食支援に強くなる3つのポイント

見立てができる!
食べることがどのように成り立っているかを理解しないと、その改善は難しいです。
離乳食・幼児食の発達を理解し、原因がどこからくるのかを分析できるような内容をお届けします。
多くのパターンを経験する!
子どもの育ちは10人いたら、答えは10通りになる可能性があります。
1人では経験値を上げるには時間がかかりますが、講座では事例を多く紹介していきます。
支援者の気持ちを考える!
正しさは専門職には必要だけれど、支援者に必要なものなのかは別問題です。
支援者の取り巻く環境も広く講座でご紹介します。
先生がいたらから救われた!そう言われる専門職を目指しましょう。
支援者の気持ちを考える!
正しさは専門職には必要だけれど、支援者に必要なものなのかは別問題です。
支援者の取り巻く環境も広く講座でご紹介します。
先生がいたらから救われた!そう言われる専門職を目指しましょう。

こんなことはありませんか?

  • 離乳食の質問に自信をもっと持って答えたい
  • 栄養士ではないけれど離乳食の相談をよく受ける
  • 月齢以外での支援の仕方が分かっていない
  • 離乳食専門の栄養士として活躍したい
  • 料理教室でも食育を取り入れたい
  • 幼児期になっても噛めない子をサポートしたい
  • 離乳食の情報が多すぎて迷ってしまう
  • 食支援者としてスキルアップしたい
  • 離乳食や幼児食教室でしっかり集客したい
  • 栄養士ではないけれど離乳食の相談をよく受ける

講座の紹介

①離乳食の基本
月齢にとらわれない離乳食支援ができるポイントを事例をもとに紹介します
②幼児食の基本
幼児期の悩みの原因になりえる発達の特徴とその改善策を紹介します
③子どもの身体発達とお口と食事
口とからだのつながりが理解できると、支援の幅は広がり解決のためのきっかけが見つかります
④食べない子どもの支援方法
食べない、にも理由が様々あります。どの原因で食べないのかを検証し、改善策を考える実践編です。
⑤加工品・添加物との付き合い方
加工品になぜ需要が高まるのかを考え、食支援者にできるよりよい策を考えていきます。
乳幼児の食支援で重要なチェックポイント
食育基本法や授乳離乳の支援ガイドから育児の社会環境とその支援策をお伝えします
取り分け離乳食学童期の自立の関係
健康日本21が掲げる課題と乳幼児期との関わりという視点でお伝えします
教室開催時の食品衛生と食中毒
主催者としてもですが、赤ちゃんの食品衛生は多く質問があります、それらに対応できる正しい知識をお伝えします
【特典】スキルアップ勉強会
ゲストの先生をお招きして、スキルアップ勉強会を定期的に開催。全受講の皆さんは無料でご参加いただけます。
③子どもの身体発達とお口と食事
口とからだのつながりが理解できると、支援の幅は広がり解決のためのきっかけが見つかります

講座日程

2021年 10月 15日(金)①・22日(金)②の開催
2021年 11月 12日(金)③・26日(金)④の開催
2021年 12月 10日(金)⑤・24日(金)⑥の開催
2022年 1月 14日(金)⑦・28日(金)⑧の開催
開催時間 全日程 10時~12時

スキルアップ勉強会の日程は決まり次第案内いたしますが、1月以降の予定です。
2021年 12月 10日(金)⑤・24日(金)⑥の開催

受講費用

全8回 60,000円(税込)

Zoomでのオンライン講座+録画

再受講制度あり

録画受講可能

単発講座希望の方は、1講座8,250円(税込)お問合せください。

再受講制度あり

受講生の声

自分の話し方を見直すきっかけに!

Sさま
録画受講が出来て良かったです。

しかも繰り返し聞けることが嬉しい!

コロナ禍で集まって勉強会に行けなくなったけど、先生のオンラインで受けれたことが本当に嬉しかったです!

先生から教わったことで一番印象に残ったことが、こうじゃなきゃいけないという伝え方じゃなく、こういうやり方、考え方があるよとやわらかくお話しされているところでした。

指導された経験がたくさんあるからこそなんだなと思い、自分の話し方を見直すきっかけになりました。 インプットだけでなくアウトプットしていきたいと思います。 今回の受講はとてもわかりやすく、普段の仕事に取り入れていきたいと思いました。

ひとつの線で捉えることができた!

Sさま
食品衛生は教室運営時に試食提供する際、重要なので再確認ができよかったです。

また、わたしもHACCPと大量調理マニュアルとの混合がありましたので、整理できました。

再受講までさせてもらい、知識のインプット・質問にもアドバイスいただき、また、みなさんとの交流もでき本当によかったです。

ありがとうございました。

体の仕組みから食べることまでを一つの線で捉えることができるようになり、サポートにも以前より自信がついてきました。麗子先生に出会えて感謝です!!! 引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

食育の本来の意味を伝えていく!

Mさま
全身の発達と合わせて他の離乳食講座では学べないことが学べた。

根拠がわかりやすくて理解できた。
ベビーマッサージのクラスをしていますが、ベビーマッサージが離乳食とつながることが知れて、もっとベビーマッサージのクラスもレベルアップしていきたいと思いました。

食べればいい、ではなく食事の中で食文化を伝える、というところにとても感銘を受けました。

食育の本来の意味を伝えていけるような離乳食講座をできたらいいなと思いました。

しっかり自分の軸にしていきたい!

Uさま
全講座、勉強させて頂きありがとうございました。

どの回も、アドバイスをする立場として、あいまいだった知識も、どのような根拠があり、どう伝えるのがよいか、モヤモヤしていたものがスッキリできたことがたくさんありました。

アウトプットをしながらしっかり自分の軸にしていきたいと思います。

ひとつの線で捉えることができた!

Sさま
食品衛生は教室運営時に試食提供する際、重要なので再確認ができよかったです。

また、わたしもHACCPと大量調理マニュアルとの混合がありましたので、整理できました。

再受講までさせてもらい、知識のインプット・質問にもアドバイスいただき、また、みなさんとの交流もでき本当によかったです。

ありがとうございました。

体の仕組みから食べることまでを一つの線で捉えることができるようになり、サポートにも以前より自信がついてきました。麗子先生に出会えて感謝です!!! 引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

講師紹介

木下 麗子

子どもの好き嫌いがなくなる!

調味料いらずの時短クッキング

【なちゅらるテーブル】主宰


管理栄養士

 

離乳食・幼児食、小さいお子さんをもつお母さん向けの教室を主宰し、これまで約2,500組の食事相談を経験。

 

現在は、自身の教室以外にも、大手百貨店の離乳食講座、行政施設での離乳食相談、保育園の食育講座なども担当。

 

離乳食や幼児食で悩んでいたママが、

先生のところにくると、原因が分かり、今できることを具体的に教えてもらえる。

無理なく、しんどくない方法で、悩みを解決していける。

通っているうちに、こんなに成長した。

と、一度来られると9割の方がリピーター。 

 

子どもたちが、安心して楽しく食事できる、食べる力が生きる力


食卓はもっとナチュラルに。
 

ママが続けられる、こどもたちが楽しめる、という視点で、食卓づくりのお手伝いをしている。