転職の新常識

転職エージェント,比較,ランキング,転職の新常識

士業も視野に入れて仕事を考える

「弁護士」「公認会計士」「税理士」「社会保険労務士」

などの、士業の国家資格の取得を考える人もいます。

士業の国家資格を取得すれば、資格を利用して就職活動が行えるので、「大学中退」の学歴が採用選考で問題になることがほぼなくなります。

また、就職した後の仕事には、士業の資格取得者が独占的に行える業務があることが多いので、仕事がなくなる可能性も低いです。

将来独立をすれば高額の報酬を得られる可能性もあります。

このように士業の国家資格取得は大学中退者にとっても魅力的なものですので、ここで「士業の国家資格の種類」や「資格取得に必要な勉強時間」「資格試験の受験資格」などについて解説します。

士業の国家資格を取得すると、就職しやすくなったり、高額の給料がもらえるので、安易に勉強をはじめる人もいます。

しかし、資格を取得するためには、長期間の勉強が必要になるので、

勉強を最後まであきらめない覚悟がある勉強時間を確保できる時間的・金銭的余裕がある

の二つの条件を満たす必要があります。

士業の国家資格取得には、これだけの負担があっても取得する価値があると思いますが、勉強をはじめる前にどれくらいの勉強時間が必要かは知っておきましょう。

2-1. 士業の国家資格取得に必要な「勉強時間」

資格取得に必要な知識がまったくない状態から勉強をはじめて、合格するまでに必要なおおよその勉強時間を紹介します。

独学でも勉強できますが、ここでは専門学校などに通うことを前提とします。

あくまで一般的な傾向ですので、効率的な勉強ができる人はもっと短い時間で合格する人もいます。

・弁護士約8,000~1万時間
・公認会計士約3,000時間~5,000時間
・税理士試験約2,500~5,000時間
・司法書士約2,000~3,000時間
・社会保険労務士約800~1,000時間
・行政書士約800~1,000時間
・中小企業診断士約800~1,000時間

転職するのは当たり前の時代です

外資系企業で勤務された事がある方ならご存知かと思いますが、欧米では、転職はキャリアアップのために当然の手段と考えられてます。

 

っていうか、これまでの日本の感覚は極めて特異だっただけです。個人的には終身雇用の方が異常に感じてしまいます。だって日本は資本主義国家ですよね?なんで雇用が100%保証された形で守られる必要があるんですかね? その方が国際的な感覚からしてかなりずれてしまってるように思われます。

 

安倍政権になり、明らかに雇用の流動性を促進する政策が次々と導入されてるので、今後は転職は今以上に当たり前の時代に突入する事が予想されます。

 

欧米や外資系勤務の方は、複数の転職エージェントに登録してる方が多いです。
欧米では弁護士、不動産関係、転職エージェントの人は友達につけておきたい職業のベスト3と言われてます。日本ではまだまだ認知度が低い印象ですが、欧米ではかなり一般的な存在なのが、当サイトで紹介してる転職エージェントの存在。

 

今すぐ転職を考えて無い方も、転職エージェントに登録する事で、客観的に自分の市場価値が分かるメリットがありますし、今後のキャリアプランを考えた場合に非常に役立つアドバイスを転職エージェントでは無料で実施してくれます。

 

転職によるキャリアアップが当たり前になってきてる2013年。他の方よりいち早く転職エージェントの活用に慣れておくことは、これからのビジネスパーソンとして必須の要件と言っても言い過ぎでは無いと思います。

安易な転職活動だけは絶対に辞めてください

転職を決意された時期は、何かしらのストレスを受けてる事だと思います。

 

人間ストレスが過度にかかると、どうでもいいや!と半ば自暴自棄になってしまう方が多いです。

 

数回面接に失敗しただけで、まったく希望して無いとにかく簡単に内定が得られそうな会社に応募してしまって後々後悔される方が多いです。

 

ありがちな失敗例として多いのはなんとなく採用されそうな求人案件に安易に申し込んでしまい、入社後後悔してしまう方が非常に多いです。

 

転職活動は誰にとっても辛いもの、

 

そんな時、転職エージェントに登録しておけば、専任のキャリアアドバイザーさんが、行き詰まった転職活動のアドバイスもしてくれるので心強いです。

 

