アトピっ子も家族みんなも笑顔にする、ヴィーガン料理とスイーツの秘密
5,000以上のレシピを研究したレシピマニアが教える「レシピのいらない」料理術。

植物性料理とお菓子歴30年。

マクロビ、重ね煮、ヴィーガンの、一番おいしくて一番簡単な料理とお菓子をまるっと学べる教室です。「毎日の美味しい感動」をどうぞあなたもご一緒に。


毎日の献立を考えるのって大変ですよね。

私は、子供の頃からアトピー体質。大人になってからはさらにひどくなり、一時は寝込んでしまう時もありました。(写真はアトピーがひどかったころの私です。)

そういう体験をきっかけに、食べるものが体に与える影響を知り、学び、以来約30年、日々の食生活をととのえています。

小さいお子さんは、自分の気持ちをうまく伝えられないかもしれません。でも、アトピー体験者である私なら、そんなお子さんの気持ちにも寄り添えるのではないかと思っています。

家族がいて、子供がいて、しかも子供に食物アレルギーがあったなら…外食や市販のものですますというわけにもいきません。


人は、何をしなくても、食べることは、一生涯続きます。そして、その食べたもので体ができているのですから、成長期の子供はもちろんのこと、大人であってもおろそかにはできません。いずれ、その結果は返ってくるのですから。それは、体だけではなく、心にも大きく影響します
私も、結婚した当初は、毎日毎日レシピ探しに明け暮れていました。

というのも、私はヴィーガン(当時はそんな言葉もありませんでしたが)な料理、そして夫は、普通の料理を食べていましたから、ふたりの料理をどう折り合いをつけて作ればいいのか

まだまだ料理の知識も経験も全くありませんでしたから、本当に大変でした。

私にとって、献立作りの負担はとても大きく、いつも頭の中は食事のことでいっぱい。

当時は、インターネットも普及していませんでしたから、レシピ本だけが頼り。毎週のようにレシピ本を買って、家はレシピ本だらけになるほどでした。


それでも、レシピ探しが間に合わなくて、夫が帰宅した時点で、家中に本が散乱していた…ということも。
けれども、一旦火がつくと、とことん追求してしまう性分の私は、それ以来、現在に至るまで、本当にさまざまなレシピ本やネットレシピを研究してきました。

わが家には、レシピ本や自分で作ったレシピカードがたくさんあります。


30年近く、こういうことを続けてきたおかげで、いまでは、毎日の献立に悩むと言うことはほとんどなくなりました

レシピ本は大好きなので、買ったり見たりしますが、今はインスピレーションを得るために使うことが多く、食べたいと思うものは、レシピを探しまわることなく、ぱっと作れるようになったのです。

「名もなき家事」の第五位は「献立づくり」!

少し前に「名もなき家事」が話題になったことがありますが、それほど取り上げられなくなった今でも、「名もなき家事」がなくなったわけではありません。

そのランキングの第五位だったのが「毎日の献立を考える」こと。主婦の負担の大きさがうかがえる結果ですよね。そして、それが一生続く…。ちょっと気が遠くなります。

昨年以来のコロナ禍で、家での食事が増え、主婦の食事に関わる負担はますます大きなものになってきています
一方で、世界的には、環境問題や、タンパク質の不足を懸念するところから、代替肉の開発や、動物愛護の観点から、菜食、ベジタリアン、ヴィーガン、プラントベース、といった言葉も普通に聞かれるようになりました。

料理は、一生続くもの。

そして、体や心にも影響が大きいと思えば、そのスキルは大きな財産になります。

大切な子供や家族を健やかに導くための、そして笑顔をつくる大切なもの。

それが、料理やお菓子作りの技術だと思います。

なるべく、体の負担にならないもの、健康になるもの、アレルギーのある子もない子も、同じものが食べられる。それが、植物性100%のヴィーガン食です。

<西脇智子プロフィール>

植物性菓子・料理研究家

子供の頃から、軽いアトピー体質。
高校卒業まで「食」に興味を持つことはなく、「栄養が摂れる錠剤があればそれでいいのに」とさえ思っていた。
大学に入学し、一人暮らしを始めるが「食」に無頓着すぎて体調を崩し、大人アトピーを発症してようやく料理と栄養について考えるようになる。

