“棚田でキャンプしよう”

We created an opportunity to enjoy camping at a valley of Tanada (Rice Terrace).
Why don't you feel the harvest season and escaping from the hustle and bustle of a city?

参加申し込みページへ

台風21号の接近および秋雨前線停滞のため、残念ながらイベントは中止となりました。

なお、同イベントにつきましては、春先のGWを目安に延期して開催することになりました。


開催が決定しました際には改めてご案内いたしますので、また楽しみにして頂ければ幸いです。


棚田について

棚田は平地の田んぼとは異なり、一つ一つの区画が小さく急勾配にあるので、大型の機械による耕作が出来ず手間がかかります。

そのため昭和の減反政策とともに耕作放棄が進みました。それではいけないと棚田を守るための様々な保全活動を通して、徐々にではありますが、棚田の復活とともに共感者も増えてきました。

次の一歩は、棚田自体の魅力を未来に向けて、農業の生産性とは異なるアクションが必要だと考えています。

What is ?

棚田キャンピング

田植え〜稲刈りまでの収穫作業が終わった休耕中の棚田で、テントを張りキャンプをする企画です。棚田の景観を満喫するとともに、保全活動の一環に繋げていけたらという願いが込められています。


会期中は、3つのイベントを用意しています。


耕作機で田おこし作業体験 Event3/1

棚田の新米飯ごう炊き体験 Event3/2

キャンプファイヤー体験  Event3/3


Who is ?

棚田フューチャーズ

棚田フューチャーズは稲倉の棚田オーナー、稲倉の棚田保全委員会、菅平ファミリーオートキャンプ場、NPO法人 野原の学校の有志が集い組織された任意団体です。

棚田キャンピングをきっかけに棚田の可能性を追求していきます。

Where is ?

棚田

真田家ゆかりの郷、信州上田「稲倉の棚田」(イナグラノタナダ)にて開催します。

上信越自動車道の東部湯の丸IC、もしくは上田菅平ICからわずか5km、上田の街並みが眼下に広がる先に美ヶ原高原、その果てに北アルプス連峰が霞む壮大なロケーションです。

満天の星空の下、自然観光と人工環境とが一体になった場所へこれほど早く簡単にアクセスできる棚田はとても貴重です。

また、その美しい景観から日本の棚田百選にも選出されています。


稲倉の棚田ホームページ

CHECK

Event 3/1


耕作機で田おこし作業体験

米の収穫後の乾いた田んぼの土を掘り起こし、細かく砕く作業です。

小型の耕作機の使い方を教わりながら、実際に動かす体験ができます。力を入れずに真っ直ぐ進むことやクラッチを握って方向転換するのはエキサイティングな体験です。

Event 3/2


棚田の新米飯ごう炊き体験

稲架掛け(ハサカケ)により天日干しされた美味しい棚田米

現地の湧水を汲んで、飯ごう炊きにします。焦げ付かない工夫や火加減のコツなど専門家のレクチャーをもとに炊き上がった白米のご飯をみんなで味わいます。

おかずは各自にて対応してもらいます。現地の直売所などをご紹介しますので、長野の味を堪能していただけます。

Event 3/3


キャンプ
ファイヤー体験

陽が落ちると真っ暗になる棚田にかがり火を焚いて、キャンプファイヤーが始まります。

点火の演出トワリング、やぐら火を囲んでのゲームなど参加者同士の交流を一緒になって楽しめます。

火が落ち着いたらスモア(焼きマシュマロ)の体験です。

When is ?

開催日


17/10/21(Sat.) 
〜 10/22(Sun.)


開催日は10月21日(Sat.)〜22日(Sun.)を予定しています。〈荒雨天中止〉

本年度に収穫した棚田の新米を味わっていただけます。

夜はとても冷えるので、しっかりとした防寒対策が必要です。

  



イベントごとに十分なフリータイムを設けて、ゆっくりと棚田鑑賞市街観光を満喫していただけるように心がけています。

2日目は12時に閉会の挨拶としますが、テントや荷物はそのままに、夕方までフリータイムにします。

そのため、市街観光や自然探索など自由に足を運んでもらえるような体制になります。

近隣には真田家ゆかりの史跡、温泉施設、地域物産店などが豊富にあって便利です。

How to 

参加

参加いただく形態として、2通りの方法をご用意してます。現地でキャンプ用品レンタル対応なので、お気軽にご参加できます。6人を1区画単位として、希望数をご予約ください。

持参したテントとキャンプ用品で参加……①

手ぶらで一泊・デイキャンプで参加………②

おかげさまで、常設テント区画のチケットが完売となりました!