よい転職エージェントのアドバイザーさんと巡り合う事は、転職活動を有利に進める上でほんとかけがいの無い存在になります。

 

無料で細かい事まで相談できる

 

やはり転職エージェントのキャリアアドバイザーからいただいた助言は、たとえそのエージェント経由で転職しなかったとしてもその後の、キャリアプランを考える際に役に立つ事間違いありません。

 

孤独な転職活動は大変なので、メンタルケアの意味でも転職エージェントの活用は有意義だと思います。

非公開型求人のワケ

非公開求人を得られるメリットがあります。

 

転職エージェント(人材紹介会社)で扱ってる求人情報の半分以上が非公開求人が非公開求人になってます。人材紹介会社によっては全部が非公開なんて事もあります。

 

つまり、転職エージェントに登録してない方は、これらの非公開求人情報に巡りあう可能性が閉ざされてしまいます。これは転職活動で大きなアドバンテージになってしまいますよね・・

ではなぜ、非公開求人が多いのでしょう、

採用活動の業務効率化

公開型の一般転職サイトを使うと、企業側が求めて無いレベルの方からの応募が多く入ってきてしまい、断りの対応だけで大変な作業になってしまいます。
残酷なようですが、この理由が非公開求人を使う企業の主な理由になってます。

 

近年、企業側の採用担当も、業務の効率化が経営課題であることが多いため、いかに効率良く求めてる人材を獲得できるかに知恵を絞ってます。(昔のように何人も重役が集まって何人もの求職者の面接をしてる悠長な企業が減ってきてます。)

 

ま、よくも悪くも2010年前後から欧米的な効率重視の採用(経営)に変化した企業が増えた影響も多いかもしれません。

 

今後はさらに、この流れば加速してるので、転職エージェントでだけ人材募集を進める企業が増えると思われます。


役員人事や新規事業などの情報漏れを防ぐ目的

 

全体の5%未満だと思いますが、たまにあるパターンです。
企業の重要なポストの人材採用(いわゆるヘッドハンティング)や、強豪他社に情報がバレたらまずい新規事業を進めてる会社が、求人情報の情報漏れを警戒して非公開型で採用を進める事もあります。

 

転職エージェントを活用する企業の目的は、ポイント①の採用業務の効率化目的である事が大半なので、あまり映画などに出てくるヘッドハント的な年収10倍で引き抜きなど期待しないでください。
だいたい引き抜きだとか、ヘッドハンティングだとか連呼する転職エージェントがいたとしたら、かなり眉唾ものなんで逆に警戒した方が良いです。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェント(人材紹介会社)を使えば、さまざまなメリットを無料で受ける事ができきます。

メリット① 無料でキャリアアドバイザー(CA)が付いてくれる。

良いキャリアアドバイザーが付いてくれた場合は、転職成功率がぐっと上がる事は間違いありません。
キャリアアドバイザーは、あなたのキャリアプランにあった求人情報を提供してくれたり、求人企業の採用担当の好みを教えてくれたりと、転職活動で役立つ情報をたくさん提供してくれます。
その他、履歴書&職務経歴書の上手な書き方やなどもアドバイスしてくれたりするので、これまでエージェントを使った事が無い方からしたら驚くかと思われます。履歴書の書き方などはたくさん書籍が発行されてますが、面接先にあった書き方などの情報はエージェント経由じゃなければ知りうる事ができない貴重な情報です。

ただし、自分の営業成績しか考えて無いような悪いCAも少数ながら存在するのは事実なので、複数のエージェントに登録してCAの質を見分けられるようにしてください。

メリット② 非公開求人情報を知れる

転職エージェント(人材紹介会社)が保有する多くの求人案件はサイト上に公開されて無い非公開求人です。
登録するだけで、そのエージェントが保有してる非公開求人情報を知る事ができるメリットはかなり大きいです。

各転職エージェントごとに、独占案件を保有してます。なぜ独占案件にこだわるかといえば、独占案件を多く保有すればするほど競合他社に対して付加価値が高くなるからです。(独占案件を入手した営業マンは通常評価が上がります)。エージェントごとに独占案件をいくつか保有してるため大手所は全て登録しておいた方が絶対に良いです。

なぜか、登録エージェントを1社に絞ってしまって自ら可能性を閉ざしてしまうような方がいますが(エージェントの担当CAは、当然他の転職エージェントに登録しない方向性で話を進めてくるので注意が必要です!)かなり損だと思います。

最低でも、3つ以上のエージェントを掛け持ちして、多くの非公開求人情報を得られる体制を整えていただきたいです。

悪徳エージェントにご注意を!

