TIHELP TI Target Individual という被害状況、被害についてのページ

TI (Target Individual)

TIHELPという活動は非常に緩い活動であり被害報告を共有し、公然性を少しでも高め

まとめたものを各機関への救済要請として通報、告発、嘆願をするものです。チームに近いものになります。

そしてこのページはTI被害 Target Individual についての疑惑、国内報告、被害者共有ページになります。

日々増えるTI被害報告は、健康被害、MentalHarassment等が各方面、各地域から非難が上がっております。

遠隔介入 その継続不当使用に関係機関への調査、協力、救援、救済を求めています。

まず被害者たちはこの対応をしたくありません。

そもそも関係なく、現在も関わりたくないのですが

健全なテクノロジー社会に貢献する為の周知になります。

いわゆるストーカー犯罪や精神的なものとは似て非なるものになります。

最近国内外で活発なyoutubeや記事のリンクは下記になります。

TI被害 Target Individual 特徴、疑惑等。

身体加害 精神介入
身体加害、精神介入等、国内外から被害報告が上がっています。加害側の行為はただただ悪質なものです。snsやweb上での被害報告多数。テレパシー技術の悪用犯行疑惑とされています。特に劣悪なのは屋内にいる市民の身体に対する加害行為、睡眠時妨害等、毎日の健康被害に該当するものであり、これは多くの方が認知、周知し、sns youtube等にはメディアや被害者等があげた多くの資料が観覧出来ます。現行法であれば傷害の罪(刑法204条~刑法208条の2)10年以下 その他多くの罪に該当します。

警察法にもです。

国内外から無差別(無差別地域)被害である事も報告されています。自分と周りの人達を守る為の周知に繋がります。
ダミーのストーカー 惑わせ
国内から被害報告が上がっています。情報が不足している状態で誰かを疑い、誤解による近隣トラブル等、社会的に逸脱させられない要、例えばこちらが盗撮行為や、侮辱行為に該当しないように、冷静にお気をつけ下さいませ。

ボイスチェンジャーに関しては他の方のリンクをご参照のほど。
不当な精神介入 イメージ操作
これ同様に被害報告が上がっています。テレパシー犯罪(遠隔洗脳?)と言われる思考へのイメージ違法操作、脳への不当介入犯行認知等。遠隔の音声送信、精神誘導には極力受け答えをしてはいけません。毅然とした態度を。そしてまず関わらない事。海外ではmentalharassmentと呼ばれています。放置犯人側は密閉感を出そうとしますが、現在は公然的な周知も行われている為、その論理の相手をしないで見てくださいませ。

侮辱罪に関しては
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%AE%E8%BE%B1%E7%BD%AA

通報、相談、救援要請先 一覧

警視庁 総務省
警視庁総合相談センター
03-3501-0110
総務省 総合通信相談所
03-6238-1940
最寄りの警察署、人権団体等