退職代行を使うと親に電話が来る?最も安心な業者を紹介!

退職代行サービスを利用した場合に「親に電話がいってしまうのでは?」と不安に感じる方も多いと思います。

しかし、実際にはほとんどの場合は退職代行業者から「親に連絡しないように」伝えてもらうことができるので心配ありません。

退職代行サービスから親に連絡が行くことは一切ありません。

最も安心なところから順番で退職代行業者を紹介していきます。

1番親に電話が来る可能性が低い:退職代行SARABA

最も安心して任せられるのは退職代行SARABAです。

なぜならSARABAは1万件以上の豊富な実績があり、会社との交渉権のある労働組合の退職代行だからです。

1万件以上の退職を成功率100%でこなしているので「親に連絡しないように」させてきた実力があります。

さらに会社との交渉力もあるので親に連絡しないようにさせる説得力がでてきます。

サービス内容も業界No.1なのでどこにしようか迷った場合は退職代行SARABAに依頼すれば間違いありません。

退職代行SARABAに問い合わせてみました

会社にはご両親に連絡しないようにお伝えいたしますので

ほとんどの会社はそのように対応していただけます。

強制力はないため、会社によっては連絡をする場合があります。そのため100%連絡がこないようにするのは難しいです。

そのほかの退職代行サービスにも親に電話が来るか確認を取ってみました

退職代行ニコイチ

ご安心ください、当社にご依頼をされる方のほとんどが自分に電話がこないようにして欲しい!実家や緊急連絡先に連絡がいかないようにして欲しい!家に来ないようにして欲しい!と要望されますので、対応可能です。
しかし、履歴書に連絡先を記入されている場合は担当者の方が間違えて連絡をしてしまうこともありますから100%防ぐことはできません、多少のリスクはご了承ください。

男の退職代行

会社側にはご両親へ連絡しないようにお伝えしますので連絡されることはほとんどありません。
ただし、確実にそうしてもらえるかは会社側の判断になりますので、お約束できない点はご了承ください。

退職代行EXIT

ご本人への連絡と同様、ご両親には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。
ただし、絶対に親に連絡がいかないというお約束は出来ません。

男の退職代行

会社側にはご両親へ連絡しないようにお伝えしますので連絡されることはほとんどありません。
ただし、確実にそうしてもらえるかは会社側の判断になりますので、お約束できない点はご了承ください。
各社とも「連絡しないように伝えるが、強制力はない」という回答ですね。

各社同じなのであれば、実績豊富で会社との交渉力のある退職代行SARABAに依頼することをオススメします。

親に連絡が来る可能性が低いのはなぜ?

親が企業の味方とは限らない

会社としても親に電話をしても親が会社の味方をしてくれるかわからないので実際のところ電話はしづらいです。

依頼者側は無条件に怯えてしまっていますが「親に電話をしたら会社に文句を言われるのでは?」と会社側も同じように怯えています。

ブラック企業ほど親に電話はしづらいと考えてよいでしょう。

退職代行サービスが間に入って連絡してくれるので親に電話する必要がない

依頼者と全く連絡が取れない場合は会社も止むを得ず親に連絡しますが
退職代行サービスが間に入ってくれる場合は必要なやりとりが行われるので親に連絡をする必要がありません。

会社側も意味もなく親に電話する可能性はかなり低いです。

親の電話番号が変わっている場合もある

入社時に緊急連絡先として親の番号を記入しているかもしれませんが時間が経っていれば親の連絡先が変わっている可能性もあります。

また、知らない番号からの着信には親も反応しない可能性も高いです。

親に電話するのは会社としても勇気がいる

従業員に対しては会社側は主従関係と捉えている場合もありますが
従業員の親となると丁重に扱う対象となります。

退職代行サービスから「連絡しないように」と言われているにも関わらず、押し切って連絡するにはハードルが高いと考えられます。

そもそも従業員の退職をそれほど重視していない

会社にもよりますが、そもそも従業員1人辞めたところでそれほど気に留めていない場合も多いです。

退職代行サービスと連絡が取れているにも関わらずわざわざ親に連絡をして文句を言ったりするような企業は極めて少ないと言えます。

例外的に親に電話が来るケースとは?

なかなか連絡が取れないケース

退職の手続きなどで連絡する必要があるにも関わらずなかなか連絡が取れない場合は会社も止むを得ず親に電話してしまいます。

必要な連絡については退職代行サービスが仲介してくれるので返信の速い退職代行SARABAを利用すれば心配は無くなります。

単なる嫌がらせ

非常に稀なケースなので心配はいりませんが意地悪な上司などが会社を辞めた腹いせに嫌がらせで親に電話するケースも考えられます。

親に電話をされたとしても、「辞めていない」で突き通すか

または、このような対応をする会社はブラックな場合が多いので話せば親もわかってくれるでかもしれません。

どちらにせよほんとんどありえないケースです。

親に確認する事項がある

親に確認する事項があり電話をするケースも考えられますが

連絡に関しては全て退職代行サービスを通してもらうことができるので親にか買う人する事項

であっても退職代行サービスを通してご自身にまず連絡が来るように指定しておきましょう。

親と会社の上司が知り合い

これも稀なケースですが

親と会社の上司などが繋がっている場合は連絡が行ってしまうのは仕方がありません。

この場合は隠そうとするのではなく、事前に親に相談しておいたほうが傷口が浅いかもしれません。

間違い電話

これも稀なケースですが

会社側が親の連絡先に間違って電話してしまう可能性もゼロではありません。

しかし、これはどうしようもないので考える必要はありません。

退職関連の書類を親が見てしまう

電話が行くわけではないですが

せっかくうまく会社は親に連絡をしなくても実家暮らしの場合

会社から送られてきた退職関連書類を親が見てしまう可能性があります。

退職成功後、必要な書類が揃うまでは注意するようにしましょう。

転職先が親に電話するケース

これも稀なケースですが

転職先が連絡先確認のため提出した親の連絡先に電話する可能性も考えられます。

もう転職も決まっているので親に知れても問題ないかも知れません。

親に電話されてしまう可能性を極力下げるには?

信頼できる退職代行サービスを利用する

まずは、安心できる退職代行サービスに依頼することが大切です。

実績が多数で会社との交渉もでき、退職成功率100%の退職代行SARABAが一番信頼できます。

親に電話が行く可能性を下げる最も有効な方法は退職代行SARABAを利用することだと言えるでしょう。

退職代行サービスからの連絡にはすぐに返事をする

退職代行SARABAに仲介してもらっていてもいつまでも連絡を返さなければ会社側も親に電話せざるを得ません。

SARABAからの連絡には常にアンテナを立ててすぐに対応するようにしましょう。

親に電話しないよう強く言ってもらう

退通常のサービスとして「親に電話しないように」伝えてもらうことは可能ですが

どうしても連絡して欲しくない場合は、強く言ってもらうよう再度伝えておきましょう。

もちろん強制力はありませんが、親に電話が行く可能性を極力減らすことができます。

結論:まずはSARABAに無料相談しよう

親に電話が行かないようにして退職代行を成功させるには退職代行SARABAに依頼することが最も重要です。

しかし不安を拭いきれない方もいると思うので、LINEで相談してみることをオススメします。
相談は回数無制限で無料です。

実際にSARABAの信頼できるスタッフの方に聞いてみると安心できることは間違いありません。

相談をしても利用を強要されることはないですし
24時間いつでもすぐに返事が返ってくるのでまずは気軽に相談してみて下さい。