霊峰白山伏流水で出来る美味しいお米で楽しむ!
田んぼdeアート大作戦♪
はじめに
このプロジェクトは石川県能美市の霊峰白山伏流水が流れる手取川のお水を引いている田んぼに白米と古代紫黒米という2種類の色の違う稲で田んぼにアートを描きます。
アートの背景は白米で、アート部分は古代紫黒米をプロジェクトに共感する家族や農業には興味のない若者そして田んぼ自体を知らない次の世代の子供たちが稲を手植えすることで楽しみながらお米に親しむ機会を提供したいと思い2013年より始まりました。
たかはし糀店・たかはし農園
明治創業たかはし糀店4代目高橋佳孝
先代から有機栽培に取り組み、糀店では珍しく土づくりから稲作、精米、糀仕込みまでを一貫して生産している。霊峰白山から流れる手取川の水で出来た田んぼに触れる機会をみなさんに提供できて何か感じてもらえれば嬉しいです。
HIROKO’S PLACE

ヤマゾエヒロコ
食育活動として、日常の食事において、同じ献立でも調理器具や調味料を正しいものに変えることで健康的な生活を手にすることを提案しています。余分な添加物や砂糖、油を少なくする工夫であったり、手前味噌や塩糀・甘酒作りを通して、自然な調味料の大切さをお伝えしています。

田んぼアートプロジェクトのはじまり

高橋さんからのひと言にハッ!とした
高橋さんが、『お米がどうやってつくられているか知らない子供たちが多くなってきているんだよね』と。
よく考えたら大人の私自身、農家さんの努力も知らない、またどのように稲が育っていくかも漠然としてる、お米の花は何色?と聞かれて知らなかったり、米文化の日本に育ちながら全然分かってないじゃん。だけど、私のように知らない大人も沢山いるだろうと思いました。そしてちょっとしたキッカケで、このようなプロジェクトに係りたいと思う方もいるのではないかと考えました。
米文化と発酵食
日本では古来より丑の日には糀とお水だけの甘酒を飲みビタミンB群やアミノ酸を補給して夏バテを防止していました。
糀やお米と日本人が密接に繫がっているのがよくわかります。
お米について農地の体感を通してお米、糀という食べ物を知ってもらいたい、ということ。
また、出来たお米や糀でいただく食の楽しさについて知ってもらい、これが日本人にどれほど健康を提供してるのかを理解してほしいです。
日本の豊かな文化を感じてもらえたら幸いです。
米文化と発酵食
日本では古来より丑の日には糀とお水だけの甘酒を飲みビタミンB群やアミノ酸を補給して夏バテを防止していました。
糀やお米と日本人が密接に繫がっているのがよくわかります。
お米について農地の体感を通してお米、糀という食べ物を知ってもらいたい、ということ。
また、出来たお米や糀でいただく食の楽しさについて知ってもらい、これが日本人にどれほど健康を提供してるのかを理解してほしいです。
日本の豊かな文化を感じてもらえたら幸いです。

何が体験できるの?

田植えイベント 
5〜6月に開催、みんなで泥んこになろう
糀の会
 7月に開催、甘酒と塩糀の作り方、活用法をレクチャーします
アート撮影会、バーベキュー 
8月に開催、アートを楽しんでバーベキューを満喫
稲刈りイベント
10月に開催、実った稲を手刈りします。
お餅とおこわの会
11月に開催、お餅とおこわを作って収穫祭
アート撮影会、バーベキュー 
8月に開催、アートを楽しんでバーベキューを満喫

田んぼアートギャラリー

ウルトラマン

田んぼの側にある手取フィッシュランドにちなんで

ゴゴゴ

漫画の擬音をイメージして

ドン!!

漫画の擬音をイメージして

パンダ

子供たちが喜びました

巨人の足あと

能美市に巨人現る

フィルとムー

World Theater Project とのコラボ