インターンシップ報告

​Ishikawa Ayaka

参加目的・背景

 私がこのBPWの活動を知ったきっかけは、ネット上にて偶然本インターンの募集を発見したことでした。日頃より日本におけるジェンダー問題に関心を抱いており、ジェンダー学や福祉国家論をスウェーデンで学んだ経験もあったことから、参加を決意しました。

感想

 CSW60に参加した日々は、刺激と学びの連続でした。ここでは様々な体験の中でも、大きく三点挙げさせて頂きます。

 一点目に、世界における国際連合の役割の重要性を目の当たりにしたことを挙げたいと思います。日本では中々国際連合の実態を理解する機会は少なく、手の届かないようなもの、というイメージがありました。しかしながら今回のインターンを通じて、国際連合が国と国の架け橋となり、NGOを始めとする各地域のローカルと政府を繋ぐ議論の場を提供し、実際に政府間・またNGOとの合意形成や連携を促進するという立場にあるという事実を確認致しました。この協力体制無しには、世界の共通課題解決の為のスタート地点にも立つことができないのだと、実感しました。

 二点目に、世界における女性活動家の熱量について記します。日本ではフェミニストという言葉さえ忌み嫌われるもしくは敬遠されるような風潮がありますが、改めてアメリカを筆頭とする諸外国の女性たちの、理不尽に対する憤り、それらに対峙する解決策の実行力、その熱量には想像以上に圧倒されました。

自分たちが感じている社会の矛盾や不公平は事実であり、これに立ち向かわなければない。勇気を出して実行への一歩を踏み出す、そんな女性を支える人々がいるから一緒に戦っていくのだという、参加者達の強いネットワークに感銘を受けると共に強く共感したのを覚えています。

 三点目に、BPW Internationalの可能性についてです。現地では、世界のメンバーとの交流の時間を設けて頂いたことで、各国のメンバーの活動や、各地で活躍する若年層メンバーの姿を実際に見聞きすることができました。その中で、今後、日本国内の活動においても若年層メンバーが益々活動に参画・活動することのできるよう体制作りが必要であると考えました。日本の人々にジェンダー平等の真の実現や世界の共通課題の解決必要性を伝えるにあたり、より多く若者がこのような知識を得、全ての世代の為に活動を展開していくことが非常に肝要であると考えました。

2030年の社会の理想像

 私が実現したい社会は、日本の女性の経済的自立が促進された社会です。具体的には、労働市場が柔軟化・流動化した状態であり、多様な雇用形態、働き方が認められた社会。そして、それを支える政策が実行されており、女性が社会参画・政治参画をする場面において、ライフステージ上何の支障もなく働き方・生き方を、自らの意思で決定できる社会。さらに、非正規雇用と正規雇用の賃金格差や待遇等、長時間労働等の問題が改善された社会の実現を望みます。

次のインターンへのメッセージ

 CSWに参加することで広がるネットワークは、本当に素晴らしいものです。私は国内外の多くの識者や活動家に出会い、日本に帰国後もそのネットワークを活用しながら日々ジェンダー課題に向き合っています。参加を希望する方の多くは大学生もしくは大学院生かと思います。費用もかかりますが、ためらうことなく挑戦して頂きたい機会です。私の場合大学4年時の卒業直前のタイミングで参加した為、他のインターン生とは違って一週間のみの滞在をさせて頂きました。様々な都合等あると思いますが、国連に興味のある方やNGO活動・ジェンダー問題に興味のある方、どんな方にとっても学びのある空間であると約束します!ぜひ挑戦してみて下さい。


Sunaga Ayaka

参加目的・背景

 国境なき医師団などに憧れ、途上国支援をしたくて医学部に入学したものの、学校で勉強できるのは、医学に関する知識だけであることを痛感していました。自分で何か勉強する機会を見つけなければと思い、応募しました。

