【漫画家 棚園正一さん講演会】
不登校だった日々はたからもの

2020年3月7日(土) 15:00〜18:00
2020年3月8日(日) 13:00〜17:00

場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)

2日間開催

ご挨拶

「不登校は問題行動ではない」「不登校は誰でもなりうる」と文部科学省から通達が出され、夏休みの終わりには不登校の児童生徒に向けた「無理して学校に行かなくていいよ」キャンペーンが打たれる昨今です。しかしながら、子どもの数は減少しているにもかかわらず、不登校になる児童生徒は増加の一途にあります。

子どもが学校に行き渋ったり、行けなくなったりすると、親は戸惑い、途方に暮れることがほとんどです。社会を見渡してみれば、不登校経験があっても、大きく活躍している人は大勢います。有名人でなくとも、幸せに暮らしている人も大勢いるのですが、現在不登校当事者である子どもや保護者にはなかなか信じにくいものです。

このような現状への一助となるべく、ご自身の不登校体験をもとにした漫画『学校へ行けない僕と9人の先生』の作者である棚園 正一氏を講師にお迎えし、講演会を企画しました。当事者の子どもの目線から、不登校についてリアルで冷静な描写がなされたこの漫画は、多くの人々の心に響き、静かに売れ続けています。棚園氏はNHK Eテレ「ウワサの保護者会」にも出演、不登校をテーマとした講演も各所で行っています。

今回、棚園氏の講演、そして不登校経験のある若者との対談、保護者とのパネルディスカッションを2日間に渡り行うことで、不登校の子どもと保護者が気持ちを楽にし、未来に希望を見いだせるきっかけとなることを強く願っています。

棚園正一さん講演会実行委員会(不登校支援オフィスここるーむ、咲くふぁ福岡)

こんな方が対象です

  • 不登校・行きしぶりの当事者、保護者
  • お子さんの将来に不安のある方
  • お子さんの可能性に興味がある方
  • 子どもの未来を考えたい方
  • 教職員、福祉、行政等に関わる方
  • 不登校支援に興味がある方
  • 子どもの未来を考えたい方

開催内容

3/7(土)
15:00〜18:00
不登校当事者の座談会

漫画家・棚園正一さんと不登校経験のある若者たちによる座談会です。
不登校であった頃のことや、現在のこと、また将来について、本音で語っていただきます。
ご来場の方々からのご質問の時間もたっぷり設けます。
3/8(日)
13:00〜15:00
棚園正一さん講演会
「不登校だった日々はたからもの」

自叙伝的漫画『学校へ行けない僕と9人の先生』を通して棚園さんに学校に行けなかった日々を語っていただきます。
15:15〜16:15
パネルディスカッション

棚園さんと、不登校当事者の家族が登壇。親と子の関わりについてパネルディスカッション形式で語っていただきます。
サイン会
(両日開催)
『学校へ行けない僕と9人の先生』販売会・サイン会

2日間ともに閉会後、著書『学校へ行けない僕と9人の先生』の販売とサイン会を行います。
販売は先着60冊となります。
既に購入された本へのサインもいただけますのでご持参ください。

3/8(日)
13:00〜15:00
棚園正一さん講演会
「不登校だった日々はたからもの」

自叙伝的漫画『学校へ行けない僕と9人の先生』を通して棚園さんに学校に行けなかった日々を語っていただきます。

漫画家・棚園正一氏について

1982年 愛知県生まれ。
      13歳の時に漫画家 鳥山明に出会い、漫画家を志す。
2005年 集英社少年ジャンプ 第70回手塚賞
2008年 集英社少年ジャンプ 第68回赤塚賞
2008年 講談社月刊少年マガジンにて読み切り作品
    「Soleilーソレイユー」にてデビュー
2015年 『学校へ行けない僕と9人の先生』(双葉社)
2015年 『マンガ うんちく名古屋』(KADOKAWA)
2019年 『マジスター 見崎先生の病院訪問授業』(小学館)

漫画家・イラストレーターとして活躍する傍ら、不登校だった自身の小・中学校時代を描いた『学校へ行けない僕と9人の先生』が注目を集め、不登校をテーマとした講演を各所で行う。

特技は深夜徘徊と鼻歌。
好きな食べ物は海鮮類全般。


漫画『学校へ行けない僕と9人の先生』について

鳥山明先生と出会い、少年は生きる希望を見つけた。
小〜中学校時代、不登校だった著者の実体験を基にした物語。
学校へ行けない日々、「9人の先生」との出会いと別れを通じて、喜び、傷つきながら成長していく少年の姿を描きます。
※イベント当日に販売会・サイン会を行います。(先着60冊)

開催概要

2020年3月7日(土)
内容 不登校当事者の座談会
時間 15:00〜18:00(受付開始 14:30)
場所

視聴覚室
(ふくふくプラザ 5階)

参加費

1,000円(18歳以下無料)

※参加費は当日会場でお支払いください。

定員

50名

場所

視聴覚室
(ふくふくプラザ 5階)

2020年3月8日(日)
内容 ・棚園正一さん講演会
・パネルディスカッション
時間 13:00〜17:00(受付開始 12:30)
場所

ふくふくホール
(ふくふくプラザ 1階)

参加費 1,000円(18歳以下無料)

※参加費は当日会場でお支払いください。
定員

200名

場所

ふくふくホール
(ふくふくプラザ 1階)


助成・後援・協力

助成 一般財団法人グリーンコープ生協ふくおか
後援 福岡市教育委員会、糸島市教育委員会
西日本新聞社
RKB毎日放送、TNCテレビ西日本、FBS福岡放送、テレQ
協力 一般社団法人「福岡おやじたい」
後援 福岡市教育委員会、糸島市教育委員会
西日本新聞社
RKB毎日放送、TNCテレビ西日本、FBS福岡放送、テレQ

開催場所

福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)

福岡市中央区荒戸3丁目3−39
☎︎092-731-2929


お申し込み

当イベントには定員(3月7日:50名、3月8日:200名)があります。
早めの予約をお願いいたします。

お申し込みは、申し込みフォームボタン、QRコード、または当ページ最後の実行委員会へご連絡ください。

※参加費は当日会場でお支払いください。


主催者 棚園正一さん講演会実行委員会について

咲くふぁ福岡
不登校体験のある子を持つ母ふたりのボランティアグループです。
こころを休める話す会「アガパンサスカフェ」を月2回開催。また、専門家を招いての講演会・勉強会等を開催しています。ブログ「アガパンサス日記(ダイアリー)」毎日更新中。

☎︎080-9140-1050(10〜18時)
✉️sacfa2018@gmail.com
不登校支援オフィス ここるーむ

不登校の親の立場で、不登校相談・カウンセリング、親の会、講座、講演等の活動をしています。
福岡市西区の九大学研都市を拠点として福岡市、糸島市、唐津市などでも活動しています。
(2019年まで「CAFEココ」として支援活動。)

☎︎090-3011-9619
✉️cocoroom@ma2bon.com

不登校支援オフィス ここるーむ

不登校の親の立場で、不登校相談・カウンセリング、親の会、講座、講演等の活動をしています。
福岡市西区の九大学研都市を拠点として福岡市、糸島市、唐津市などでも活動しています。
(2019年まで「CAFEココ」として支援活動。)

☎︎090-3011-9619
✉️cocoroom@ma2bon.com