高精度&光の乱反射を防止する黒色の表面処理
「低温黒色クロム」処理

・乱反射防止に強い
・薄膜で精密部品に最適
・ムラがない均一な仕上がり

”黒色表面処理”でこんなお悩みありませんか?


そのお悩み「低温黒色クロム処理」で解決します!!


低温黒色クロム処理とは、対象の母材に対して合金のような黒色の金属の表面を作り出す特殊な表面処理技術です。
技術的には電気めっきに近く、通常の化学反応とは異なる0℃以下の環境で電気化学反応を起こさせ、約Ф1μm以下のセラミック状クローム微粒子を析出させます。
非常に薄膜で、更に各種樹脂等との複合皮膜生成により、従来の「黒染め」や「めっき」では果たせなかった機能をもたせることができます。

(右:低温黒色クロム処理時の表面写真)
NEW

PDFパンフレット ダウンロード

下記のパンフレット(2種)では「低温黒色クロム処理」をはじめ、「亜鉛黒」「黒色アルマイト」など、黒色の表面処理についてご紹介しています。

【黒の実現パフレット】
「低温黒色クロム処理」をはじめ、三光製作で処理が可能な黒色の表面処理一覧をご紹介しています。

【新タイプ 低温黒色クロム処理(SHタイプ)専用パンフレット】
従来の低温黒色クロム処理と比べ、硬度や耐食性に優れたタイプとなっています。

パンフレットのダウンロードは、下記のリンクよりフォームに必要事項をご入力いただき、送信完了後、自動返信メール内に資料ダウンロード用のURLが表示されます。

三光製作の「低温黒色クロム処理」5つのポイント

  • 1.ムラなく均一な仕上がり
  • 2.可視光~赤外領域まで対応できる高いハレーション効果
  • 3.薄膜で精密部品でも使用可能
  • 4.高い硬度を実現!※硬度6H相当(当社調べ)
  • 5.高耐食性を実現!
  • 2.可視光~赤外領域まで対応できる高いハレーション効果

光産業で注目を集めている「近赤外光」を活用した
分析・装置にも活用でき開発の可能性を広げます。

鉄、アルミ、真鍮、SUS、銅などにも処理が可能!!

・光沢度5%以下を実現

・硬度6H以上を実現
・塩水噴霧試験1000h以上を実現
・CASS試験500h以上を実現
・キセノンランプ200h退色なし
※材質や基材の表面状態で異なります

全4タイプで様々な材質に対応!!

RoHS対応/皮膜性能の詳細は、お気軽にお問合せください
BLタイプ
<色調>黒色・艶消し
<膜厚>1μm以下
Hタイプ
<色調>黒色・艶消し
<膜厚>3~5μm
屋内使用にオススメです!
Fタイプ
<色調>暗灰色・艶消し
<膜厚>10~15μm
SHタイプ
<色調>黒色・艶消し
<膜厚>5~8μm
新登場!
屋内使用にオススメです!!
SHタイプ
<色調>黒色・艶消し
<膜厚>5~8μm
新登場!
屋内使用にオススメです!!

お取り扱い事例

フランジ【光学装置】
困りごと 精度部品であり、薄膜かつ耐食性が比較的あり、乱反射防止機能を求めていた。
低温黒色クロムで
処理したら
薄膜、均一でムラのない皮膜を低温黒色クロム処理で実現し、耐食性スペックをクリア!
低温黒色クロムで
処理したら
薄膜、均一でムラのない皮膜を低温黒色クロム処理で実現し、耐食性スペックをクリア!
ギア【光学装置】
困りごと 黒染めで行っていたが、耐食性が悪かったため、ほかの黒色の処理を探していた。
低温黒色クロムで
処理したら
黒染め以上の耐食性を実現!
低温黒色クロムで
処理したら
黒染め以上の耐食性を実現!

「低温黒色クロム処理」についてのお問合せはこちら

「素材は〇〇に処理は可能ですか?」などお気軽にご相談ください