JMAMロゴ
オンライン研修
(公開セミナー)

  
オンライン研修(公開セミナー)
  
  
   

受講者同士の交流で学びを深めるオンライン研修

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う「緊急事態宣言」が解除されたものの、
「しばらくは集合研修の実施が難しい」「在宅勤務やリモートワーク、
多様な働き方に合わせて研修計画をしたい」という声が増えてきています。
そのようなニーズに応えるべく、JMAMは学びの目的に応じて
「Web通信教育を活用した約1ヶ月間の分散型学習」と
「1日で完結する集中型学習」のオンライン研修(公開セミナー)を
新たにスタートします。
いずれも、テクノロジーを活用した学び方を盛り込みつつも、受講者同士の交流で学びを深める
「対話(双方向のコミュニケーション)」を重視した内容となっています。

JMAMのオンライン研修(公開セミナー)は対話型を重視します

JMAMのオンライン研修(公開セミナー)は
受講者同士の交流で学びを深める
「対話型」を重視します

詳しくはこちら

   

With/Afterコロナ時代に生じる変化

  • ネットワーク型の組織や働き方が増える

    ネットワーク型
    組織や働き方が増える

  • 1人ひとりが成長をデザインする

    1人ひとりが
    成長をデザインする

  • ネットワーク型の組織や働き方が増える

    問いを立て
    経験から学んでいく

一人ひとりが将来のありたい姿を描き、
他者や経験を通じて学び、成長していく時代へ

研修のオンライン化は今後確実に進んでいく

「研修のオンライン化」についての取り組み・検討状況
「研修のオンライン化」についての取り組み・検討状況

JMAMがおこなった「研修のオンライン化に関するアンケート調査」結果においても、回答企業の 85.1% がオンライン研修の実施や取り組みを検討中と回答しています。新型コロナウイルスの感染リスク対応は引き続きおこなう必要もあり、Withコロナ・Afterコロナ時代において新しい研修スタイルが多くの企業で検討されている実態が明らかになりました。

「集合研修のオンライン化」にありがちな落とし穴

「集合研修のオンライン化」にありがちな落とし穴

ハブリッド型の研修スタイルへ

「アナログ」と「デジタル」の良さを融合した研修スタイルが主流へ

今後、在宅勤務やリモートワークの環境整備・推進が加速することにより、従来のような物理的な距離や場所に制限のある研修スタイル重視の考え方が見直され、テクノロジーを活用した新しい学び方が多く生まれてきます。一方で、体験型のワークショップや対面で語り合うなど、集まるからこそ深い学びにつながっている部分があるのも事実です。オンライン研修の実施にあたっては、テーマや目的に応じて「集合研修」「オンライン研修」「融合型研修(ハイブリッド)」を上手に使い分けることが大切といえます。

   

中原淳(なかはら じゅん)氏

緊急特集 Withコロナ時代のオンライン教育・テレワーク

学びは、決してとめてはいけない!「オンライン研修」のあり方と成功の鍵

中原淳(なかはら じゅん)氏 /
立教大学経営学部教授

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業が研修の延期や中止、計画の見直しを行っている。
先が見えない状況が続くなか、企業内研修はどうあるべきか。オンライン化はどう進めていけばよいのか。
※本記事はJMAM HRM 倶楽部のWeb限定連載記事となります

   

JMAMのオンライン研修とは

JMAMのオンライン研修(公開セミナー)は、学びの目的に応じて
「1Month(分散型学習)」と「1Day(集中型学習)」の2種類を用意しています。
またどちらのオンライン研修(公開セミナー)も、テクノロジーを活用した学び方を盛り込みつつも、
受講者同士の交流で学びを深める「対話(双方向のコミュニケーション)」を重視した内容となっています。

2つのパターンを用意

1Month Online

分散型学習

段階的に学習テーマの理解度を高める

1Month Online 分散型学習

1Day Online

集中型学習

短時間で学習テーマのポイントを学ぶ

1Day Online 集中型学習

どちらのオンライン研修(公開セミナー)でも
受講者同士の交流で学びを深める「対話型」を重視します

オンラインによる対話の特性

メタ認知性

フラット性

越境性時空間

  • メタ認知性

    画面の中に自分がいることで、自分を外において俯瞰的に世界を観ることができる感覚ができ、内省モードで話をすることがしやすい。また、相手と目線が合わないので、1on1にフォーカスせずにいられる。

  • フラット性

    等分に括られた画面にフラットに存在している感覚になるため、上司・部下、本社・現場、年長・年下等のランクが生まれにくい普段は口に出しにくい問題も取り上げやすくなる。

  • 越境性時空間

    離れた場所の人同士がオンラインで即つながるので、組織や企業間の壁も越えて参加しやすく、多様な価値観や考え方に触れられる

位置付け

位置付け

「JMAM オンライン カンファレンスon Zoom」田原氏の投影資料をもとに作成

特徴

特徴け

※プログラムの構成内容や開始時期は変更となる場合があります

実施方法

実施方法

   

人事・教育担当者むけコース

オンライン研修の企画・設計スキルを身につける

人事・教育担当者むけに、オンラインにおける対話テクノロジーである
「①メタ認知性(俯瞰的にものごとを観る)」「②フラット性(上下関係等に拘らない)」「③越境性(時間や空間の)」と いった特長を理解・体感し、自社のオンライン研修の企画・設計に
反映していくためのトレーニングコースを 用意しております。

<新しい学びと創造を促進するサイクル>

<新しい学びと創造を促進するサイクル

オンライン研修の企画・設計・運用セミナー

  • ベーシック
  • ・オンライン研修を<企画>するための基本的な考え方を身につける

       

    ・オンラインを活用した新しい学びの本質を体感・体験する

  • アドバンス
  • ・新しい学びを実現するための「型」に沿って、自社のオンライン研修を
    <設計>する(※型:学びと創造を促進するサイクル)

  • プロフェッショナル
  • ・設計したオンライン研修の講師を効果的に務めるために、
    <ファシリテーション>の実践スキルを理論とワークで体得する

※アドバンス、プロフェッショナルは、順次開講していきます

ベーシック 2020年9月4日(金)開催

日本能率協会マネジメントセンター