地元に戻って就職するが、環境の変化などストレスでアトピーが悪化。
食事で改善する方法を模索するうち、マクロビオティックと出会う。

地元のマクロビオティック教室で料理を学ぶことで「食養」の大切さを痛感し、より幅広い知識を求めて「陰陽調和料理」に興味を持つ。
陰陽調和料理の書籍を多数執筆していた梅崎和子先生に直談判し、福岡に招聘して講演会を開催。アレルギーのある子供を持つ母親を中心に50人以上が集まったことで、アトピーに苦しんでいる子供たちがたくさんいることを実感する。

マクロビオティックを極めるために大阪に移住、マクロビオテックの認定校でクシ・マクロビオティックを学ぶ中、植物性タンパク質として「麩」に注目。
「日本で最初のお麩の本」(電子書籍)の執筆、製麩工業会での講演、車麩の燻製「くんふ」の開発などを行う。

マクロビオティックを深めていく中で「白砂糖」の害についてこれまで以上に憂慮するようになり、より安全な甘味を求めて「甘酒」に出会う。

自然な甘さと高い栄養から、甘酒こそ究極の甘味料と確信し、甘酒を使ったスイーツの研究に着手。甘酒アイスクリームを開発し、自然食品店で販売をおこなう。

マクロビオティックと陰陽調和料理をベースにした植物性菓子・料理のすばらしさを一般の人にも知ってもらおうと考え、大阪府箕面市のレンタルスペース「くらしの杜」で週末ヴィーガンカフェ天使の時間の活動を2013年に夫婦でスタート。

甘酒、麩、豆乳、大豆ミート、高野豆腐などの植物性食材を使ったヴィーガンスイーツとヴィーガン料理を考案・提供し続けている。

(経歴)
クシマクロビオティック公式プログラム上級コース終了
陰陽調和料理中級コース終了


天使の時間のお料理&お菓子講座

天使の時間のヴィーガンお料理&スイーツ講座は、毎日のごはんやおやつ作りに悩むアレルギーっ子のお母さんのための講座です。

家族が一緒に食べられるヴィーガンお料理やスイーツを学べば、家族みんなに喜ばれ、自信がつくとともに、暮らしにゆとりが生まれ、充実感と楽しさのある人生が送れるようになりますよ。

毎日の「美味しい感動」をどうぞあなたもご一緒に。

<コース内容>

「今日から使える、活用率200%の、本当に習いたかった
ヴィーガン料理とお菓子のレッスン

ハンバーグやプリンなど、おなじみのお料理やスイーツをすべてヴィーガンで作れるようになる、今日から役立ってしかも一生もののコースです。

ヴィーガンお菓子コース
毎月1回×3ヶ月
33,000円(税込み)
1クール3ヶ月、1年で4クールあります
☆季節ごとのスイーツを、小麦粉、米粉、発酵(甘酒)等、ヴィーガンスイーツの基本をすべて学べるコースです

<1〜3月コース>

(1月)
ヴィーガンクッキー
(米粉・小麦粉)
(2月)
ヴィーガンスコーン
(米粉・小麦粉)
(3月)
ヴィーガンマフィン
(米粉・小麦粉)
(3月)
ヴィーガンマフィン
(米粉・小麦粉)

<4〜6月コース>

(4月)
いちごのムースとヴェリーヌ
(5月)
 ヴィーガンプリン
(カスタード・抹茶・甘酒)
(6月)
ヴィーガンチーズケーキ
(ベイクド・レア)
(6月)
ヴィーガンチーズケーキ
(ベイクド・レア)

<7〜9月コース>

(7月)
3種のヴィーガンゼリーとヴェリーヌ
(8月)
 ヴィーガンアイスクリームと
ソルベ
(9月)
ヴィーガン蒸しパン
(小麦粉・米粉)
(9月)
ヴィーガン蒸しパン
(小麦粉・米粉)

<10〜12月コース>

(10月)
ヴィーガン生チョコ(基本とバリエ)
(11月)
 ヴィーガンパウンドケーキ
(米粉・小麦粉)
(12月)
ヴィーガンガトーショコラ
(米粉・小麦粉)
(12月)
ヴィーガンガトーショコラ
(米粉・小麦粉)
ヴィーガンお料理コース
毎月1回×3ヶ月
33,000円(税込み)
1クール3ヶ月、1年で4クールあります
☆毎月、人気の定番メニュー+マクロビオティックをベースにした基本のヴィーガン料理がセットになったコースです。

<1〜3月コース>

(1月)
大豆のハンバーグ
(玄米ご飯、味噌汁、和え物)
(2月)
豆乳のクリームシチュー

(雑穀ご飯、煮物、サラダ)
(3月)
ヴィーガンオムライス
(サラダ、スープ、煮物)
(3月)
ヴィーガンオムライス
(サラダ、スープ、煮物)