感想

 BPWインターンとしてニューヨークで2週間過ごした日々は本当に大切なものになりました。CSWでは国家間レベルでの議、国レベルでのイベント、そしてNGOレベルでの活動を一気に見ることのできる、またとない機会となりました。一つ一つやり方や根ざしているものは違います、そこには「女性というだけで不当な扱いを受けないために」という大きな目標に向かっていく、ものすごいパワーを感じました。とくにNGOのイベントでは市民目線で本当に必要なものは何かというものを見つけ、外の世界に働きかけて行く姿勢が目に眩しく映りました。若い女性がイベントを行っている団体も多くあり、同じような年の人たちが声を上げているのを頼もしく思うとともに自分も何かやらなくてはならないと感じました。また、今回のCSW60には男性も多く参加しており、ジェンダー問題も女性のみが取り組みものではなく、男女両者にとっての問題となっているのだと感じました。

 私は、今回主に女性に対する暴力やエイズ、人身売買を問題として扱うイベントに参加しました。そこで感じたのは、当事者が声を上げることの大切さです。確かに、当事者が声を上げるというのはとても難しいことだと思います。自分のコミュニティの中での立場が危うくなるかもしれないし、自分の嫌なことを外にさらけ出すというのはとても勇気がいることだと思います。しかし当事者が声を上げることでその発言の説得力は増し、本当に今起っていることなのだと周りを理解させることができます。パラレルイベントのように市民が自分の目線に立って意見を発表するというのがアクションの最初の一歩であり、一番重要なポイントであるように感じました。自分の感じた理不尽さ、つらい悲しい思いを他者へ伝える。それが、大切なのではないかと思います。その中でも、特に私が考えたのは、地域の格差についてです。国際的なアジアやアメリカという地理、その国の違い、国の中の地域の違い…様々な違いがありますが、自分の所属するコミュニティに対して、何らかのアクションを起こして行くというのがとても重要であると感じました。

2030年の社会の理想像

 2030年、私は36歳になります。順当に行けば、医師として10年くらいのキャリアがついている予定です。そのとき、社会がどうなっていてほしいかというと、女性と男性という壁がなくなっていて欲しいと思います。男女という枠に問われず、自分らしく生きることのできる世の中であることです。
ジェンダー問題を考えるときにトランスの方やセックスオリエンテーションについての問題もこれからの時代はとても重要な意味を持ってくると思います。なので、女性に対する差別、偏見はもとより、男性に対する逆差別、偏見もなくなり本当の意味でのフェミニストが増えることを私は期待していますし、そうなるように自らも行動しなければならないと強く感じています。

次のインターンへのメッセージ

 CSW60は、ジェンダー問題とそれをとりまく様々問題につながっているイベントだと感じました。様々な視点からジェンダー問題をとらえることもできるし、ジェンダーの視点から様々な問題を捉えることもできるまたとない機会になると思います。自分の得意分野を深めるとともに、今まで持ったことのなかった考え方に触れて新しい視点を持つことができると思います。

M.​ T

参加目的・背景

 予てよりジェンダーに関心を持ち、大学でのゼミ活動、学外での講演会やイベントへの参加、グラミン銀行訪問、国際NGO日本支部でのインターン、北欧への留学などを通して国内外で問題意識を深めてまいりました。将来はジェンダー諸問題の解決に貢献したいと考えており、世界でどのようなジェンダー問題が議論されているのか、国際機関・各国政府・NGOがどのように問題と向き合っているのかを知りたいと思い応募致しました。

感想

初めに、CSW60インターンという貴重な学びの機会をいただけましたこと、BPW日本の皆様に心より御礼申し上げます。学びと出会いに溢れた大変充実した2週間を過ごすことができました。
 本感想においては、CSWで参加した数々のイベントや、CSWを通して興味を持った「サイバー空間における女性差別・男女格差」のイベント等への出席を通じて考えるに至った、国際機関・各国政府・NGOの今後の在り方について、自分なりの見解を述べたいと思います。

