ココで差が出る!転職面接のマナー!

  1. 「面接官は応募者のどこをチェックしているのか?」
  2. 「面接官の質問の意図は?」
  3. 「どう回答したらいい?」

面接会場に入る前

受付

待ち時間

入室~あいさつ

面接スタート

退室

面接もビジネスの場。
社会人として常識的に振る舞おう

受付での対応や控え室での態度も見られていると心得て!

面接のマナーを知らない、もしくは、知っていても実践できなければ、「社会人としての常識がない」と判断され、採用が遠のいてしまう可能性大。ここでは、知っておきたい面接のマナーを、会場到着から退室までのシーンごとに紹介します。

【面接会場に入る前】

・指定された時間の5~10分前に到着するようにしましょう。

・遅刻はもちろん早すぎる訪問も失礼に当たるので気をつけて。

・会場に入る前に身だしなみをチェックします。

・コートやマフラーを着用している場合は脱いで手に持ちましょう。

・携帯電話の電源は切っておきます。

・やむをえない事情で遅刻あるいは欠席する場合は必ず事前に電話で連絡を入れ、お詫びします。

【受付】


・面接会場に入った瞬間、面接は始まっているものと心得ましょう。

・背筋は伸ばし、顔は上げること。受付で一礼をし、名前と面接の約束がある旨を伝えます。

・その後は受付の人の指示に従います

【待ち時間】

・控え室などで待つように言われた場合は、入口近くの下座に座ります。

・待ち時間も油断は禁物。携帯電話を見たり、ほかの応募者とおしゃべりしたりせず、持参した応募書類のコピーを見直す、応募企業の資料を見るなど、静かに過ごしましょう。

・名前を呼ばれたら、「はい」と返事をして案内に従います。面接室で待つ場合は、面接官が入ってきたら椅子から立ち上がり、「○○と申します。本日はよろしくお願いします」とあいさつをして一礼します。

【入室~あいさつ】

・ドアを2~3回ノックして、中から「はい」「どうぞ」という返事があったら入室します。

・入室したらまず、面接官に「失礼します」と声をかけましょう。

・ドアを乱暴に閉めるのはNGです。

・両手でドアノブを持って静かに閉めます。

・ドアの前で、「○○と申します。本日はよろしくお願いします」と告げて一礼。

・用意された席の横に進みます。

・席の横にバッグを置いたら、「よろしくお願いします」と再度あいさつをし、一礼します。面接官に「どうぞ」と言われたら着席します。

面接スタート!

・面接中は面接官の目をしっかり見ながら話をします。目と目が合うと緊張してしまう場合は、首元を見るとよいでしょう。

・相手が聞き取りやすいよう、大きくはっきりとした声でゆっくり話しましょう。

・面接官が話している場合は、うなずく、相づちを打つなど、適度にリアクションを。

・話が盛り上がったとしてもタメ口は言語道断。尊敬語と謙譲語を正しく使って会話してください。

・座る姿勢にも注意が必要です。足を組む、貧乏ゆすりをする、背もたれによりかかるなど、いつものクセが出ないよう気をつけて。

・相手の話しを遮らないこと。また、質問されてから3秒以上黙らないこと。どちらも「コミュニケーション能力が低い人」と思われてしまいます。

・面接もビジネスの場です。「うんと~」「えっと~」「ハイハイハイ」等の子どもっぽい口癖はふさわしくありません。
口癖は自分では気づきにくいもの。
家族や友人を相手に面接の練習をして、録音したものを聞いてみるなどすると、自分の口癖がわかるでしょう。

【退室】

・面接が終わったら立ち上がり、「本日はありがとうございました。よろしくお願いします」と言って一礼。出口に向かいます。

・出口の前で振り返り、「失礼します」と告げて退室します。

・会場を出るまでが面接です。速やかに出口に向かい、受付に入館証などを返却する場合は「ありがとうございました」と声をかけるのを忘れずに。

面接のマナーを把握しておく。
しっかりと実践する。

それだけで「社会人としての信用や魅力が一段と上がります。

入室から退室まで気を抜かずに効果的な面談に持ち込みましょう!