適材適所研究所 お問い合わせ:tekizaitekisho1728@gmail.com
《これから大人になる子どもたちが身に付けておきたい3つのチカラ》

*正解よりも最適解を考える癖がついている…情報編集力
*何かに1万時間夢中になった経験をしている…没頭力
*自分の強み、やりたいこと、繋がりたい人が明確である…プレゼン力

「大人になった時に困らないように」と願うなら
登校を嫌がる子を促すよりも
将来につながることに力を注ぎませんか?
適材適所研究所が目指すもの
社会福祉士
小畑 彩(おばた あや)


私はこれまで、小・中学性の発達障害や不登校、貧困、虐待、少年非行等に向き合う仕事を経験してきました。大阪府職員(社会福祉職)を辞めて独立したのは2016年12月です。

義務教育期間の子どもたちをサポートする法律や制度はいくつかあり、本来はそれを活用するのが一番いいと思います。

ただ、子どもの課題の多様性や緊急度に制度が追いついていないものが多いですし、手続きがわかりにくかったり、条件があったり、利用までのハードルが高いのも難点です。

例えば私が学童保育の指導員をしていた時に、発達障害の診断を受けている小学2年生のお子さんが不登校になりました。その子はお母さんと2人暮らしで、お母さんには仕事があるため、小さなその子が平日の昼間に一人で家にいなければいけなくなりました。

学校との関係は良好とは言えず、社会資源(助けてくれる人や場所)の情報を提供してもらうことはできませんでした。

私も保護者と協力して情報を集め、あらゆるサポート機関に「助けてほしい」とお願いに行きましたが「申請が通るのは早くても2ヶ月後」「前月に立てた予定通りでないと無理」「療育手帳を持つ子は対象外」などと言われました。民間のサービスは家計を逼迫するほど高額でした。

他にも様々なエピソードがありますが、私が自身の経験から学んだことは

ーーーーーーーーーーーーーーー

*計画から実施までのスピードが速く、柔軟な個別支援が必要であること

*保護者指導(強い言葉で責める)だけで何も提案できない専門職が一定数おり、それによって子どもの課題を抱え込んでしまう親(お母さん)が多いこと

*「子どものため」と言いながら実際はそうでないことも多いので、一人の子どもに関わる大人同士の価値観の擦り合わせは必須であること

ーーーーーーーーーーーーーーー

既存の制度やサービスではどうにもならなくて悩んでおられる保護者の方。

親戚や友人がしんどそうにしている状況をご存知の方。

ぜひ一度ご連絡ください。

適材適所研究所 事業内容

個別相談
お子さんの現状、課題・困りごとの整理、今後の支援についてお話しましょう。学校の成績や評価とは違う観点で、お子さんの強みや学校生活がしんどくなりやすいポイントを分析し、お伝えさせていただきます。
初回相談は保護者のみで来所されるケースが多いです。

相談料金 5400円/90分

※出張相談をご希望の場合は、大阪メトロ『阿波座(あわざ)』駅からの実費交通費と、カフェ等での飲食代が別途必要となります。

親子レスパイト
レスパイトとは、『休息』や『息抜き』のことです。

お子さんが不登校になると家の中で親子一緒に過ごす時間が長くなり、息がつまってしまいますよね。

家庭訪問もしくは当事務所への通所という形で、お子さんと私が一緒に過ごす時間をもち、お母さんはその間に美容院へ行ったり、カフェでゆっくり本を読んだりする時間ができます。

一方、定期的にお子さんとお会いし、話し相手・遊び相手をしながら信頼を築くことで、今後の話をしやすい関係になって相談を受けることもあります。

お子さん自身の要望があれば、学習支援も可能です。

料金 5400円/1回2時間程度(応相談)

※個別相談にてお話させて頂いた方が対象となります。レスパイトの単発利用はできません。


ママの涙を笑顔に変える!心の育て方講座(計4回の連続講座)
毎日やっていることは褒められない。だけど子どもに何かあると「親の頑張りが足らない」と言われてしまう。

周囲から心ない言葉を向けられるたびに泣きたくなる。

そんなお母さんはとても多いです。

毎回誰かに相談することで、気が紛れる部分はあるかもしれません。ただ、心はどんどん疲弊してしまいます。

目の前で起きていることをどう捉えればいいか、一緒に学びませんか?

