なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

田中 豊治

プロフィール

佐賀市在住
家族構成:妻、子ども2人
趣味:温泉、カラオケ、旅行
現 西九州大学康福祉学部教授・同大学園国際交流センタ一長
昭和23年 長崎県佐世保五島列島久島生まれ
昭和48年 青山学院大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修土)
昭和52年 東洋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学
昭和60年 東邦大学医療短期大学助教授
平成5年 学位取得(社会学博士)東洋大学
平成8年 佐賀大学文化教育学部教授
平成26年西九州大学健康福祉学部教授
専門分野 まちづくりコミュニティ社会学、地域社会学、組織・集団論
行政経験 佐賀市行政改革推進会議副会長、小城市行政改革推進委員会委員、佐賀県都市計画区域マスタープラン専門部会委員など

座右の銘
  • 人生は楽しめ。人は楽しむために生まれてきたのだ。
  • 人生は楽しめ。人は楽しむために生まれてきたのだ。

田中とよじ事務所
〒840-8790佐賀市本庄町本庄215-7
TEL:0952-25-1888
FAX:0952-25-1888
HP:https://tanaka-toyoji.jp/

1.自分自身を一言で伝えると?

  • 「NO!オスプレイ」の田中

  • 佐賀空港は、普通の平和空港として、断じて軍事空港化、軍事基地化しない。佐賀駐屯地として“佐賀の沖縄化”をさせない。もし「自衛隊との共有」を認めれば、佐賀は永久に「基地の街」になってしまう。佐賀のあの美しい自然も環境も悪化し、やがて澄み切った青空にもバルーンは飛ばなくなる。オスプレイ17機、ヘリコプター50機、1日60回以上の低空飛行訓練は、爆音や振動により市民生活の安寧と秩序を乱し、さらに市民尾生命・財産・健康をも危機に晒す。市長の役割は市民の生命と財産を守ることである。

     もっと国際空港化を進め、佐賀空港を利用した「佐賀市振興計画」(交通ジャンクションとそれに伴う企業誘致=有明海経済観光特区構想)を考える。「九州の中心地」「アジアの中のSAGA 」というスローガンによって、佐賀の将来像と全体像を描くことができる。

  • 佐賀空港は、普通の平和空港として、断じて軍事空港化、軍事基地化しない。佐賀駐屯地として“佐賀の沖縄化”をさせない。もし「自衛隊との共有」を認めれば、佐賀は永久に「基地の街」になってしまう。佐賀のあの美しい自然も環境も悪化し、やがて澄み切った青空にもバルーンは飛ばなくなる。オスプレイ17機、ヘリコプター50機、1日60回以上の低空飛行訓練は、爆音や振動により市民生活の安寧と秩序を乱し、さらに市民尾生命・財産・健康をも危機に晒す。市長の役割は市民の生命と財産を守ることである。

     もっと国際空港化を進め、佐賀空港を利用した「佐賀市振興計画」(交通ジャンクションとそれに伴う企業誘致=有明海経済観光特区構想)を考える。「九州の中心地」「アジアの中のSAGA 」というスローガンによって、佐賀の将来像と全体像を描くことができる。

2.自分の政治的スタンスを一言で伝えると?

  • 「新しいことに理想的に挑戦していくタイプ」
  • 人間は本来「夢追い人」である。夢があるから生きられる。夢があるから耐えられる。とくに政治家は地域リーダーとしてまちづくりの将来像と全体像を自ら企画立案しかつそれを現実に実現できる人である。優れたリーダーは、よく聴き、動き、そして変えることができる人間である。市民の切実なニーズを把握するため、「現状分析―原因解明―改善提案―行動変革」に取り組む。市民の夢と希望とロマンを提唱し、持続する高い志を持っていつまでも追い続けることが大切である。

    私の特性は、「パッション、ミッション、ビジョン、アクション」という「4ション」を持っていることである。私は佐賀市と佐賀市民を幸せにするため「幸福都市日本一構想」を掲げ、その実現に向けてこれからの私の生涯を賭けたい。