<4〜6月コース>

(4月)
大豆ミートの唐揚げ
(豆ご飯、味噌汁、サラダ)
(5月)
ベジ牛丼
(雑穀ご飯、けんちん汁、和物)
(6月)
プラントベースのキーマカレー(玄米ご飯、サラダ、煮物)
(6月)
プラントベースのキーマカレー(玄米ご飯、サラダ、煮物)

<7〜9月コース>

(7月)
野菜たっぷりヴィーガンカレー
(玄米ご飯、サラダ、煮物)
(8月)
ベジギョーザ
(雑穀ご飯、煮物、スープ)
(9月)
豆乳のクリームコロッケ
(きのこご飯、サラダ、味噌汁)
(9月)
豆乳のクリームコロッケ
(きのこご飯、サラダ、味噌汁)

<10〜12月コース>

(10月)
ベジハヤシライス
(玄米ご飯、サラダ、煮物)
(11月)
豆乳グラタン
(炊込みピラフ、サラダ、スープ)
(12月)
ヴィーガンスパゲッティミートソース(煮物、和え物、味噌汁)
(12月)
ヴィーガンスパゲッティミートソース(煮物、和え物、味噌汁)
ちょっとお試ししてみたい人のための

<体験レッスン>

コースレッスンを検討されている方が対象の、オンラインレッスン&個別相談会。迷われている方のためのお試し体験レッスン。

「初めてのヴィーガン料理&スイーツ体験レッスン」
レッスン2時間 + 個別相談30分
5,500円(税込み)  
ヴィーガン料理とスイーツを同時に学べるマンツーマン体験レッスンです。
<レッスン2時間、コースレッスンの説明&面談30分>
<レッスンメニュー>
○重ね煮でつくる「揚げないカボチャのコロッケ」
○コロッケの具を使って、「カボチャのポタージュ」
○米粉の蒸しパン
(特典) 
・無料のレシピ動画 
・電子書籍「週1から始めるヴィーガン食」

「天使の時間 ヴィーガンお料理&お菓子講座」スタート記念キャンペーン

体験レッスン受講後、3日以内にコースレッスンを
お申込みいただいた方は、



レッスン料 11,000円×3回=33,000円(税込み)を
28,000円(税込み)にさせていただきます!

(ただし、こちらの価格は、レッスン風景やご感想を
SNSにあげさせていただける方。アンケートに
お答えいただける方に限ります。)

受講生様の声

H.Mさま

丁寧なレジュメもあり、大変分かりやすいレッスンでした。

今後とも宜しくお願い致します。


講座はパンの作り方だけでなく、色々なお話も聞けてとてもお得感がありました☺️

料理教室は今まで一度も行った事ないのですが、また機会あれば色々と受講したいと思いました。

E.Nさま

今日は 幸せで美味しいレッスンありがとうございました❤️

マクロビの事も学べて楽しかったです。

いい刺激と学びを頂けて本当に感謝しています。😊お料理だけじゃなく 座学もあったのが、すごく興味深かったです。

重ね煮ヘルシーなんで、しっかり学びたいと感じました。今日はお疲れ様でした❤️❤️❤️


H.Nさま

お世話になりましてありがとうございました 。
材料、道具のお知らせは分かりやすかったです。手作りは安心感がありますが、さらに今回のヴィーガン?は材料も拘ったもので、お砂糖の量も控え めなので、スイーツを食べても罪悪感がなく嬉しいです。最近、糖化が身体に好ましくないことが言わ れておりますが、天使の時間さんのスイーツ、お料理は、昨今の健康志向にマッチしていると思います。

H.Nさま

お世話になりましてありがとうございました 。
材料、道具のお知らせは分かりやすかったです。手作りは安心感がありますが、さらに今回のヴィーガン?は材料も拘ったもので、お砂糖の量も控え めなので、スイーツを食べても罪悪感がなく嬉しいです。最近、糖化が身体に好ましくないことが言わ れておりますが、天使の時間さんのスイーツ、お料理は、昨今の健康志向にマッチしていると思います。

