TOKYO BIG HOUSEを選んだ理由
人を大切にしているからこそ、受け入れてくれる環境がある

社員の年齢層が若くて活気があり、どんな働き方でも生き生きと仕事ができる環境があると感じて転職を決めました。母になり働き方を改めて問う中で、勤務時間など制約があっても融通をきかせてもらえるのも大きかった。TOKYO BIG HOUSEは働く人、一人ひとりの目線に立ち、その人自身を大切にしているからこそ、多様なキャリア、働き方を受け入れてくれる姿勢があり、それに応えるように社員みんなが思い切り活躍し輝いていると思います。自分もその一員になりたいと思いました。


これまでのキャリアを生かしつつ、今どんな仕事ができているか
これまで培ってきた知識を遠慮なく使える

TOKYO BIG HOUSEに入社する前は、コールセンター大手や生命保険大手で15年以上働いてきました。支社の立ち上げや業務フローの整備、社員の育成指導など多くのことに携わりましたが、特に営業管理の統括は長く経験しています。大手だと型が決まっていて、何か提案しても新しいことを始めるのに時間がかかっていたのですが、TOKYO BIG HOUSEには新しいことを取り入れる柔軟性とスピード感がありますね。会社のビジョンに対して全員がオーナーシップを持っていて、新しい意見や制度はどんどん取り入れよう、という空気を感じます。だからこそ、これまで培ってきた知識を遠慮なく使えますし、目の前で物事がどんどん進んでいくのが感じられるので、やり甲斐があります。長年、組織作りをやってきた自分にとっては、会社全体の成長プロセスに関われている実感があるのが嬉しいですね。みんなにはいくらでも自分を使ってほしい、と思っています。

 

TOKYO BIG HOUSEでこれからやりたいこと
営業全体の構造改革

営業サポートの仕事では、プレイヤーが安心して営業活動に集中できるように管理体制を強化していきたいと思っています。営業の数値管理一つとっても、ミスが出やすい管理体制だったところから、自動化を進めて工数を減らしていくなど、データを慎重に扱うことができるような仕組み作りを進めています。部署の枠を超えた提案もしやすい環境なので、営業全体の構造改革を少しずつ進めているところです。今後、みんなが効率よく仕事ができ、そのぶん一人ひとりの仕事の質をより高めていくのが理想ですね。TOKYO BIG HOUSEには、会議の場でも社歴や年齢に関係なく平等に発言ができて、その意見に耳を傾けあう風土や文化があります。これまで見てきた組織の中でも最もオープンで可能性のある組織だと思うので、自分の知見を活かし、これからの大きなビジョンに関わっていきたいですね。




ENTRY
_____