  • 人間は本来「夢追い人」である。夢があるから生きられる。夢があるから耐えられる。とくに政治家は地域リーダーとしてまちづくりの将来像と全体像を自ら企画立案しかつそれを現実に実現できる人である。優れたリーダーは、よく聴き、動き、そして変えることができる人間である。市民の切実なニーズを把握するため、「現状分析―原因解明―改善提案―行動変革」に取り組む。市民の夢と希望とロマンを提唱し、持続する高い志を持っていつまでも追い続けることが大切である。

    私の特性は、「パッション、ミッション、ビジョン、アクション」という「4ション」を持っていることである。私は佐賀市と佐賀市民を幸せにするため「幸福都市日本一構想」を掲げ、その実現に向けてこれからの私の生涯を賭けたい。

3.教育の地域間格差どうする?

  • 「教育レベルを上げることに力を入れる」
  • 150年前、日本近代化を推進した鍋島藩士たちは、鍋島直正公が創立した弘道館教育マインドを受けて、日本へ、アジアへ、世界へと飛翔した。直正公は、人財育成に当たり、年齢・性別を問わず、富裕・貧富の差別なく、藩内外から優秀な人財を公募し、個人の意欲・能力・実力・実績による適材適所主義を徹底した。

    現代佐賀においても、「教育館佐賀・鍋島ルネサンス」を再建することが重要だと考える。結局、「人は財産」「教育レベルアップ、最高の教育こそ最重用すべきである。その進学先は、国内留学として首都東京体験もいいが、さらには海外留学も視野に入れて、国際教育、海外留学にももっと力を入れるべきである。

  • 150年前、日本近代化を推進した鍋島藩士たちは、鍋島直正公が創立した弘道館教育マインドを受けて、日本へ、アジアへ、世界へと飛翔した。直正公は、人財育成に当たり、年齢・性別を問わず、富裕・貧富の差別なく、藩内外から優秀な人財を公募し、個人の意欲・能力・実力・実績による適材適所主義を徹底した。

    現代佐賀においても、「教育館佐賀・鍋島ルネサンス」を再建することが重要だと考える。結局、「人は財産」「教育レベルアップ、最高の教育こそ最重用すべきである。その進学先は、国内留学として首都東京体験もいいが、さらには海外留学も視野に入れて、国際教育、海外留学にももっと力を入れるべきである。

4.経済の地域間格差どうする?

  • 「一人当たりの収入が増えるような施策を打つ」

  • それぞれの個人所得を上げて格差是正を図ることは大切である。今までのような佐賀市政では経済的格差は解決できないと考える。むしろそれを打破するために、佐賀空港を中心とした「有明海経済観光特区構想」や農村部でも「世界農業遺産」申請を図り、日本の原風景を守り国際的観光資源として生かしていくような施策への取り組みが必要である。つまり「九州佐賀国際空港」の運用次第によってはある程度の収入増は見込められる

    だからと言って、収入増だけを求めていく意味ではない。佐賀は自然豊かなまちであり、市政によっては精神的豊かさを兼ねるライフスタイルを追求することができる。つまり「楽しい人生」や「面白い生活」ができる社会システムに変えていくことはできる。例えば、アジアからAIやIT産業誘致、バルーン産業の拡大、医療ツーリズムの制度化、温泉ホスピタリティ文化などに取り組む。

  • それぞれの個人所得を上げて格差是正を図ることは大切である。今までのような佐賀市政では経済的格差は解決できないと考える。むしろそれを打破するために、佐賀空港を中心とした「有明海経済観光特区構想」や農村部でも「世界農業遺産」申請を図り、日本の原風景を守り国際的観光資源として生かしていくような施策への取り組みが必要である。つまり「九州佐賀国際空港」の運用次第によってはある程度の収入増は見込められる

    だからと言って、収入増だけを求めていく意味ではない。佐賀は自然豊かなまちであり、市政によっては精神的豊かさを兼ねるライフスタイルを追求することができる。つまり「楽しい人生」や「面白い生活」ができる社会システムに変えていくことはできる。例えば、アジアからAIやIT産業誘致、バルーン産業の拡大、医療ツーリズムの制度化、温泉ホスピタリティ文化などに取り組む。

5.佐賀の女性の活躍の現状をどう考える?

