転職考える前にこれを見ろ!
~どうしてあなたは転職したいの?~
「必ず聞かれること」
素朴な質問にあなたは答えられますか?
「あなたはどうして転職したいの?」
『あなたはどうして転職したいの?』
『どうして当社に入社したいの?』
『どうして当社に入社したいの?』

上記3点は採用する側にしてみれば
どうしても確認しておきたい重要な事柄

素朴な質問ほど的確に答えることは難しいものです。どのように説明すれば、あなたという人材を深く理解してもらい、魅力を感じてもらえるのでしょうか。

ここではその準備すべき考え方を説明していきます。
上記3点は採用する側にしてみれば
どうしても確認しておきたい重要な事柄

転職に向けた” 4つのテーマ ”

転職の本質を掘り下げよう。
「転職理由→志望動機」の一貫性が重要
面接は演技力のテストではない
正直に転職理由を語るためのアドバイス
正直に転職理由を語るためのアドバイス

テーマ①

転職の本質を掘り下げよう。

「あなたはどうして転職しようと思ったのか(なぜ前職を辞めようと思ったのか)」「どうしてこの会社に入社したいのか」これは転職に関する本質的な問題です。 この2つの疑問に的確に答えることができるなら、あなたの転職活動はかなり進んでいると言えるでしょう。
逆に、あやふやな答えしかできないとしたら、理想の転職を実現するために、もっと自分を深く掘り下げる必要があるかもしれません。2つの疑問をもう一度自分に素直に問いかけ、自分で納得できる答えに到達できるまで自問自答を繰り返してみてはいかがでしょうか。

テーマ②

「転職理由→志望動機」の
一貫性が重要

企業の人事部の方と話をしていてよく耳にするのは、「応募書類の退職理由と志望動機を見れば、どういう人物かだいたい分かる」ということです。

「本当に当社に入社したいという人は、退職理由と志望動機に一貫した流れがある。
どういう意欲を持っているか、どんな人柄かが自然に思い浮かぶ。逆に、退職理由と志望動機に矛盾があったり、つながりが薄かったりすると、『本当の退職理由は別にあるのではないか』『当社に入りたいというより、単に条件面で当社を選んだだけではないのか』と思ってしまう」というのです。

転職ノウハウとして学んだ「模範解答」を提出した場合、経験豊富な面接官は、ほとんど一発でそれが事実ではないことを見抜きます。誰にでもあてはまるようなあたりさわりのない文章なので、その人の人柄が伝わってこないという点も問題です。

テーマ③

面接は演技力のテスト
ではない。

仮に書類選考は模範解答で突破できたとしても、面接ではそうはいきません。外資系コンサルティング会社で採用担当を務め、現在経営コンサルタントの三谷宏治さんは、著書「観想力」(東洋経済新報社)で「面接官は記憶力と演技力のテストをしているわけではない。本当に当社に必要な人材かどうかを知りたいだけだ」と述べています。

模範解答を丸暗記して採用面接に臨み、いかにもっともらしく演じたとしても、面接官にはそれが本当のあなたでないことは分かります。そして、仮にあなたの記憶力と演技力が優れていて面接官を出し抜くことができたとしても、それでハッピーエンドになるとは限りません。企業は本当に必要な人材を得ることができず、あなたは自分の能力を正しく評価してもらうことができないかもしれないからです。

もしもそうしたミスマッチが生じてしまうと、双方にとって大きな損失になるのではないでしょうか。やはり「自分はなぜこの会社に転職したいのか?」をしっかり掘り下げ、自分で納得してからエントリーする必要があるでしょう。

テーマ④

正直に転職理由を
語るためのアドバイス

「正直に答えること」と「転職の理由を自分のアピールポイントにつなげること」が両立できる答え方について2つのアドバイスをしたいと思います。

▼「やりたい仕事をやるため」▼

具体的に「前職では実現できなかったが御社でなら実現できると思う働き方」のイメージがあるなら、それを面接官に説明しましょう。

ただし、「現職でそれが実現できなかった理由」を論理的・合理的に説明することも忘れないでください。「〇〇のような努力をしてきましたが、■■といった理由でどうしても実現できないとよく考えた結果転職を決意しました」といったことが面接官に説明しきれれば、立派な転職理由として理解してもらえるはずです。

▼「なりたい自分になるため」▼

「前職の会社のビジネスモデルに将来性が感じられなくなった」「前職のポジションに安住していては、自分の望むキャリアが築けないと思った」というのも、率直に語るべき立派な転職理由です。

例えば「もっとチームリーダー的な経験を積んで、将来はマネジメントの仕事がしたい。しかし、前職の会社規模ではそれは不可能だった」といった理由を理路整然と語ってください。

細部については個人差があるでしょうが、転職の理由は大きく分けて上記の2つになります。「家庭の事情」「前職の会社の事情」といった理由の場合、それは自分の自由意志ではありませんので、転職しなくてはならなかった事情を正直に話すべきでしょう。アピールポイントにはならないかもしれませんが、マイナス要因にもならないはずです。



転職サイトを活用する

ビズリーチ

リクナビNEXT

Forkwell Scout

【まとめ】
「本音と建前」の二元論は捨てること!

「どうして転職したいの?」という素朴な質問に、どうしたら的確に答えることができるのか。そのためには、自分をしっかり掘り下げ、自分で納得できる答えを見つける必要があるというお話をしてきました。

転職理由はポジティブなものが望ましいのですが、無理に事実をねじ曲げてポジティブな理由にするのではなく、「自分のポジティブな部分を見つけること」が必要だということも分かっていただけたのではないでしょうか。

「本音と建前」という言葉がありますが、転職活動では本音とその場しのぎな建前の使い分けはするべきではありません。上記で説明したように、あなたも企業も幸せになれないからです。

転職は入社がゴールではなく、入社してからが新しいスタートです。表現のしかたには十分配慮するとして、基本的にはできるだけ正直に自分を表現すること。そして、そういうあなたの姿勢を評価してくれる会社を選ぶことが最も重要ではないでしょうか。


少しでも転職のお手伝いができたら嬉しいです。

~どうしてあなたは転職したいの?~