TOKYO BIG HOUSEを選んだ理由
自分の限界を超える環境へ

前職の外資系の会社で、いくら日本が好調であっても本社がダメと言えばダメ、決定に対して何もできないという環境にあり、自分ができることの限界を感じていました。そこで、自分の限界を超えられる環境に飛び込みたい、と思いTOKYO BIG HOUSEに入社しました。私は性格的にもキャリア的にも、既存の仕組みの質を高めたり拡大したりということが得意な一方で、何もないところから新しいことを生み出すのは上手ではありません。社長と面接をしてそういう話をしたときに、「逆に、僕は0から1を創り出すのは好きなんですけど、できちゃうとすぐに飽きちゃうんですよね」という話を聞き、それなら相乗効果が期待できるかも!と思ったことは今でもよく覚えています。そしていま実際に働いてみて、その時の直感は間違っていなかったと感じていますね。


これまでのキャリアを生かしつつ、今どんな仕事ができているか
部署や立場の垣根がない環境を生かす

私は、ITコンサルティング会社、リース会社など経たあと、日本車をアジアに輸出する会社で経理・財務および新規事業の立ち上げに参画、その後は外資系の会社でCFOとして5年間勤務しました。異色のキャリアではありますが、TOKYO BIG HOUSEでは今までの経験がすべて役立っていると感じています。経理、人事、労務、IT、経営企画全てに携わらせて頂いていますし、時には蛍光灯を替えることだってあります(笑)。部署や立場の垣根なく、やりたいことをやれる人がやる環境。とはいえ、全員がオールラウンダーであることを求めているわけではなく、働く環境の整備にも力を入れているので、自分の「得意」を伸ばせます。心地よいベンチャーマインドを残しつつ大きく成長中の会社なので、ベンチャーと大手企業の「美味しいトコ取り」ができる点も魅力ですね。

 

TOKYO BIG HOUSEでこれからやりたいこと
「こんな人生があるとは思わなかった!」を最大限に提供していく土台づくり

僕はTOKYO BIG HOUSEをただの不動産屋だとは思っていないんです。「こんな人生があるとは思わなかった!」を提供する存在だと捉えているので、お客様の人生に関わる機会をもっと広げていきたいと考えています。これからお客様の資産形成をお手伝いしたり、オーナー会で飲食店を経営を提案したりすることもできる。お客様の人生をシフトさせて、価値を提供できるTOKYO BIG HOUSEにしていきたいと思っていますし、そういう新しいアイディアを受け入れてやっていこう、という仲間がいることにとても感謝しています。あとは、TOKYO BIG HOUSEの仕組みにはまだ少し非効率なところもあり、そこがスムーズになることでチームがより強力なものにできるという確信があるので、色々なことを整えていきたいと思います。TOKYO BIG HOUSEのここがいい、という魅力を増やすのはこれから入社する人自身でもあり、それを叶えられる環境がこの会社にはあります。どんな経験も無駄にはならないですし、営業からスタートしても、経営側に立っても、そこから見えてくる広がりはたくさんあると思うので、限りなく夢を広げていってほしいですね。




ENTRY
_____