  • 「充分ではない」
  • SDGs(エスディージーズ)」の17目標のうち、第5番目の目標が「ジェンダー平等を実現しよう」である。時代は「男女の性差」から「個人の意欲差・能力差・実力差・実績差」に変わりつつある。女性のポテンシャルやポシビリティを活かした「社会環境」を創出することが需要である。とくに女性からの声が高いものは、①「自己能力の開発・育成・発揮」(本当に満足できる仕事がしたい)、②「意思決定過程への参加参画」(重要な仕事と権限と責任を与えてほしい)、さらに③仕事の成果をきちんと「適正評価」してほしい、という要望である。

    具体的な施策としては、市職員新規採用の6割は女性と「女性枠」を設ける。幹部職員への昇任人事の人事評価において、女性の加算点制度を制度化する。

  • SDGs(エスディージーズ)」の17目標のうち、第5番目の目標が「ジェンダー平等を実現しよう」である。時代は「男女の性差」から「個人の意欲差・能力差・実力差・実績差」に変わりつつある。女性のポテンシャルやポシビリティを活かした「社会環境」を創出することが需要である。とくに女性からの声が高いものは、①「自己能力の開発・育成・発揮」(本当に満足できる仕事がしたい)、②「意思決定過程への参加参画」(重要な仕事と権限と責任を与えてほしい)、さらに③仕事の成果をきちんと「適正評価」してほしい、という要望である。

    具体的な施策としては、市職員新規採用の6割は女性と「女性枠」を設ける。幹部職員への昇任人事の人事評価において、女性の加算点制度を制度化する。

6.秀島市政を評価する?今後どうする?

  • A:「評価しない」
    B:「今後も取り組んでいく」

  • A:秀島市政の評価は正直評価できるところと、評価できないところがある。佐賀市を取り巻く最大懸案事項は、「佐賀空港オスプレイ配備計画」と「新鳥栖・武雄温泉間の新幹線問題」である。秀島市長は、市議会の答弁を通じて、「配備反対」あるいは「配備に慎重」といった答弁はあったものの、市民に対して、また国・防衛省に対して、市長として、「私は佐賀空港オスプレイ配備に反対」と述べたことは一回もない。市長としては、より正確な意思表明をすべきであったと思う。新幹線問題も同様である。どのように考えているか明確にしていない。

    B:バイオマス事業は、第一フェーズとして高く評価できる。しかし「宣言」だけではなく、発展的にゼロエミッション的に考え、佐賀大学を中心に「産業クラスターの形成」に力を入れることである。マイナス要因をプラスに転換する技術開発を産・学・官・民で行い、産業の再集積を図る。

  • A:秀島市政の評価は正直評価できるところと、評価できないところがある。佐賀市を取り巻く最大懸案事項は、「佐賀空港オスプレイ配備計画」と「新鳥栖・武雄温泉間の新幹線問題」である。秀島市長は、市議会の答弁を通じて、「配備反対」あるいは「配備に慎重」といった答弁はあったものの、市民に対して、また国・防衛省に対して、市長として、「私は佐賀空港オスプレイ配備に反対」と述べたことは一回もない。市長としては、より正確な意思表明をすべきであったと思う。新幹線問題も同様である。どのように考えているか明確にしていない。

    B:バイオマス事業は、第一フェーズとして高く評価できる。しかし「宣言」だけではなく、発展的にゼロエミッション的に考え、佐賀大学を中心に「産業クラスターの形成」に力を入れることである。マイナス要因をプラスに転換する技術開発を産・学・官・民で行い、産業の再集積を図る。

7.これまでになかった新しい独自の取り組みたい施策

  • 「ある」

  • 「アジアの人材が集まる国際学園都市構想」を実現する。

  • 「アジアの人材が集まる国際学園都市構想」を実現する。

下記ページは、討論会の議論としませんが、投票の参考として
ご覧ください。

8.佐賀市の市街地活性化どうする?

