カウンセラーの先生が好き。
これって陽性転移?

告白は有り?


タイトルに該当するようなお悩みや課題をお持ちの方が、少しでもご自身のお気持ちに向き合うための参考になったり、お気持ちがラクになっていただける手助けになることを願って、現役の心理カウンセラーがこのページを作成しています。


カウンセリングなどの現場では、クライアント様がカウンセラーに対して特別な感情を持つことは、よくあることで、「転移」と呼ばれています。元々の語源は、フロイトを中心とした精神分析の世界で、この特別な感情のことを転移と名付けられたのが始まりです。

転移は2種類に分けられます。

  • 陽性転移(ポジティブな感情、愛情や恋心など)
  • 陰性転移(ネガティブな感情、憎しみや嫌悪感など) 

この2種類の転移は、途中で入れ替わったり、というよりも、潜在的には陽性と陰性の両方の気持ちを持っていて、どちらが表に出ているか、という違いになります。


目次




転移の仕組みとカウンセリングへの影響

精神分析的には、転移は幼児期に接した誰か(養育者、主に父母、祖父母、兄弟姉妹など)への感情や態度の再現と言われています。
背景には、養育者に対する当時我慢せざるを得なかった精神的な欲求や課題があることが多いものです。

つまり、カウンセラーにとっては、転移を通して未解決な欲求や課題を把握できる可能性もあります。
そのため、転移をカウンセリングに利用することはあります。そこに解決の糸口がある場合が多いからです。
 

【 陽性転移と一時的な改善 】

カウンセラーに対してのポジティブな気持ち、陽性転移は一時的には疑似的な改善をもたらすこともありますし、クライアント様ご本人としては、気持ちの問題がかなり軽くなったようにお感じになるケースもあります。

しかし、カウンセリング初期に起きやすいこの現象は、残念ながら根本的な改善と呼べるものではありません。
カウンセラーとの関係に依存することで起きている可能性があり、カウンセラーとの関係の変化次第では、症状の出方が悪い方向に変わってしまう恐れもあるからです。
 

【 陰性転移とその弊害 】

陰性転移とは陽性転移の逆で、ネガティブな気持ちをカウンセラーに抱くことです。
「このカウンセラーは嫌い」「このカウンセラーが憎い」、という気持ちになります。
そのため、必要なカウンセリングも受けなくなる恐れがあるのが、一番の問題になります。 

本当に相性が悪い場合もありますので一概には言えませんが、このような場合には、クライアント様はネガティブな感情をカウンセラーに持っているというご自身のお気持ちに向き合ってみるのも良いと思っています。

なぜこのカウンセラーを嫌いと感じるのか、というお気持ちに向き合ってみるということです。
もちろん、カウンセラーを変える、ということも、有効な選択肢の一つだと思います。


陽性転移と恋愛の違い

陽性転移も広い意味では恋愛感情だと考えられています。
恋愛感情とは、特定の人に特別な好意を寄せることですから、陽性転移も恋愛感情で間違いないのです。
尊敬とか敬愛とかとは違った意味合いを含んだ感情だとクライアント様ご自身がお感じになるのであれば、それは恋愛感情だと思います。
ですので、あえて誤解を恐れずに表現すると、カウンセラーを好きになるのも当然有りだと思います。
 

【 相手が自分を傷つけない恋愛 】

ただし、気持ち自体はカウンセラー以外に恋するのと変わらないかもしれませんが、関係性という面で見ると、大きな違いがあります。

カウンセラーは仕事として対応しているので、クライアント様を不用意に傷つけたりしません。
陽性転移がその他の恋愛と一番違うポイントはここだと思います。

傷つけられるリスクが少ない関係は、特別な関係、と言えると思いますが、もし、過去に辛い経験を味わった人なら、傷つけられない関係の特別性はより重要なものに感じられるはずですし、今まで誰にも話せなかった過去の痛みや辛さを話せることも特別感を増大し、安心感を呼び起こすことにもなります。 

つまり、
「不用意に傷つけられない関係=特別な関係、安心感を与えてくれる人=好き」
という心の構造が、クライアント様から見たカウンセラーに対する感覚だと考えられます。

更に、この人がいつも側にいてくれたら、自分はもっとラクに生きられそう、という感情がクライアント様の無意識に芽生えることもあります。 

ですが、この過大な特別感や安心感は恋人や夫婦になった途端に消え去るかもしれません。カウンセラーも普段は普通の人間ですから、仕事を離れた私生活では、疲れた時には人の話を真剣に聴かなかったり、頼んだことを忘れたり、感情に任せて怒ったりなども、当然あるからです。


カウンセラーへの告白は有り?

