「今、教育現場で子ども達の未来のために、
教職員に最も必要な学問は何でしょうか?」

我々は《引き出すコミュニケーション力》だと考えます。

これまでの常識や、価値観までもが急速に多様化、
そして変化していく現代社会で、
私達社会人に求められている力は
《自分らしく、自分の意志を持って生きる力》
だと、我々コーチは毎日クライアントと向き合いながらも
痛感しています。


しかし、その力は社会人になってから身につけるのは
とても難しく、その力は、親、そして先生など、
私達の身近に長く関わった大人の影響を強く受けています。

大人がどんなあり方で、どんな関わり方をしたかで、
自分らしさをどれだけ大切に、自分の意思を明確にし、
まっすぐ行動出来るかが決まるのだと思います。


そのために必要なのがコミュニケーション力であり、
ただ教える、相談に乗りアドバイスする、などの
一方的なコミュニケーションではなく、
引き出す専門技術である【コーチング】が鍵となるのだと、
様々な経験や実績からも確信しています。


また教職員にしかわかり得ない苦悩やストレスから
少しでも解放される視点が、
コーチングにはあると信じています。


を体感しながら学べます。TCSオリジナルテキストをステップアップしながら進めることで、いままで何となく理解していたコーチングスキルが理解できるようになります。
自分が子ども達に対して無意識に思い込んでいたものや決めつけはどんなものがあるか?をまずは自分で気づくことで、子ども達への関わりが随分変われます。そのための様々なポイントが学べます。
一方的なティーチングだけでも、コーチングだけでも、子ども達との関わり方は上手くなりません。コーチングに必要な土台を整え、ティーチングとのバランスを使い分けることで、子ども達の「わかった!」を深めることができます。
子ども達や保護者や職員同士との関わり。教職員はほぼ人間関係で成り立っていると言っても過言ではない環境で、時に人間関係が問題で、職務が全うできないことも。コミュニケーションスキルを身につけることで、人間関係のストレスが軽減され、より子ども達に向き合える時間を作れるようになります。
自分が子ども達に対して無意識に思い込んでいたものや決めつけはどんなものがあるか?をまずは自分で気づくことで、子ども達への関わりが随分変われます。そのための様々なポイントが学べます。
  • 子ども達に何度も同じことを教えるよりも、効果的な質問をすることで、少ない回数で自主的な行動をしてくれるようになり、自分も子ども達もストレスを減らすことができた
  • 理想の教師像がはっきりしたことで、自分が力を入れたい部分がはっきりしてきた
  • 働く時間も短くなり家族と過ごす時間も確保できるようになった
  • コミュニケーションスキルを身につけたら、子ども達や保護者、職員同士との関わり方が円滑になった
  • 学級作りのコツを掴んだら、子ども達との信頼関係も出来て、自信になった
  • コミュニケーションスキルを学んだおかげで、道徳の時間や研修準備が充実してきた
  • 三者面談に自信がつく
  • 自分の本当の理想の教師像が明確になった
  • 自分自身の自己肯定感が上がり、様々な思いこみから楽になった


● やりたいように学級経営ができない。
● 隣のクラスの先生と上手くコミュニケーションがとれない。
● 自分の意見が通らない。
● 学級崩壊していてどうにもできない。
● 担任の先生と合わないとやる気がでない。
● 子どもたちに関わるより事務作業の方が長い。
● 提出書類が多すぎる。
● 学校の方針と自分の方針が合わない。
● 職員室での会話が苦痛。
● 全職員での共通理解があいまい。
● 子どもたちと上手く関われない。
● コミュニケーションが苦手。
● 保護者対応に追われている。

これまで「よりよい道を歩んでほしい」そんな想いで担任をしている学級の生徒と関わっていましたが、私自身の想いを伝えようとすればするほど、生徒との距離がひらいていくことがありました。TCSを受講して変化したことは、生徒の想いも大切にしながら、私自身の想いを伝えることができるようになったことです。私自身の考え方や価値観が柔軟になり、学級の生徒と対話を重ねることが楽しくなりました。


TCSを受講して、子どもたちの夢や目標の応援の仕方が変わりました。これまでは、私自身の指示や命令で子どもたちと関わり、強引に生徒の叶えたい目標や夢を実現させようとしていましたが、TCSを受講してからは、生徒との対話を通して主体性や行動する意志を引き出すことで生徒の変容を促すことができるようになったと思います。生徒の目も輝き、生徒が自ら目標に向かって突き進んでいく姿を見ることができています。


これまで教員という仕事をしていて、難しい業務を頼まれたときに自分にはできないと諦めてしまうことが多くありましたが、TCSを受講して諦めることが少なくなりました。高い目標でも,自分にもできるかもしれないと考えられるようになり、前向きにチャレンジできるようになりました。このチャレンジ精神が、生徒の可能性も信じられることに繋がっており、粘り強く生徒と関わっていくことができるようになりました。


これまで教員という仕事をしていて、難しい業務を頼まれたときに自分にはできないと諦めてしまうことが多くありましたが、TCSを受講して諦めることが少なくなりました。高い目標でも,自分にもできるかもしれないと考えられるようになり、前向きにチャレンジできるようになりました。このチャレンジ精神が、生徒の可能性も信じられることに繋がっており、粘り強く生徒と関わっていくことができるようになりました。


TCSのプログラムは、まず自分が自己実現や、目標達成をコーチングによってどのように
実現できるのかを体感して頂きます。

コーチングの専門技術を学ぶだけではなく
“人に信頼される自分”を確立していくプロセスをベースにしているのが
TCSのひとつの特徴です。

コーチングを体感しながら専門技術を学び、コミュニケーション能力を高め、
そして、あなたの新しい可能性を引き出していくプログラムで構成されています。

「自分を信頼出来なければ、人との信頼関係を築くことも、人の目標をサポートするコーチングもできない」と考え、《STEP1》-《STEP3》を通しコミュニケーション力の高め方や、コーチングの専門技術の修得していくことが可能です。

●受講料 / お一人30,000円_税別(通常価格50,000円_税別)※5名以上のお申込み
●受講時間/トータル6〜7時間程度(半日2回推奨、1日応相談) 
●受講方法/オンライン受講(zoomでの受講となります)
学校導入実績 下記の学校の先生が賛同し学ばれています。
(順不同・一部掲載)
鹿児島実業高等学校|広島なぎさ中学校・高等学校|出水市立切通小学校|鹿児島県日置氏立日置小学校|大阪府立西浦支援学校|豊中市立東豊中小学校|小林市立三松中学校|東邦音楽大学第二高等学校|山形県高畠町立高畠小学校|和洋九段女子高等学校|出水市立西出水小学校|比治山女子中学校・高等学校|岡山県立津山東高校|東京医科歯科大学|早稲田接稜高校|広島県立西高等学校|広島市立八幡東小学校|廿日市市立廿日市中学校|岸和田市立山滝小学校|跡見学園女子大学|日本電子専門学校|