 はじめに、俊敏な対応が求められる現代でも政府や国際機関は迅速に動ける組織でないことにもどかしさを感じまし
た。激動の社会の中では従来の問題に加えて新たな問題も浮上しており、例えば1995年の北京会議時には認識されていなかったサイバー空間上の問題はこの20年間で急増し、十分な対応がなされていないものが数多くあります(女性の政治的発言の取り締まり、リベンジ・ポルノ、情報取得格差等)。現代社会は従来の問題に対しても新たな問題に対しても十分に対応できず、問題は膨らむばかりとなってはいないでしょうか。速やかに問題を解決していくためにも、政府や国際機関に対し、NGOや国際世論が引き続き強くプレッシャーを与えていく必要があると思います。
 またNGOに関しては、プレッシャーを掛けるにとどまらず綿密な政策提言を行っていくべきだと思います。多くの団体が女性の直面する問題の事実を伝えるのみにとどまり、具体的な解決方法の提示が少ない印象を受けました。現在多くの団体が行っていた「女性が人権侵害を受けています。それを防ぐために政府は法律を作ってください」という形式のプレゼンテーションでは説得力に欠け、十分な圧力を掛けられていません。これは平松さんが日本政府代表部ブリーフィングの際にお話しされていたことでもありますが、日本のサイド・イベントのようにデータや数値を効果的に用いて政策提言をすべきでしょう。NGOから寄せられた多様な政策案は国際機関、各国政府、NGO等の議論を推進していくのではないかと期待しています。

 最後に、引率の方々とインターン同期、世界各国からの熱い思いを持った多くの方々との出会いは心からかけがえのないものと感じております。引率の方々のお人柄、人生経験どれをとっても尊敬できる方ばかりです。またインターン同期とはイベントについての意見を交わしたり、夜な夜な進路について相談しあったり、美味しいものを頬張りながらNYの街を観光したりと、大変楽しいひと時を持てました。帰国後早速CSWの経験を活かして新たに活動を始めたメンバーもおり、今後も互いに刺激し合える志高き友人を得られたことを大変光栄に思っています。世界のアクティビストたちの熱量に圧倒され、自分たちもその一員であるということにも大変誇りを持ちました。出会いに恵まれるとはこういうことか、と肌身を持って感じた2週間でありました。

 多くの学びと出会いに恵まれたCSW。この経験を還元して将来の目標であるジェンダー諸問題の解決に貢献していきたいと思います。

2030年の社会の理想像

 14年後の2030年、社会はさらに発展し、それに応じて新たな問題が生まれているかもしれません。効果的な予防策・解決方法を速やかに実践できるような国際的なシステムが創造され、実施されている社会であれば嬉しいです。

次のインターンへのメッセージ

 CSW期間中の一瞬一瞬を楽しんでください!参加する前は予定の詳細がわからず、そもそもCSWで何が得られるの
だろうかと不安になることもあるかもしれませんが、期待以上の収穫が得られると思います。ジェンダーというトピックを深め、世界の諸問題に向き合う国連という場でどのような世界的な連携がなされているか見、そして、志を高く持つインターンという仲間と、それを支えてくださる大先輩のBPWの引率の方々、世界中のアクティビストと出会い、その他CSWでの全てのことはかけがえのない財産になることと思います。

 CSW61に参加される皆さんが私たちと同様に、またはそれ以上に豊かな出会いと経験に恵まれることを祈っています。

Nakao Minami

参加目的・背景

 一番大きなきっかけは、同級生の西鍋早葵さんが一年生の時に参加していたことです。以前から国連にいつか行ってみたい、女性の会議に参加してみたいとぼんやりと思っていたことに、現実味が出て思い切って応募しました。小さいときからキュリー夫人、マザーテレサ、津田梅子が好きで、中学生の時から岡田育、ジェーンスー、雨宮まみなど女性ライターが描く女性問題に関心を持ち始めました。

