辰左ェ門の家

どこで作られているお米なの?

辰左ェ門のお米は新潟県新発田市の山の麓にある“菅谷“で作られています
この地区は自然豊かで、土地のほとんどが田んぼです


冬はたくさんの雪が山に積もり、春になるとその雪が溶けて山の麓まで流れてきます
自然の中で育つお米だからおいしいのです

菅谷ってどんなところ?

豊かな自然
この地域は自然豊かで、リスやイタチ、猪が山から遊びにきます。少し森に入ると山菜もたくさんとれます。
果物も豊富
りんご園やぶどう園もあり、果物もおいしいです。菅谷野菜市も不定期開催しているのでそちらで購入可能です。
菅谷不動尊
日本三大不動尊の一つ、菅谷不動尊があります。ここの守神はタニシで、境内の川を覗くとたくさん見ることができます。

辰左ェ門のお米の魅力

綺麗な水
山から流れてくる冷たい水で作っているため、とてもおいしいです。7月ごろになると、たくさんの蛍がこの川に集まってきます
お米のベテランが作る
米作りに関わって40年以上の5代目当主が作る自慢のお米です。夫婦2人で力を合わせて頑張って作っています。
300年以上続く土地
300年以上続く歴史ある土地で作っています。この土地で先祖代々、数え切れないくらいお米を作ってきました。

私たちが作っています



2人で兼業農家をしています。お米を愛し、心を込めて作付けします。
皆様に、ぜひ我が家で作られた辰左ェ門のお米を食べていただきたいです。
以下の“shop“から購入可能ですので興味を持たれた方はそちらも見ていただければと思います。
2020/05/15
Facebook
Instagram
shop
blog
blog