探偵の調査が犯罪になるかも?
依頼者が気をつけること

探偵の調査は犯罪なのか?

探偵の調査は犯罪ではありません。

探偵の調査業務は、「探偵業の業務の適正化に関する法律」という法律によって、探偵の調査は合法であることを定めています。

○探偵業について|警察庁Webサイト

よくネットなどで見かける「探偵は違法?」、「探偵の調査は犯罪ではないのか?」という記事や質問を見かけることがあります。

探偵の調査は違法ではありません。しかし、調査のやり方、調査の内容によっては犯罪となるケースがあります。

調査が合法なのか、それとも違法か。探偵に調査を依頼する依頼者は、調査の合法と違法についてあらかじめ知っておく必要があります。

まずは、探偵が受けて良い調査と受けられない調査について見ていきましょう。

探偵が受けて良い調査と受けられない調査

探偵の調査が犯罪ではないか?という議論でよくあがる疑問に、「探偵に○○を調べてもらうのは違法なのか?」というのがあります。

○○の部分は様々な事象、物事が入るわけですが、探偵にも調査できることと、出来ないことがあります。


■探偵が受けても良い調査
・浮気調査
・素行調査
・人探し調査
・企業信用調査
・いじめ実態調査
・ストーカー実態調査
など

■探偵が受けられない調査
・第三者のプライバシーを侵害する行為
・電話番号の持ち主を調べる行為
・特定の地域出身者を調べる行為
・反社会的な組織・団体からの依頼
・その他犯罪につながる可能性がある調査
など

○興信所はどこまで調べることができるの?

このように探偵の調査では、出来ることと出来ないことが決まっています。

基本的に探偵業法によって定められた範囲での調査活動が探偵に認められた調査範囲となります。そして、探偵には警察のような捜査権限という特別な権限は無いため、犯罪や違法行為の捜査を警察に代わって、探偵が調査をするということもありません。

また、ストーカーが相手の住所を調べるために探偵を雇ったり、第三者のプライバシーを侵害することが目的の調査を探偵が行えば、探偵業法に違反するため犯罪行為となります。

調査が犯罪につながるかどうかは、探偵の判断に任せる部分がありますが、普通の探偵なら、犯罪行為となる可能性がある調査の依頼は受けませんし、依頼前に依頼者とヒアリングをして犯罪に利用されないかを確かめてから調査依頼を受けています。

犯罪行為になる可能性がある調査に対して、探偵業界ではその調査を禁止している協会もあります。有名なものに、「別れさせ工作」があります。

探偵が調査でやってはいけないこと

探偵が依頼を受けると犯罪になってしまう依頼というのがある一方で、依頼内容は犯罪にならないが、調査の手法が違法行為となる場合があります。

浮気調査を例にこの違法調査について見ていきましょう。

探偵が浮気調査の成功率を高くするため、調査対象者の車にGPSを仕掛けたとします。

このGPS仕掛けた探偵は犯罪となります。

これが、車の持ち主がGPSを取り付ける、または、配偶者がGPSを仕掛けていたのなら犯罪にはならないのですが、探偵が取り付けると犯罪となります。

どのような違法行為に抵触するか簡単に説明すると、まず、GPSを調査対象者の車に仕掛けるため、車が停められている敷地内に、持ち主の許可なく侵入したとして、不法侵入として逮捕される可能性。

またGPSを取り付けようとしたとき、車の側面に傷をつけてしまった場合、器物損壊の罪に問われる可能性もあります。

○浮気調査で盗聴器を仕掛けるのは犯罪になりますか?

このことから、探偵が調査をおこなうことで知らずに犯罪行為を犯してしまっている場合があります。

探偵が犯罪行為(意図は関係ない)によって手に入れた調査結果は、裁判などの証拠として使えないだけではなく、逆に犯罪者として訴えられる可能性もあります。

そのため、探偵は実際に調査を行うスタッフはもちろん、依頼者に対して、事前に犯罪行為となる調査手法は使わないこと、また、どのような行為が犯罪となるか、依頼者に事前説明を行う必要があります。

浮気調査アプリを使うと逮捕される?

探偵に浮気調査を頼まず、自分で浮気調査をしたいという人は結構いるのではないでしょうか。

その自分で浮気調査をしたい人が使う手段として、「浮気調査アプリ」というアプリがあります。

浮気調査アプリを使えば、基本無料で相手の居場所やSMSの内容、電話帳のデータをスマホから盗み見することが出来ます。

無料という言葉に魅力を感じて、浮気調査アプリを使って自分でパートナーの浮気を調べる人もいますが、一歩間違うと浮気調査アプリを使った浮気調査は違法行為となります。

■浮気調査アプリが違法となるケース
他人のスマホに勝手にアプリをダウンロードした。
他人のスマホからデータを勝手に抜き取った。
スマホの機能を使い居場所を特定した。
アプリを使いスマホで盗聴(盗撮)した。

このようなケースは、違法行為として、スマホの持ち主から訴えられるだけでなく、刑事事件として、警察に取り調べをうけ、逮捕される場合があります。

どのような法律に違反するかは、「不正指令電磁的記録作成罪」、「不正アクセス禁止法」、「プライバシーの侵害」などの複数が考えられます。

浮気をする人の方が悪い。
不貞行為は不法行為なのだから、アプリを使って調べて大丈夫。
バレなければ大丈夫。
という考えは通用しません。

例え、夫婦や恋人同士であったとしても、他人のスマホに浮気調査アプリを勝手にダウンロードした時点で、犯罪行為となりますので、絶対に浮気調査アプリを勝手にダウンロードしないようにしてください。