感想

ずっと一人で女性問題に関する本を読み、考えるだけでしたが、はじめて生の会議に参加し、意見だけでなく雰囲気を知ることができてとても感動しました。本当に多くの人が関心を持っていることに勇気をもらった気がしました。また、女性問題に対する「怒り」だけでは終わらず、なぜか、特にどうしたらよいかを冷静に話し合っていたことに、自分の至らなさを痛感しました。「怒り」も大切だけれど、解決のためにどうしたらいいかを政府任せにせず一人ひとり考えることの大切さを学びました。



 また、これほど多くの会議、イベントで出会いを経験してわかったことがあります。問題解決は一人でできないこと、
誠実であることの大切さです。問題解決には労力としての人手がいるという意味だけでなく、多くの人と話し合うことで素晴らしいアイデアが生まれ、それが解決につながるのではないかということです。一人のときには考えなったことも、誰かの話を聞いていることで思い出したりつながったりする、それを毎日のように体験しました。また、自分が誠実であることで、誰かが私にアイデア、意見を言いやすくなり、協力してくれることも体感することができました。

 どうしたらよいか考えること、誠実であること。私がこれからジェンダーに関して活動していく際だけでなく、今後人生を送るにあたって大切な教訓をこのインターンで得ることができました。

 最後に引率者の皆様、インターン生には多大なる感謝を申し上げたいと思います。まことに、ありがとうございました。

2030年の社会の理想像

 意思決定の場の女性の数が、全体の半数近くまで増え、また発言権がある社会になっていてほしいと思います。また35歳の私が、自分のやりたいことを、楽しく快適にできているとうれしいです。その当たり前の社会が実現できているように今後活動していきたいと思います。

次のインターンへメッセージ

 インターン中はきっと毎日がわからないことの連続だと思います。だからどうか「わからない」ことを受け止め、周りの素晴らしいプロフェッショナル達に質問してほしいです。たくさんのプロフェッショナルに接して、皆さんのインターンはかならずや充実したものになると思います。健康に気を付けて!


Nogaku Ayaka

参加目的・背景

 幼少期をドイツで過ごし、大学では法学部国際企業関係法学科に所属。法制度、社会問題、国際協力が主に学んできた内容です。大学の奨学金を利用してドイツの労働システムに関するリサーチを行った際のテーマは「日本のワーク・ライフ・バランスの実現に必要なものは何か」。女性の働きやすい環境づくりは男女双方の問題であり、まず労働環境自体の改善が必要だと考えました。その後国際協力の学生団体、ボランティア、ミュンヘン大学法学部留学なども経験。

 これらの経験を経て思ったことは、様々な社会問題は国連以外のアクターによる解決が可能であり、大きな可能性があるということです。NGOの役割の一つは現場の声を国連にレポートすることであり、また国連の示す行動指針を市民に届け、一つの目標に向かって最初は草の根活動でも実際に「変化」を起こせるアクションを起こすことです。国連、各国、企業、市民団体、学生団体やボランティアにはそれぞれの存在意義があり、それらはどれも繋がっています。お互いがお互いの活動や考えをシェアし、インターラクティブに活動できればより問題の解決スピードは上がるでしょう。私はこの繋がりの強化や協力が必要だと思い、その現場を経験する為にBPWインターンに応募しました。

感想

 印象に残っていることが2点。1点目は国連とNGOとの連携の強化です。CSWにおけるサイドイベントではNGOと国連が同じ目線で意見を交わす様子を伺うことができました。また、イベントでの質問タイムでは私の質問や意見を述べることができました。BPWの方々にお話を伺うと、少しずつ国連とNGOとの関係性は変わっていて、毎朝のモーニングブリーフィングの様子も変わりつつあり、連携はどんどん強化されているそうです。各種イベントでは問題が解決された理想状態やゴールの討議よりも、どうしたら実行できるのか、に重きが置かれていて、実行においては市民社会との連携が必須です。Agenda2030に向けて全体が一体となって動き出していると感じました。

 2点目はBPW内での繋がりです。世界中のBPWが集う夕食会、BPWドイツのイベントへの参加等を通してBPW内の繋がりを知りました。世界中に頼れる先輩方がいることは、今後世界に変化を起こしていく私達にとっては心強いことです。今回のインターンに参加して以上の2点以外にも様々な連携の存在を知ったことで、今後どのように動いていくべきなのか考える材料や刺激を非常に受けました。