ヘッドハンティングなどといわれると聞こえが良いので、浮ついてしまう求職者が多いのですが、その転職エージェントが本物なのか見極めが必要です。

ブラック会社の求人ばかり薦めてくる

 

ひどいエージェントの場合、人材回転率が高い会社(ブラック企業)の求人情報をなぜか率先して紹介してくる事があります。

理由は、転職エージェントは年収の2,3割程度をマージンとして受け取るビジネスモデルになってるため、回転率が高い職場に流し込めれば、それだけ自分らの仕事が増えるから。 公開型の転職サイトで、頻繁に求人情報が出てる会社は人材回転率が高い可能性が高いです。

 

当サイトで紹介してる大手系エージェントではこのようなひどい話はほとんど聞きませんが、中小または個人運営のエージェントの場合、そもそもさほど多くの求人情報を持っていない事が多いのでブラック企業とのパイプを大事にしてる事があります。もちろん全ての中小または個人のエージェントがそのような事をやってる訳では無いのですが、まれにこういうひどいエージェントもいたりします。

 

ヘッドハンティングなどの言葉を連呼する

やけにヘッドハンティング」を連呼するタイプのエージェントは悪徳な可能性が高いです。

誰だってヘッドハントされたなどと言われてば浮き足立ってしまいますよね~。ハッキリ言って日本の転職市場でヘッドハントされるのが業界の超大物クラスだけなので、ヘッドハントなどという聞こえの良い言葉を連呼するエージェントには注意が必要です。
だいたいそういったエージェントは求職者の虚栄心につけこんで、上記のブラック企業に流し込もうとしてるパターンが多いので注意してください。
その他、「特別なポディションが用意されてる」など甘い言葉を連呼するタイプも同様なので気をつけてくださいね。

中小又は個人運営の転職エージェントはほんと、ピンきりで見極めが極めて難しいです。

当サイトは、上記のようなひどいトラブルがほとんど無い大手企業が運営してる人材紹介会社だけを紹介してます。

落ち込む必要はありません!よくあるキャリアアドバイザーの言い訳

よくある、転職エージェントの言い訳、

「あなたのキャリア的に、現在紹介できる求人はございません」

これは頭にきますよね・・

でも、
こんな事でいちいちご立腹してるのは馬鹿らしいです、CAがこの言い訳をする場合の内情は、単に自社で紹介できる求人案件を持って無いだけが大半です。

 

では、
なぜわざわざ、あなたのキャリア的になどと嫌がられる事を言うのかといえば、自社の求人在庫が少ないと口コミされるとマズから。
単に自社を守るためにこのような逃げセリフを言うエージェントが多いです。会社思いというか何というか・・

 

だけど、自社に求人在庫を抱えて無いのを、いちいち人のせいにするなんてホント残念ですよね・・
ただでさえ、転職活動をされてる時って誰だって不安になる事が多いのに、このような求職者側のせいにしてしまうってのは問題有りだと、個人的には思います。
思わず、人材紹介会社としての社会的使命を忘れてるんじゃない?!って突っ込みたくなりますよね。でもCA相手に感情的になっても得する事は皆無なのでそこはグッと我慢して、他の転職エージェントに登録してみましょう。

 

転職エージェントA社で、「あなたのキャリアでは紹介できる求人が無い」と言われたのに、転職エージェントB社に登録した途端、「あなたのキャリアだったらこんなに求人がありますよ!」と180度違う対応をされる事なんてザラにある業界です。

 

このような転職エージェント側の本音を知っておけば、
こちら側のキャリアを侮辱するパターンの言い訳に感情的ならずに済むかと思いこのコラムを書かせていただきました。

転職エージェントのCAとの付き合い方

転職エージェントでは通常、キャリアアドバイザー(CA)と呼ばれる職種の、あなた専門の転職アドバイザーさんが担当で付きます。


キャリアアドバイザーさんとの良好な関係を構築できれば、転職活動の強いアドバンテージを得たも同然です。

一般的な人間関係と同じで、担当キャリアアドバイザーさんにあまり高圧的な態度は出さずにあくまで謙虚な姿勢で挑むのは当然ですが、
逆にあまり謙りすぎてもCAさんのペースで勝手に進められてしまう事があるので、さじ加減が重要です。