気持ちを否定しないことが重要だと思います。
誰かに対して特別な気持ちを持つことは、恥ずかしいことやダメなこと、非難されることではないと思います。
カウンセラーを好きでいる権利がクライアント様にはありますし、カウンセラーを好きになることはダメなことではありません。
ですので、ご自分の気持ちを否定する必要は、まったく無いと思います。

行動は別にして、何を考えても、何を思っても大丈夫ですから、まずご自分の気持ち、カウンセラーを好きと感じているご自身のお気持ちを認めることが大切だと思います。
 

【 告白は有りか、無しか 】

私は、ある条件を満たしているのなら、告白は有りだと思っています。

その条件とは、次のどちらかに該当するときです。

  • ご自身の気持ちを認めて、それをカウンセラーにわかってほしいとき
  • 自分でも陽性転移を疑っているときや確信しているとき


ご自身で気持ちを認めるだけで、すっきりされるクライアント様もいらっしゃいます。
でも、認めた気持ちを誰かに聞いてほしい、とお感じになるのでしたら、カウンセラーに告白するのは有りだと思います。
というよりも、聞いてもらう相手として、カウンセラーが一番ふさわしいと思います。

告白されたカウンセラーが急に態度を変えて冷たくなってしまう、などということは、正しい教育を受け経験を積んだプロのカウンセラーならまず無いと考えてよいでしょう。

また、ご自分でも、これが陽性転移か、とお感じになるときも、1人で対処するよりもプロの力を借りた方が早いという面もあります。
ただし、告白するときには重要なポイントがあります。

それは、

  • 付き合うなどの実際的な行動を求めないこと

です。

カウンセラーがクライアント様と付き合うのは、リスクが高すぎます。
倫理上の問題、評判の問題、カウンセリングに及ぼす影響など、さまざまな問題が容易に考えられます。


逆転移とはカウンセラー側からの特別な感情

転移とは逆に、カウンセラーがクライアン様に抱く特別な感情は、逆転移と呼ばれています。
逆転移は、転移に応えるようにして起こることが多いものです。
陽性転移でも陰性転移でも、転移の表現に対するカウンセラーの感情反応が逆転移です。

【 逆転移は役立つか、邪魔になるか 】

転移は、広い意味ではクライアント様を理解するために役立ちます。
今までにどんな人間関係を築いてきたか、何を望んでいらっしゃるのかを知るキッカケになるからです。 

一方で、カウンセラー自身が転移を起こしているような逆転移は、カウンセリングの邪魔になってしまいます。
カウンセラーが転移を起こすとは、カウンセラー自身が過去に抱えていた感情をクライアント様に再現するということです。 

いずれにしても、転移や逆転移は無意識で起きるものなので、より早く気づき、適切な対応をすることが必要だと思います。
正しい教育を受けたカウンセラーは自己分析を通して自分自身の洞察をしっかりおこない、逆転移に早く気づけるように教育されています。


まとめ

  • 転移はクライアント様がカウンセラーに抱く特別な気持ちのこと
  • ポジティブな気持ちの転移は陽性転移、ネガティブな気持ちの転移は陰性転移
  • 転移は幼い頃の養育者への感情や態度の再現である可能性が高い
  • 陽性転移と普通の恋愛との違いは、過大な「特別感」と「安心感」のある関係性で起きているということ
  • 逆転移はカウンセラーからクライアント様への特別な気持ちのことで、カウンセリングの邪魔になる

 

【 カウンセラーを好きになったら 】

  • まずは自分の気持ちを否定せず認めること
  • 気持ちを認めてもすっきりしなければ、カウンセラーにどんな気持ちを持っているかを告白してもよい


特に恋愛に関しては、言うは易し、おこなうは難し、という面が多くあります。

また、現役のカウンセラーである私が、例えば「告白も有り」などと書くことは、それを望んでいるかのような誤解を招きかねないかもしれませんが、少しでもご自身のお気持ちに向き合うための参考になったり、お気持ちがラクになっていただける手助けになることを願って、あえて記載させていただきました。