今までの転職方法はあなたに合っていないかったかも

 一人の看護師が経験できる職場の数や、看護の分野は限られています。私達は、経験したことのない職場や分野の方が圧倒的に多いのです。ですから、自分がどの分野に向いているのか、どんな職場が合っているのかを自分で判断するには、判断材料が少ない方がほとんどです。
 経験年数の多いベテラン看護師は、経験も情報も豊富ですから、自分である程度自己分析ができており、自分に向いている職場も分ってきます。そんな方は、ハローワークや人材紹介会社から情報だけを得て自分で判断する形の就活でも大丈夫な方が多いです。
 でも、経験の浅い方や、転職経験の少ない方は要注意!その分野のナースから確かな情報を得て派遣や転職をしないと危険な事も。また、住み慣れた地域から離れて就活する方も、きちんと情報を得て就職しないと、失敗の元に!一般的なエージェントでは出していない情報も、私達ナースが運営するナースプロジェクトのネットワークにはあがってきています。特に東京の職場は数が多く、求人案件も多いですが、かなりクセのある職場が少なくありません。しかし、一般の検索サイトではそんな案件も普通な感じで掲載されており、そこから内情を知る事は出来ません。しかも、一般的なエージェントは全てを伝えてくれるわけではありません。クセのある職場ほどナースの入れ替わりが激しく、紹介会社にとってはお得意様ってこともあるのです。

では、どうしたらいいの?
新しい職場、最悪~!また転職だ~!
 一般的に、ナースの転職の相談は各都道府県のeナースセンターか人材紹介会社ですね。eナースセンターは、ベテラン看護師が仕事や転職の相談にのってくれる、ナースにとっては心強い味方です。ですが、ナースセンター所在地まで出向かなければならない、日中の時間に限られる、待遇交渉等のフォローはない、取り扱い案件が比較的少ない等、利便性では今一つ。しかも、公共機関ですから、求人案件の取り扱いは公平で、裏情報等の取り扱いが好ましくないのは想像できますね。
 一方人材紹介会社は、取扱案件が多く至れり尽くせり。おまけに情報豊かなサイトが充実しており、つい利用してみたくなります。しかし、コンサルタントのほとんどは看護師ではないため、仕事やキャリアの相談には今一つ。現場では、「何でこんな紹介をしたんだろう?」と思われるミスマッチ案件も珍しくありません。私は、若い看護師がミスマッチな紹介をされ大変な目に遭っている現場を何度も見てきました。特に派遣ではその頻度は多く見られます。やはりどんなに取扱案件が多くても、コンサルタントがナースの仕事を理解していなければ、ミスマッチ紹介のリスクは高く、ナースは転職を繰り返すことになってしまいます。これではいつまでたっても、キャリアアップも待遇UPも望めません。若い看護師ほど各職場や各分野の特徴、細かなナース目線の情報アドバイスを得てから新しい仕事先を決めることが、大切です。
 最近では人材紹介会社のサイトに看護師が書いたという情報も増えていますが公に書けることは限られています。私達ナースが自らサービスを提供しているのは、生の情報をナースからナースへきちんと届けることが大切だと考えているからです。

例えば、どんなミスマッチがあるの?
 比較的多いのは、介護施設での夜勤バイトのミスマッチです。若い看護師さんは、旅行や勉強の資金にアルバイトをする方が多いですが、その際、増えているのが派遣という選択。現在、派遣が認められているのは主に福祉分野なので、老人ホームの夜勤の案件が多く、派遣会社に勧められることも多いでしょう。老人ホーム夜勤は、殆どは看護師は一人で、医師はいません。かなりの部分を看護師が判断してやらなければならないのですが、そこに、看護師経験も浅く、介護分野未経験の方がよく派遣で紹介されてきます。しかし、その多くは続きません。数回でギブアップする方々もいます。この夜勤で若い看護師さん達がどんな思いをしたか、私には痛いほどよく分かります。その中には、仕事でミスをして、帰り際に事故報告書を書かねばならず、憔悴しきって帰る方もいます。もし、コンサルタントがナースの仕事をきちんと理解していれば、こんな派遣紹介はせず、あの若いナースさん達も、無駄な苦労をしなくてすんだはずです。
 また、ブランクがあった方が、いきなり採血や点滴等をするのは自信が持てず、その旨を伝えて派遣登録したにもかかわらず、いざ現場に行ってみると、普通に採血や点滴業務をしなければいけない現場だったという事も珍しくありません。
 あなたがミスマッチ紹介で犠牲者にならないために、コーディネーター選びは慎重にならなければなりません。
どこに相談すればいいの?
 やはり、各都道府県のeナースセンターは、看護師が相談にのっていたり就業フェアをしているので、ナースの強い味方です。看護の仕事の相談にきちんと対応できるのは看護師です。
 より気軽に相談したい、もっとサービスがあった方がいいという方には、厚生労働省認可の民間職業紹介所「ナースプロジェクト」がお勧めです。看護師が事業運営しており、ご相談は無料。利益優先でない紹介をしています。看護師の待遇改善に積極的に取り組むとともに、ミスマッチをなくし、ナースが生き生きと働ける環境作りを目指しています。勿論コンサルタントは経験豊富なナースで、看護各分野、助産師、保健師、看護教員等のアドバイザーも揃っています。メールやLINE@、facebook,スカイプ等、皆様の便利な手法でご相談にのっています。遠方の方は、ビデオ電話相談にも応じています。

ナースプロジェクトは助産師、保健師、看護教員、訪問看護、老人ホーム、デイサービス、訪問入浴等、各分野のアドバイザーがそろっています。仕事のご相談ならお任せください。

株式会社キタイエ
厚生労働大臣認可 許可番号11-ユー300542