企業が率先して
家族を支え
介護離職を止める!

核家族化の中、明るい介護ができず
悩まれているご家庭があります。

社内にそんな社員さんが居られる可能性があります。
みんな初めての体験に戸惑っているのです。

生産性を上げ、企業の発展を続けるためには、従業員だけのケアだけでなく、その従業員を支える家族にまで想いを馳せて支援する時代になりました。

認知症による家庭内のトラブルを話す事ができず、悩みながら働いている従業員の存在にお気づきですか?
義理の親を含む「親」の介護問題を会社に直接相談できずに苦しみ悩む人は日本の就業者数(6357万人)の内、5人に1人が隠れ介護者
実際に転勤の内示をした際に、はじめて「実は親の介護で移動できない・・・」という言葉を聞く事例が増えてきています。
そして我が国の超高齢化に伴って、その数は更に増加をしています。

親の介護問題は伴侶が亡くなったり、80歳の声を聞いた時などに急に来ることが多いので従業員本人も身構えていなかったことが多いのです。

みんなで支え合って行う介護が理想ですが、一人で抱え込んでしまい、うつに移行してしまうケースもあります。最悪の場合は介護離職になってしまいますが、その前に、企業としてサポート出来ることがあるのです。

大切な従業員を失わないために、攻めの視点で雇止め対策をする必要があります。

超高齢化の本質的な問題は、人口減少による労働人口の減少です。そしてこれは長期間、ほぼ確実に続くことが予想できます。
今、その対策を講じることは企業発展のキーワードになります。
「介護で困っている人はいますか?」「しまい忘れで困っているなら便利なグッズをレンタルしますよ」会社がこれだけの事を従業員に伝えるだけでも介護で悩んでいる人にとっては明報なのです。

POINT
IoT機器の活用

ご提案内容 2つのIoT機器とサポートノウハウ

2つのIoT機器を活用して、家族と高齢者をサポートできます。
1.しまい忘れ・もの盗られ妄想対策に小型電波発信機を活用
2.お年寄りとのコミュニケーション頻度を保つための連絡方法に「連絡ボタン」を活用

便利な機器と経験に基づいたバックアップ体性で、働き盛りの社員の方の憂いを無くします。

1.しまい忘れ・もの盗られ妄想による家族の心理的トラブルを解消します。
目指すのは”明るい介護”です

なぜなら
もの盗られ妄想の被害者は「身近な人」つまり”お嫁さん”になる事が多いのです。

認知症の中核症状としてよく見られる、しまい込み→物盗られ妄想。

特に通帳や貴重品を「大切なものだからしまっておかなければ」としまい込んだものの、本人はしまい込んだことを忘れてしまい、その状態を理解する事が出来なくなった結果、「無くなった!」「盗られた!」と大騒ぎする現象です。
女性の高齢者に多く見られ、はじめての認知症の介護になった家族は驚く事になります。

物盗られ妄想は妄想の中でも特に起きやすく、頻度もかなり多いことから家族の心を疲弊させてしまう事になり、介護生活において大きな問題です。
何故なら比較的認知症の初期段階に起こるものであり、そこで人間関係を壊してしまうことにより、その後の介護生活が長く苦痛なものになってしまうからです。

明るい介護を目指していても周りが心理的にそれをできなくなってしまう事は悲劇です。

なくした物が出てくればそれでおさまる妄想ですから、周囲の人はあまり深刻にならず、疑われている介護者が疲弊しないように、心理的な支援をすることが大事です。
こういう妄想は、時期が来れば自然に見られなくなります。

では、それまでの間を”どうするのか?”
その答えは“もの探しの苦労を軽減できる機器の活用”です。

こんな風に余裕が持てます。

2.お年寄りの連絡方法に「連絡ボタン」を活用
高齢になってくると日常生活の中で困った事が増えてきます。

社員を支える介護離職防止方法
IoTを活用して問題の軽減化と孤立を防止します

小型発信器を社員に提供して家族に安心感のサポートをします。

1.探し物をするのは面倒でやるせない気持ちになります。
ましてや出勤前や忙しい時にその作業に巻き込まれることは苦痛です。
しかも自分に疑いの目を向けられながらなどという状況はなかなか気持ちの整理がつきません。
事前に無くしそうなものに小型の電波発信機を貼付けておけば、ご家族のスマホから財布や通帳につけた発信機の在処を探る事ができます。
電波発信機はビーコンと言い、家族のスマホに専用アプリを入れることで簡単に探し出す事ができます。
ボタン電池の交換は必要ですが通信費などはかからず、ずっと使い続けることができます。
2.連絡ボタンは高齢者の方にとっては「時間に気兼ねなく連絡できる」というメリットがあり、家族にとっては「手が空いた時に連絡できる」というメリットがあります。
これらを企業が社員に貸し出せる制度を実施し、「明るい介護を支援する姿勢」を示します。

社内告知用フォームの作成

必要により社員さんへの告知文(ワード)や貸出票(エクセル)など、施策を実施される際に必要なフォーマットをご用意します。
誰がどの発信機を持っているのかの管理も必要に応じて行います。
ビーコンの発注は1セット/2個でお申し込みがある際に都度ご発注も可能です(要配送料)。
最低限のコストで会社が率先して「介護問題に対応している意気込み」を示す事ができます。
これをスタートに社員さんの介護生活者のカミングアウトに繫げられれば暖かい職場に繋がります。
また、認知症の中核症状は個人によって様々です。例えば”ひっきりなしに息子に電話をかけてしまう”など一過性であっても周りが大変な思いをするような事にも対応できるのが2番の連絡ボタンです。これは単なる道具で解決するものではなく、介護度の進行度合いによって状況や対応が変わりますが「猫の手コミュニケーションズ」という組織の参加メンバーによって柔軟に対応させていただきます。
これをきっかけにご相談ください。