私のこと、料理&お菓子教室のこと

私が、菜食の世界に最初に出会ったのは、久司道夫先生の「マクロビオティック食事法」という本でした。

今でこそ、「マクロビオティック」という言葉も、よく耳にするようになりましたが、当時はほぼ誰も知らない状態。レシピ本も、写真もない文字だけのものが1冊あるのみ。


料理はもちろん、スイーツなんて教えてくれるところはさらになく、ただひたすら、一般的な料理本を参考にして作る日々。

それでも、気づけば27年。

今では、当たり前に、マクロビオティックやヴィーガンという言葉が知られるようになりました。

27年前には、想像もしなかった世界です。

いつの間にか、私のライフワークのようになった植物性料理とお菓子の研究を、今後は、求めている方々に、お伝えしたいと思うようになりました。

天使の時間の教室スタイルは、 「家族みんなで、毎日食べられる美味しいヴィーガンな食事とおやつ」を作るスキルをお届けすること。 そこには、料理とお菓子の講座があり、お菓子の講座では、小麦粉を使ったもの、米粉を使ったもの、塩麹や甘酒などの発酵調味料まで、まるっと学べます。

「ワンストップクッキングラボ」

一箇所で、日々の「食べる」がすべて整う。
それが、天使の時間の特徴です。

世の中には、お料理教室、お菓子教室など、たくさんあります。
また、レシピ本や、今は、インターネットで無料のレシピもたくさん手に入る時代でもあります。
けれど、情報は多ければ多いほど、本当に自分の求めているものを探すのは至難の業。
お料理教室やお菓子教室も、すばらしく華々しいものや、手の込んだものが多かったりして、「そんなの自分にできるかな?」と思うこともしばしば。

日本には、伝統的な世界観として「ハレとケ」というものがあります。
「ハレ」の語源は「晴れ」で、折り目、節目を指す概念、つまり特別なもの。
対して「ケ」は普通の、または日常のもの。 かつては、ハレの日にはごちそうを食べ、ケの日は日常食を食べるというのが、当たり前のことでした。

近年は、日常的にごちそうを食べる傾向にありますが、それでも毎日毎日パーティー料理を食べることはありませんよね。
ところで、一年365日のうち、何日「ハレ」の日があるでしょう?
 

お誕生日、お正月、お盆、こどもの日、クリスマス、バレンタイン、父の日、母の日、敬老の日…など考えてみても、せいぜい20日もないのではないでしょうか?
たとえば、一年で20日が「ハレの日」だとすると、残りの345日は「ケの日」となります。つまり、人生のほとんどは「ケの日」なのです!

人生のほとんど毎日食べる食事のうち、そのほとんどが「ケの食事」。
だからこそ、私は、特別な料理やお菓子ではなく、日々の食事やおやつが大切だと考えるのです。

私は、プロの料理人でも、パティシエでもありませんし、特別な資格を持っているわけではありません。

これまでに、いくつものお料理教室で学んできましたが、一番、実践で作ったものは、特別な料理ではなく、今日すぐに作れるもの、また毎日の食事に使えるものでした。

だって、人生のほとんどは「ケの日」、つまり人生のほとんどは「日常食」を食べるのですから!

だから、私の講座は、特別なパーティーメニューとか、デコラティブなスイーツはあまりありません。

今すぐ使えて、毎日使える、一生もののレシピばかりです。
今日の献立、何にしよう?

今日のおやつ、何にしよう?

という悩みから、一生解放されませんか?
昨年のコロナ禍をきっかけに、オンラインレッスンが当たり前になってきました。
私自身、昨年からいくつものオンライン講座を受講しています。
もしこれがオンラインでなければ、おそらく受けていなかったことでしょう。
たとえば、教室が家から遠いというだけで、ハードルはかなりあがってしまいます。

家で受講できるのなら、受けてみようかな〜と気軽に申し込むことができました。
そして、実際に受講してみて分かったことは、

「レッスン直前まで家事や自分の用事ができる」

ということ!

これは目からウロコでした。何なら直前まで寝ていることだって、できるんですよ。

そこで、あたらめてオンラインレッスンのメリットについてまとめてみました。

・教室まで通わなくていいので、時間とお金の節約になる。

天候に関わらず(台風など)安心して受講できる。

・自分の使い慣れた道具や機材で調理できる。

・材料をはじめ、道具についての説明が対面レッスンより詳しい

レシピがPDFでもらえるので、好きな時に印刷できる。

・自宅なので、リラックスして受講できる。

受講後は、晩ご飯やおやつができあがっている

・受講後も、メールなどで質問ができる。



もう、対面レッスンでなくてもよいかも。
私が感じたのと同じ快適さを、ぜひあなたもご体験ください!
あなたとオンライン講座でお会いできるのを楽しみにしています。

西脇智子