自由料金制度
鑑定手紙制度

対面鑑定をしない理由。

多くの対面鑑定は”制限時間”があります。
30分・60分・90分等々。

僕も以前は時間内での対面鑑定をしていました。
もちろん、皆さん鑑定結果には満足していました。

・・・そう、満足じゃなかったのは僕自身でした。
「もっと時間があれば・・・」
「別の視点も説明できたのに・・・」
日々、試行錯誤していました。

延長すれば、次のお客様を待たせてしまう。
でも、目の前のお客様へも伝えたい。
このような葛藤が続いていました。

そして、対面の場合はクライアントの
「表情」「声色」「所作」
などで、鑑定結果への反応が読み取れるのです。
(ここだけの話ですよ・・・)

それは、メリット・デメリットがあり
「優しく伝える」「言い回しを変える」
などの良い面もありつつ
「別の悩みを探る」「目的を誘導する」
などの悪い面があるのも事実です。

特に僕の場合は、クライアントの感情が
一般の方より高感度で受信してしまうので
困る場合もありました。



鑑定予約はコチラ(1日1名限定)

何故、自由料金なのか?

僕のマスター(師)の一人に言われたんです。

「本当の占術って定額なんてあり得ないんだよ。」

それを聞いて納得しました。
自分が鑑定を受けたときに、
「まだ解決しない」「納得出来なかった」
時でも、お金を払うことにモヤモヤしていました。

で、自分が占術師になった時、つまり、お金をもらう側になった時にも
”モヤモヤ”する鑑定結果の場合があるんです。

僕自身は常に「フラット」な状態でリーディングする事を意識しているので
排除できるストレスは徹底的に排除したかったのです。

その結果が「自由料金」という事になったのです。

もちろん、僕自身も家族との生活があるので「不安」がありますが
多分大丈夫です。ここは、言葉では難しいのですが
俗にいう「直観」です。
だから今は「自由料金」の方が楽しみなんです!

FAQ

Q
本当に払わなくても大丈夫でしょうか?
A
はい、大丈夫です!
お金は「気の流れ」と同じです。
「気持ち良いお金」と「気持ち悪いお金」が
あると思っています。

鑑定結果によって、皆さんが少しでも
方向転換や新たな1歩を踏み出せたときに
「あっ?もしかしてこれって・・・」
「あの鑑定のおかげで・・・」
ってなったときに、気持ちよくお支払いしてください。

「運気が上昇してきたときに、おすそ分けする」
という感覚でOKです。
Q
何故、手紙で鑑定結果が送られてくるのですか?
A
これは、上手く説明出来ないのですが
その方が皆さんに伝わると思ったからです。

そもそも、最近「手紙」ってもらうことあります?
無いですよね?
でも、ポストに入っているとなんだか嬉しくなるんです。
あのドキドキ、ワクワク感が病みつきになります。

本来なら「鑑定料金」×「メール鑑定」で
数をこなす方が金銭的に潤うのでしょうが
それは別の占い師の方に任せて、僕に合った方法で結果をお伝えしたかったのです。

自分自身が一番フラットに保たれる方法
それが「手紙」による直筆鑑定だっただけの事です。

Q
住所をお伝えするのが不安です。
A
その通りだと思います。
住所を知られるのは不安だと思います。
もし、それでも鑑定してほしいという方には
「郵便局留め」をお勧めしています。

最寄りの郵便局に「留めて」もらう方法です。
住所には
「〇〇郵便局留め △△さん宛」で
送ります。
(後日、本人が取りに行く方式です。)
最寄りの郵便局の住所を明記していただければ
そのような方法もありますので
一度、ご検討してみてください。
Q
本当に払わなくても大丈夫でしょうか?
A
はい、大丈夫です!
お金は「気の流れ」と同じです。
「気持ち良いお金」と「気持ち悪いお金」が
あると思っています。

鑑定結果によって、皆さんが少しでも
方向転換や新たな1歩を踏み出せたときに
「あっ?もしかしてこれって・・・」
「あの鑑定のおかげで・・・」
ってなったときに、気持ちよくお支払いしてください。

「運気が上昇してきたときに、おすそ分けする」
という感覚でOKです。

プロフィール


2008年小説「星の巡礼」に影響を受け、フランス~スペイン間1600Kmを完歩する。その時、独特な体験を得る。

2014年
ビジョン心理学「セルフセラピーカード」講師となる。
「日本の神様カード」講師となる。