 また最後になりますが、インターンでお世話になった皆様に心より御礼申し上げたいと思います。皆様との出会いは非常に貴重なものとなりました。今後もどうぞよろしくお願いします。

 

2030年の社会の理想像

 大きな理想と小さな理想があります。大きな理想とは、貧困、保健、衛生環境、インフラ整備、人権保障、安全な居住といったMDGsに上がっていたような目標が達成され、世界中の人々の最低限の生活基盤が整えられていることです。「Planet5050」という男女が真に平等な状態の実現が理想として掲げられていますが、最低限の生活基盤が整わずに男女が納得いく世界は実現されないと私は考えています。”No one left behind”の実現が理想状態への第一歩。そしてその基盤の上で女性がどのように社会の中で制限されずに社会で活躍できることが理想です。

 小さな理想とは、主に日本に焦点を当てた理想です。私は各々が自分で生き方を選択していく社会が理想だと思います。その為には、各々が理想の生き方をビジョンとして持つ必要があり、キャリア教育などが必要な施策にあるでしょう。その次に、理想の生き方を選べる環境が必要です。男女に関係なく昇進の評価がされたり、女性は子育てがあるから時短勤務が認められることも含まれるだろうが本来は男女ともに子育ての為の時間を必要としている人にはその時間が与えられるべきです。そして各々は自分自身が選んだ生き方を進む為には相応の努力が必要です。今よりも望むものが増え、その望みを叶えようとするならば、必要な努力もその分増えます。そして、2030年の私は、自分が理想として選んだ生き方をし、後輩へのロールモデルとなれる人でありたいです。

次のインターンへのメッセージ

 BPWのCSWインターンは、NYから帰って来たら終わるものではないです。むしろここからがスタートなのではないかと私は現在思っています。このインターンを通して学ぶこと、得られるものは多いです。目に見えるものなら人脈や知識、目に見えないものならモチベーションやビジョンなど。インターンの経験をどうやって自分自身の将来に生かすのか、そしてどのような社会を今後つくっていくのかが大事だと思います。その為には常に目的意識と当事者意識を持っていてほしいです。何故インターンに参加するのか、自分は何をしたいのか、常に自分へ問いかけることをお勧めしたいと思います。

A. H

参加目的・背景

 国連という組織・そこに関わる人々を自分の目で見てみたいとの思いと、日本社会における男女の格差や固定観念に対する関心の高まりから、本インターンへ応募しました。社会人や企業と関わる機会が増え、働く女性の地位やライフスタイルに危機感を覚えると共に、今まで浸ってきた勉学の世界とは違う、自分自身の努力だけではどうにもならない世界の存在に恐怖と虚無感を抱くようになりました。

 また、これまでの環境や友人たちとの出会いの中で、多くの社会問題の根底にはジェンダー問題が関係しているのではないかという疑問を度々感じてきました。一例を挙げると、子供の貧困は、若くして出産し、シングルマザーとなった家庭でより問題になっている印象があります。生活と子供のために必死に働くも、非正規雇用や低賃金故に生活苦を強いられてしまう。教育の不徹底や、子育てに対する伝統的意識により、女性の方に負担の皺寄せが集まりやすい社会になっているのではないか。こうした様々な問題に対する、世界各国の現状や取り組みを知り、今後の活動に対するヒントを得られたら、との思いで臨みました。

感想

 まず、参加している女性たちの熱意やパワーに圧倒されました。自分たちの生きる世界を変えたいという一心で立ち上がり、次々と積極的に意見表明を行う姿は、写真で見た高度経済成長期の労働争議を彷彿とさせる熱気を孕んでいるようでした。さらに、世界では10代の学生たちもジェンダー問題に関心を持ち、声を上げている、そのような教育制度がある、ということに大変驚きを感じました。

