だとわかった時点で
不採用でも気にしない心構えを持つことが一番大事、
逆に開き直って落ちてもまぁいいやっていう位の心の持ちようでいきましょう。
これがマインドセットの大前提。

自信満々な気迫で受け答えをする

まず、面接では自信を持ってできるだけデカイ声で堂々と喋る、
場合によっては多少タメ口も織り交ぜて話す感じでもOK。
そのくらいの気迫で受け答えをしましょう。

質問に対して多少的外れな意見をしてしまったとしても問題ありません。
「え?俺の言ってる事なんか間違ってる?」っていう位の自信満々な態度で丁度良いです。

こういった会社はこっちが怯んだ態度を取ったりすると相手はすかさずそこを突いてきます。
なのでハッタリでも構いません。
とにかくなめられない事、これが大事。


少し話は変わりますが学校を例えにしてみましょう。
どのクラスにもいじめっ子やいじめられっ子っていますよね。

そしていじめっ子に標的にされるのは
大体いじめられても反撃もせずにヘラヘラ笑っているような人です。
逆にいじめっ子に対して食ってかかってくつようなヤツを
いじめっ子はわざわざいじめの対象に選びません。それと一緒。


またこのような態度で臨むことは、
ブラック企業の圧迫面接に対抗できるだけではなく、
むしろその会社が本当に良い会社だった場合にも、
はきはきとした態度が高評価となり選考を通る要因にもなります。

つまり企業がブラックだろうがホワイトだろうが効果的なんですよね。
とにかく強気で臨むスタンスはデメリットがありません。

こちらから逆質問をガンガンしてみる

次は企業に対してこちらからもガンガン逆質問をする事。
攻撃は最大の防御です。

こちらから質問をしている間は
向こうが答えなければならない構図になるので、こっちが有利なターン。
逆質問を多くする事で有利な時間を延ばして形成を逆転しにいきましょう。

面接はお互いがお互いを見る場所なので向こうからの質問を待つだけではなくて全然いいのです。

質問は、残業や残業代、休日、ボーナス、福利厚生など、待遇や環境に関する質問がいいですね。

このような質問は環境が整っているホワイト企業であればきちんと答えてくれますし、
ブラックな企業であれば正直に答え辛い内容もありますので、むしろ向こうが怯んだりもします。
企業のホワイト度を図るという意味でも有効な質問です。


真面目な質問、適当な質問、関係ありません。
こっちが面接官だと言わんばかりに攻勢をしかけましょう。

先ほども述べたように、こんな質問を投げかけるのは圧迫面接を止めるだけでなく、
相手の面接官の対応を見て自分に合う会社か判断する事にも有効です。
不採用になっても自信は得られる
まとめると、コツは不採用を恐れず、強気にこちらから攻勢に出まくる事。
圧迫面接対策はこれが全て。

こちらから攻勢に出る対応をする事によって、
こちらは合う会社なのかを図る事もできまし、
なにより圧迫面接に対して堂々と戦いきった事は大きな経験となります。
先々にやってくる面接でリラックスして臨むことができるでしょう。

もし圧迫面接にあった場合は、
負けずにケンカのつもりで戦ってみる事を推奨します。

しかし最後に本末転倒ではありますが、
こんな圧迫面接を受ける事は時間の無駄です。
時間だけでなく交通費だってかかります、
できればこういう企業の情報は事前に察知して避けたい所ですよね。