1回の講座では効果が3日も持たないので、学んできたことが定着していることを実感していただけるよう、連続講座になっています。(各回の内容は独立していますので、①から順番に受けなくても大丈夫です)

①わたしと子ども
②わたしとパートナー
③わたしとわたしの親
④わたしと社会(仕事やママ友)

受講料 各回3000円(再受講2000円)


【NEW】夫婦で聞く講座
ー子どもが「学校に行きたくない」と言ったらー
お子さんが不登校になった場合、日々の対応をメインで担うのはお母さんというケースが多いです。

お母さんと私でお話をすると「夫にも同じ話をしてほしい」「夫と子どもが話をしてくれたらいいのに」という声をお聞きします。

共感を大事にしたいお母さんと、実際にどんな対応をすればいいか知りたいお父さんが一緒に受けられる講座です。

ご夫婦の目線合わせをすることはお子さんにとってもプラスになりますので、ぜひご受講ください。

受講料/4000円(再受講3000円)


ストレングス・ファインダ−
100人プロジェクト

世の中には2種類の大人がいます。

◎自分や相手の短所に目を向け、不満を抱えながら生きている大人

◎自分らしさを実感しながら、人生を楽しんでいる大人

前者の大人ばかり見ている子どもたちに「夢を持て」というのは無理な話です。後者の面白い大人が繋がって、子どもたちの可能性を伸ばせたら最高に面白いなと思っています!

その第一歩が「ストレングス・ファインダー100人プロジェクト」です。34ある資質の中からその人の強みTOP5を出して、仲間と共有することで自分らしさを突き詰めていくことができます。

お子さんと関わりの深い保護者や専門職だけでなく、いろんな業界で働く人たちに強み診断テストを受けていただき、横のつながりを作っていきます!

ストレングスファインダー2.0に関する情報はこちら

  私のストレングス・ファインダーTOP5

「子どもの心が回復するまで」といった測定しづらい基準は設けません。課題と見通しを明確にした上で、行動分析などの手法を用いて、今やることに落とし込んでいきます。

一見関連のない2つのものを組み合わせて、誰もやったことないことをするとワクワクします♪楽しい失敗は大歓迎です。また次の手を考えます。

大前提として、この世に2人として同じお母さん(お子さん)はいません。自然に対応を変えているのでお子さんに気づかれることはほぼありませんが、画一的な対応をしないのが強みだと思っています。

興味をもったテーマをとことん学ぶのが大好きです。新しい本を月に30冊読めたら幸せです。学んだことを、相手に伝わるようにお伝えする工夫は苦になりません。

「点数が足りない子」「頑張っても伸びない子」というのは単なる大人のジャッジです。その子が本来もった強みを、100点と言わず400点ぐらいに伸ばすのが得意です!

今後のスケジュール 
(更新日2019/3/5)


個別相談・・・随時
(お申し込みフォームにスケジュールを載せております)

ーーーーーーーーーーーーーーー

3月20日(月)13:00〜 
ワクワク生きる大人のための
ストレングス研究会

子育てや仕事に
ストレングスファインダーのTOP5を
活かすにはどうしたらいいの?
参加者からフィードバックをします。

【場所】適材適所研究所(人数により変更あり)

【定員】3名

【参加費】2000円

アクセス

大阪メトロ中央線・千日前線『阿波座』駅
2番出口より徒歩4分

大阪メトロ御堂筋線・中央線・四ツ橋線『本町』駅
23番出口より徒歩10分