  • A:「一歩ずつ進んでいる」
    B:駅周辺の開発について「評価しない」

  • A : まず「個店」対策に力を注ぐ。それぞれの個店から、もう一度その店にしか出来ないオンリーワンの「商品(逸品)を開発する。その商品にグローバルブランドの付加価値を付けて、ネットを通して国内外に展開する。このプロセス全体を全面支援する。そして「個店同志の連携」を図ることで、国際的・広域的な振興を図る。
    5G対応のフリーWi-Fi環境を整え、誰もが気軽に情報発信できるようにする。双方向で情報を行き来させ、情報面からも活性化していく。

    B : 「駅前開発」については、例えば、お金をかけなくても、マルシェみたいな「市」(生産者の自由市場、農協+漁港+生協=複合施設など)を作り上げ、「賑わい空間」(お祭り広場)を創出することが大切である。

  • A : まず「個店」対策に力を注ぐ。それぞれの個店から、もう一度その店にしか出来ないオンリーワンの「商品(逸品)を開発する。その商品にグローバルブランドの付加価値を付けて、ネットを通して国内外に展開する。このプロセス全体を全面支援する。そして「個店同志の連携」を図ることで、国際的・広域的な振興を図る。
    5G対応のフリーWi-Fi環境を整え、誰もが気軽に情報発信できるようにする。双方向で情報を行き来させ、情報面からも活性化していく。

    B : 「駅前開発」については、例えば、お金をかけなくても、マルシェみたいな「市」(生産者の自由市場、農協+漁港+生協=複合施設など)を作り上げ、「賑わい空間」(お祭り広場)を創出することが大切である。

9.佐賀市のほぼ毎年の災害レベルの大雨対策、どうする?

  • 「防災に新しい喫緊の施策(短期的)を用意する」

  • 今年も、記録的な豪雨より、ご存じのように、佐賀 県、佐賀市に大きな被害をもたらした 。
    私は、これからの対策として、次 の 4つのことを提案したいと思います。

    1つは、雨を一時的に貯留する「調整池」を新設ことです。この「調整池 」をどこに作るかといえば、例えば、ゆめタウンの北側 など、すでにいくつか建設されていますが、さらに増設するということである。

    2つは、「ため池」を改良して治水に使用する方法です。経済的側面からすると、効果的だと思う。

    3つは、「水道ポンプに関する権限強化」 をもっと図るべきだと思う。

    4つは、Wi -Fi 環様の整備で、天気予報、洪水状況、定点観測による被災地のリアルタイム情報提供など、IT や AI を活用し、被害を最小限に留めるようにする。

  • 今年も、記録的な豪雨より、ご存じのように、佐賀 県、佐賀市に大きな被害をもたらした 。
    私は、これからの対策として、次 の 4つのことを提案したいと思います。

    1つは、雨を一時的に貯留する「調整池」を新設ことです。この「調整池 」をどこに作るかといえば、例えば、ゆめタウンの北側 など、すでにいくつか建設されていますが、さらに増設するということである。

    2つは、「ため池」を改良して治水に使用する方法です。経済的側面からすると、効果的だと思う。

    3つは、「水道ポンプに関する権限強化」 をもっと図るべきだと思う。

    4つは、Wi -Fi 環様の整備で、天気予報、洪水状況、定点観測による被災地のリアルタイム情報提供など、IT や AI を活用し、被害を最小限に留めるようにする。

10.オスプレイには賛成・反対?