 

担当CAさんの性格にもよるため、
こうした対応が良いといったマニュアルを構築するのは極めて難しいのですが、最低限の人間関係構築のマナーを守っていれば、担当CAさんもあなたの転職の良きアドバイザーとして活躍してくれる事でしょう。

 

例えば、担当CAさんのアドバイスでどうも腑に落ちない点などは、素直に質問した方が良い場合が多いようです、

 

また、CAさんもそんなつもりで言って無い事を、求職者側からすると失礼に感じる事などもあるかと思いますが、あまり過剰に反応するのは辞めた方が良いです。

 

ご年配の方ほどご自身のプライドを傷つけられたと感じる事が多いようですが、年齢が高い方ほど逆に謙虚な姿勢を心がけた方が、好印象になると思います。

 

誰だって、高圧的な態度の方と比べたら、謙虚に方の方に応援したくなるのが心情ってものです。

 

だた、あまりにも担当CAと気が合わないと感じた場合は躊躇せずに担当の交代を志願しても問題ありません。当サイトで紹介中の大手転職エージェントでは担当CAの交代を必ずうけてくれるはずなのであまりにも自分と性格的に合わない場合は、躊躇せずに交代を志願してみてください。転職エージェント会社側でも担当交代を志願されてた際はこれまでと性格的に異なるタイプの担当をつけてくれる事が多いので、逆にスムーズに転職活動を進める事ができる事が多いです。

面接対策でも有利な転職エージェントの活用

転職エージェントを使うメリットとして、以外と侮れないのが、面接に役立つ情報も事前に仕入れる事ができる点。

 

転職エージェントは当然、求人を出してる企業の社風や、面接官の好みなどを把握してるので、応募する企業が好むとおもわれる面接対策を事前に実施してくれます。

 

面接当日の服装(ダークスーツじゃなきゃNG)なども、最新の情報を教えてくれるので心強いです。
最近の面接で困るのは、カジュアルが主流のIT企業などの面接の場合、あまりにもまんまダークスーツだと逆に印象が悪くなってしまう事などがあるのでこの手の情報は非常に助かります。

 

その時の採用担当者さんの”性格”などは、実際に合って打ち合わせしてる転職エージェントの方しか知らない生の情報です。
採用担当者さんのノリが軽めや、堅物など、性格的な印象を面接前に知っておくだけで、面接のイメトレがだいぶ異なります。

 

キャリアアドバイザーさんからの現場の情報は、
面接対策本を何冊も読破するより、よっぽど貴重な情報を入手できる事間違いありません。

 

当然、一般転職サイトからの応募ではこの手の情報を事前に入手する事は困難なので、面接対策の面でも転職エージェントに分があると思います。

多くの転職エージェントでは職歴書の書き方まで指南してくれます

多くの転職エージェントでは、効果的な職歴書の作成まで無料アドバイスしてくれます。

 

多くの書籍などで書かれてる職歴書の書き方などは、形式ばってるものが多く、実践ではなかなか使いにくい事が多いです。
その点、エージェントさんが指南してくれる職歴書の効果的な書き方は現場で得られる知識を元に効果的な職歴書の書き方を指南してくれるのでかなり役立つかと思います。
転職エージェントに登録後、エージェントさんに合って職歴書の書き方だけ指南いただけるだけでも、少なくても電車賃ぐらいは元がトレづかとと思います。

 

職歴書の書き方=自分のキャリアの棚卸し

 

となる側面が強いため、効果的な職歴書を書きながら、これまでのご自身のキャリアの棚卸ができるかと思います。

 

優秀なCAの場合、職歴書の書き方を指南しながらあなたのキャリアのアピールポイントを教示してくれるかと思います。
自分だけではなかなか気が付かない、これまでのキャリアのアピールポイントを見つけてくれるCAさんが多いんで、一度職歴書作成目的でも転職エージェントを活用してみるのも一つの効果的転職活動のすすめ方だと思います。