電話サポート受付

高齢になればなるほど「昨日出来ていたことが、今日出来なくなる」「理解できていたことが、段々おっくうになってくる」という変化があります。
1.しまい忘れ・もの盗られ妄想での様々な問題は複雑です。
例えばビーコンを財布に入れて財布が発見できるようになったら、今度はエアコンのリモコンがなくなるようになった。
という具合に現象が変化することもあります。
当社では3年に渡る経験から、ビーコンの使い方のご相談は勿論のこと、介護家族の方へのアドバイスも行なう事によって直接家人の心に寄り添い、複雑な問題のとらまえ方をサポートしていきます。
2.連絡ボタンを押された際の対応者として介護家族の方のご要望により当社の在宅スタッフも参加が可能です。
ご家族の方を含めた「人をひとりぼっちにしない」体制が確立できます。
また産業カウンセラーさんがおられる企業様でしたら、産業カウンセラーさんとの連携も行えます。

電話サポート受付

高齢になればなるほど「昨日出来ていたことが、今日出来なくなる」「理解できていたことが、段々おっくうになってくる」という変化があります。
1.しまい忘れ・もの盗られ妄想での様々な問題は複雑です。
例えばビーコンを財布に入れて財布が発見できるようになったら、今度はエアコンのリモコンがなくなるようになった。
という具合に現象が変化することもあります。
当社では3年に渡る経験から、ビーコンの使い方のご相談は勿論のこと、介護家族の方へのアドバイスも行なう事によって直接家人の心に寄り添い、複雑な問題のとらまえ方をサポートしていきます。
2.連絡ボタンを押された際の対応者として介護家族の方のご要望により当社の在宅スタッフも参加が可能です。
ご家族の方を含めた「人をひとりぼっちにしない」体制が確立できます。
また産業カウンセラーさんがおられる企業様でしたら、産業カウンセラーさんとの連携も行えます。

大切なことは従業員の方に 「介護によって起こっている家庭の問題を話し出してもらう事」
言いだしてもらわなければ対応できません。

通常の高齢者介護と違い、認知症による介護の大変さは人にはなかなか言いだせない内容の事が多いものです。
経験者はそれを「毎日びっくりする事がある」と言います。単なる加齢の中の1シーンの積み重ねなのですが、認知症による家族の心のダメージは家族の人間関係によっても大きな違いがあります。
核家族化が進んだ中で、はじめての経験という人も多く、どう説明すればいいのかと途方に暮れる人も存在します。
だからその内容を会社で話すという事は普通はしないものと会社は理解をすることが必要です。
認知症の介護は高齢者本人も、その周りの人達にも大きなストレスを感じさせることであることが少なくないのです。

介護離職をされる人を会社が引き留めようとした場合によく言われる言葉があります。
「部長には分かってもらえないでしょうね」という言葉です。
介護を経験したことのない人には数日の介護休暇では解決しない問題や、制度の狭間で起こっている問題を理解する事はなかなか難しいのです。

立場の違う人には「施設へ・・」と言ってもなかなか空きがないことや、その費用負担が大きい事もあまり知られていません。
子供の学費には奨学金制度がありますが、親の介護にはそのようなものはないのです。

重要なポジションの従業員を介護離職で失わない為に、またそのポテンシャルを十分に発揮してもらう為に少しの努力で支えることが出来ます。

従業員の方の心の憂いを取り除く
お問合せ・ご相談

㈱ナスカは認知症の介護家族をIoTの視点でサポートしてきた経験を活かし、行政の介護保険や企業の人事・総務部で対応できなかった様々な問題をきめ細かくサポートします。
平日9:00~18:00

077-554-3706

サポート実施費用
スタートアップ設定費:40万円(税別)+
1年間システム運用及び基本サポート費:25万円(税別)+
ご家庭でご利用の発信機(必用個数をご発注ください。)
※訪問時の交通費は実費請求となります。

しまい忘れ対策 1セット/2個/10,000円(税別) 人数分ご発注ください。
もの盗られ妄想対策 1回/30分単位/900円(税別)
ボタン型連絡用ビーコン
1個/5,000円(税別)ご利用は専用アプリを入れたスマホとセットが条件になります。
企業向け個別対応・ご相談 介護専門家による個別対応です。1回/30,000円(税別)+交通費実費
認知症サポータ養成講座
行政が実施なので基本無料 同席の場合1回/30,000円(税別)+交通費実費
連絡一次受付業務
猫の手コミュニケーションズによる、24時間365日の対応サポートです。お問い合わせください。
ボタン型連絡用ビーコン
1個/5,000円(税別)ご利用は専用アプリを入れたスマホとセットが条件になります。

従業員の家族が認知症を発症し、その介護疲れから介護離職に繋がる事例が増えています。
離職に至らないまでも、職場で家庭の悩みを持ちながらの仕事はうまく行きにくいものです。
それは制度の充実などだけでは解決しない、家庭や地域の複雑な要素が関係しており、本人ですらうまく説明する事はできない問題です。
しかし、働き盛りや重要なポストについている従業員さんの離職やパフォーマンスの低下は大きな問題です。
そこで企業がこんなサポートを行なえば、従業員の心に寄り添う事ができ、明るい職場づくりのための努力ができます。

実際、大手企業の人事・総務部には退社理由が”一身上の都合”としか情報があがってこないので分からず、中小・零細は上司が介護経験がないと、特に認知症で家庭内で起こっている事が分からない・説明できないのです。

田舎は”むら社会”。都会は”長屋ぐらし”の文化が消滅した今、新しい支え合いの考え方が必要になっています。
地域共生社会の創造を推進するナスカを気に入っていただけた方はぜひいいね!をお願いいたします。