  • 反対
  • 私は一貫してオスプレイの佐賀空港配備には「反対」の立場である。そのために立候補した。佐賀空港は「普通の空港」としての未来を描くことができる。陸(新幹線、ライトトレイン、沿岸道路)、海(ホーバークラフト)、空(国際ハブ空港)の「一大ジャンクション」(交通・交流の結節点)として十分やっていける。
    この「アジアのハブ空港化」が海外からの企業誘致にもつながり、国際便の増加により地元特産品(農作物など)の海外展開も可能になる。人・金・物・スキル・ファッションなどが活性化するようになる。
    オスプレイなしでも、この都市は充分にやっていけそうである。
    だから私は反対です。

  • 私は一貫してオスプレイの佐賀空港配備には「反対」の立場である。そのために立候補した。佐賀空港は「普通の空港」としての未来を描くことができる。陸(新幹線、ライトトレイン、沿岸道路)、海(ホーバークラフト)、空(国際ハブ空港)の「一大ジャンクション」(交通・交流の結節点)として十分やっていける。
    この「アジアのハブ空港化」が海外からの企業誘致にもつながり、国際便の増加により地元特産品(農作物など)の海外展開も可能になる。人・金・物・スキル・ファッションなどが活性化するようになる。
    オスプレイなしでも、この都市は充分にやっていけそうである。
    だから私は反対です。

11.新幹線には賛成・反対?

  • 賛成
  • 「南(有明)ルート」と「フル規格」に「賛成」の立場を取ります。
    ただし、新鳥栖―武雄温泉間は、これまでの在来線を活かし、「特急」あるいは「快速」を走らせることが前提です、
    佐賀空港を「軍事空港化」するのではなく、「アジアのハブ空港」、「新幹線佐賀空港駅」、「有明海沿岸道路の中心地」にすることで、佐賀空港は陸空海を結び「一大ジャンクション」になります。佐賀空港をアジア社会に開かれた「九州の新都心」として発展させることは可能である。そのために是非「フル規格」の「佐賀空港駅」を望みます。

  • 「南(有明)ルート」と「フル規格」に「賛成」の立場を取ります。
    ただし、新鳥栖―武雄温泉間は、これまでの在来線を活かし、「特急」あるいは「快速」を走らせることが前提です、
    佐賀空港を「軍事空港化」するのではなく、「アジアのハブ空港」、「新幹線佐賀空港駅」、「有明海沿岸道路の中心地」にすることで、佐賀空港は陸空海を結び「一大ジャンクション」になります。佐賀空港をアジア社会に開かれた「九州の新都心」として発展させることは可能である。そのために是非「フル規格」の「佐賀空港駅」を望みます。

12.佐賀市の財政政策の考え方について

  • 「積極財政派」

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、佐賀市の中小企業・個人企業は赤字状態に陥ており、個人も収入減を余儀なくされている。佐賀市民の生活が疲弊していると言える。このような状態を克服するためには、短期的に積極的財政政策が求められる。

    しかし、地方財政の本来あるべき姿は、臨時財政対策債のような特例的な地方債に依存せず、かつ、巨額の債務残高によって圧迫されない状態である。新型コロナウイルス感染症の影響に伴い一時的に臨時財政対策債の発行額が増加することはやむを得ないとしても、中長期的には、計画的に特例的な地方債への依存の改善と、債務残高の引下げに取り組んでいく必要がある。

    そのためには、佐賀空港を新しい発展モデルとして実現し、少子高齢化の厳しい現状を乗り越えていく必要がある。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、佐賀市の中小企業・個人企業は赤字状態に陥ており、個人も収入減を余儀なくされている。佐賀市民の生活が疲弊していると言える。このような状態を克服するためには、短期的に積極的財政政策が求められる。

    しかし、地方財政の本来あるべき姿は、臨時財政対策債のような特例的な地方債に依存せず、かつ、巨額の債務残高によって圧迫されない状態である。新型コロナウイルス感染症の影響に伴い一時的に臨時財政対策債の発行額が増加することはやむを得ないとしても、中長期的には、計画的に特例的な地方債への依存の改善と、債務残高の引下げに取り組んでいく必要がある。

    そのためには、佐賀空港を新しい発展モデルとして実現し、少子高齢化の厳しい現状を乗り越えていく必要がある。