 また、こうした他の国々の現状や諸団体の活動を知ることができたのみならず、国際社会の中での日本の印象・発言力や、各国の社会状況と国際会議における振舞いの関連など、実際の参加者でなければ分からない貴重なご意見を伺う機会も頂き、期待以上の収穫を得ることが出来ました。日本の洗練された態度や真面目さを目の当たりにし、日本人であることを光栄に思うと同時に、この分野における意識や政策の遅れを痛感し、未来の日本に対する危機感が一層深まりました。

 そして何よりも、各々の局面で女性活躍の道を切り開いてこられた先輩方から沢山のお話を聞かせていただいたこと、同じような問題意識を持ち世界各国で志高く勉学に励んでいるメンバーに出会えたことに感謝しています。将来に悩む私にとって、一つ一つの出会いが、かけがえのない財産であり、今後進むべき道への大きな手掛かり・原動力となりました

2030年の社会の理想像

 生まれた環境や性別・年齢によって人生を制限されることなく、すべての人が自由に夢を抱き、希望を感じることのできる社会が理想です。今日の日本では、女性にとって働きづらい環境がある反面、男性に過度なプレッシャーをかけてしまう風潮を感じます。さらに、現在の社会システムのまま高齢化が進むと、若者への労働の負担が増す一方、定年により仕事を失い、生きがいを見つけられずに余生を送らざるを得ない人々が増えることが容易に想像できます。「すべての人が生き生きと輝ける社会」を目標に、教育をはじめ、制度・政策や法律の面から改革を進め、人々の意識を変えていく必要があると思います。そして、私自身が、その一端を担うことができれば幸いです。 

次のインターンへのメッセージ

 情けないことに、NYへ着いた翌日からインフルエンザに罹ってしまい、沢山のイベントが開催されている中、4日間ホテルで寝込んでいました。根っからの楽天家なので、自ら望んでも用意できないような良い経験・勉強になったと言い聞かせていましたが、やはり、CSWという機会の貴重さや、周りへの心配や迷惑を鑑みると、万全な体調で参加できるに越したことはありません。 目の前にある機会をどう有効活用するかは自分次第だということを、改めて痛感しました。体調管理を含め、事前準備や意欲によって、得られるものが大きく変わってきます。チャンスが巡ってきたときに、それを最大限に生かすことができるよう、日頃からできる準備を重ねておくと良いのかもしれません。自戒を込めて。。。

 CSW61インターンの皆さんにとって、新たな発見と感動に満ちた素敵な経験になりますよう、心より祈っています!

Murashima Yuka

参加目的・背景

 実を言うと、私は参加する1年ほど前まで将来は専業主婦になりたいと考えていました。「男は外で働いて、女が家で家庭を守る」という先入観を持っていたからです。しかし、大学三年生のゼミで秋枝しょう子先生について書かれた『後に続く女性たちへ』という本を読み、考えが180度変わりました。女性が社会で働けるように道を拓き、開かれた門戸が決して閉ざされることのないようにと生涯をかけて尽力されてきた女性がいることを知り、私は「このままじゃだめだ」と強く思いました。それと同時に、過去の私を含めた多く女性が男女役割分担など古い価値観や先入観に基づいて将来を選択していることに危機感を感じました。 現在、女性の社会進出が盛んに謳われていますが、一方で専業主婦を希望する女性の割合も年々増加傾向にあります。

「なぜこのように社会と若い女性の意識にギャップが生じるのか?」「どうすれば本当に女性が輝く社会を実現できるのか?」「私にできることは何だろうか?」このような疑問に対するヒントを掴みたくて、応募を決意しました。

感想

ニューヨークでの日々は、21年の人生の中でもっとも濃く充実した2週間でした。私はここで、日本では感じたことの
ないような情熱に触れました。女性の地位向上を実現するために世界中からこれだけ多くの人が集まっているということに圧倒されました。誰もが熱い思いを胸に、「世界を変えていこう!」という意識をもって参加されていました。

私は参加に当たって目標を立てていました。それは「女性を古い常識から解放し本当に女性が輝く社会を実現するために、私たちにできることを見つけて日本に持ち帰る」という目標です。様々なイベントや学生同士の会話の中から、一人ひとりの意識改革が重要であると感じました。そして、私ができることは、ニューヨークでの学びや経験を日本で伝えることだと考え、帰国後には講演などお話をさせていただく機会を積極的にいただています。

2030年の社会の理想像

 「男女ともに家庭も仕事も大切にできる社会の実現」

これが私の2030年までの目標です。例えば、子どもを育てたいからキャリアアップを諦める、仕事を優先するために
結婚や出産を諦める、仕事が忙しいから家族と過ごす時間がない。こういった「諦め」が必要ない社会。誰もが仕事もライフイベントも、本当に望む選択肢を選ぶことができ、それを周りも快くバックアップしてくれる社会を実現したいです。まだ細かい計画は未定ですが、在学中には、学生に対して男女ともに社会の責任も家庭の責任も両方を担うキャリアパスを描けるようなイベント型のセミナーをしたいと考えています。


次のインターンへのメッセージ

 「The world needs a change. It cannot change itself. It's me, It's you, It's all of us who have to bring that change.(Malala Yousafzai)」日本の将来をこれから創っていくのは私たち若い世代です。BPWの方々やインターンシップの仲間からの言葉や刺激を沢山もらって、成長し、「自分だからこそ、できること」をぜひ見つけてください!

​Yamamoto Akane

参加目的・背景

 高校のころから、興味はあったものの、勉強してもなかなかはっきりとした答えを得れないでいた、日本や世界における女性の地位の問題について、世界中の当事者がどのように考えているのか知り、その主催側である、国連、政府、NGOのつながりを学ぶ絶好の機会だと思い、応募しました。応募時、周りにこの問題をフランクに語れる友人や大人が少なかったこともあり(留学中であるということも重なって)、同じように女性の地位向上に興味関心を持ち、その課題のためにニューヨークまでくるような熱意溢れる方々とお話し、議論したかったことも大きいです。

感想

 私が目標としていた、学ぶことと議論することは十分すぎるくらい果たすことが出来ました。学びとしては、BPWを通してCSWに参加したことで、国連、政府そしてNGOという三者すべてのつながりや役割を、身をもって学ぶことが出来ました。特に見えにくかったNGOと政府の関係性は、日本政府代表部ブリーフィングに参加することで理解が深まりました。そして、このインターンに来たことで得られたのは、何よりもBPW関係者の方々、インターンの仲間との出会いです。

日本各地から集まったパワフルな女性たちと一緒に過ごした2週間は毎日が新しい知識とアドバイスと議論でいっぱいでした。出逢いに恵まれ、日本で私たちがこれからどう行動していけるか、選択肢が広がったように思います。CSWに来ることが目的ではなく、これが始まりだなと強く感じました。これからCSWで学んだことを全て使い、日本における女性の問題意識の低さを高めていけたらと思っております。

2030の社会の理想像

 2030年というと私たちインターンの世代が社会において、中心的な役割を果たす時代になっているでしょう。その
時、私たちインターンのような、女性の地位を上げたい、発言力のある、強い女性たちが、日本における「普通の女性」になっているはずです!というかしてみせます!私たちがスタンダードになって初めて女性が女性として輝く社会になるのだと思います。

次のインターン生へのメッセージ

 このインターンを知り、参加することを決めた時点で、皆さんはすでに問題意識を持ち、立ち上がった強い女性です。
この2週間は自分の好きな分野に関する知識や意見を存分に深められる時間です。その時間をどれだけ濃く充実した時間にするかは自分次第だと思います。若い日本人女性のCSW参加はとても歓迎されてると感じました。どんどん質問をして、話聞かせてもらい、自分の中に疑問や意見を持ってください。それを相談し、議論する相手は幸せなことにすぐ近くにたくさんいます。こんな楽しいことはないですよ!最高の2週間を過ごしてください。