テントをお持ちでない方は、持込テント区画にてお申し込みいただき、レンタル用品の「テント」にチェックをつけていただくよう、お願い致します。
ご自身でテントを設営いただくことになりますが、初心者の方には設営サポートをさせていただきます。

① 持込テント区画


参加費:
3,000円

1区画あたり約3m×6m範囲を提供します。
持込んだキャンプ用品を自分達で設営するエリアです。範囲内であれば何張りでも設営可能ですが、人数は6人までとなります。

② 常設テント区画


完売しました!


テントをお持ちでない方は、①持込テント区画にてお申し込みいただき、レンタル用品の「テント」をご選択ください。
ご自身でテントを設営いただくことになりますが、初心者の方には設営サポートをさせていただきます。

レンタル用品

リスト

(税込)
  1. タープ…………………………2500円
  2. マット…………………………1500円
  3. シュラフ………………………2000円
  4. 毛布……………………………  500円
  5. テーブル(イス別)…………1200円
  6. イス(1脚)…………………  500円
  7. バーベキューコンロ…………1000円
  8. バーベキューコンロ用網……  500円
  9. ランタン(電池式)…………  600円
  10. 鉄板……………………………  500円
  11. 鍋………………………………  500円
  12. カセットコンロ(ボンベ別)  500円
  13. 炭………………………………  500円
  14. 着火剤…………………………  250円
  15. チャッカマン…………………  500円
  16. テント…………………………5000円(追加しました)


*飯ごう炊き体験での飯ごうなどは参加費に含まれます。

*常設テント区画には、9.ランタンが参加費に含まれます。

*レンタル用品は、現地にてお支払いとなります。

 


 
 
【荷物発送について】
  • 荷物を発送される場合は、前日までの必着としてください。送り先住所は
 〒386-0004
 長野県上田市殿城2889-1
 稲倉の里農村交流館 宛
 TEL:0268-75-4808

【施設利用について】
  • ペットの同伴は問題ありません。
  • 棚田の保全活動という趣旨をご理解いただいてお申し込みください。
  • 残飯類は洗い場を含めて必ずまとめてお持ち帰りください。鳥獣被害防止のご協力をお願いします。
  • 使用済みの炭は確実に消火を確認してください。
  • 完全に燃えた灰は田んぼ内に放置いただいて構いません。
  • トイレは交流館に女性用×1、男性用×1、車イス用×1がございます。(水洗トイレ)
  • レンタル用品は、現地にてお支払いとなります。
  • お車でお越しの際は、案内看板に従い砂利道に縦列駐車をお願いします。
  • 交流館の駐車場は農作業専用となりますのでご利用できません。
  • 農作業体験もありますので、汚れても良い衣服をご用意ください。
  • 棚田には外灯がありませんので、明るいライトをご持参ください。
  • 夜間はとても冷えますので、しっかりとした防寒対策をお願いします。
  • 開催期間中の飲食はご参加者様にて調達、調理となります。イベントでの棚田の新米ご飯(1合/人程度)のみ、ご提供します。
【情報の更新について】
  • 近況情報はFaceBookにて更新しますので、随時ご確認ください。 チェック


免責事項

棚田フューチャーズ主催の棚田キャンピング(以下「当イベント」)は下記のように免責事項を定めさせて頂いております。当イベント会期中にはご参加者様の安心・安全に最大限に努めてまいりますが何卒、ご理解を賜りますよう宜しくお願い致します。

【当イベントについて】 
  • 当イベントでは活動記録用および雑誌、WEB、SNS、テレビなどの各媒体に画像やテキストなどが掲載される可能性がありますので、予めご了承ください。
  • 当イベントについての内容は予告なく変更する場合があります。
  • 天変地異、その他主催者側の責によらない事由により開催予定が変更、中止になる場合があります。その際は事前にお知らせをしますが、参加費以上の保証は負いません。
  • 会期中に発生した怪我についてはレクリエーション保険に加入していますのでお申し出ください。

【参加費について】
  • お支払いただいた参加費については、当イベント中止時以外のいかなる理由でも払い戻しはできませんのでご了承ください。

【交通について】
  • 稲倉の棚田までは各自でご来場いただきますので、交通費はご参加者様にてご負担ください。
  • 往路、復路など移動途中の事故に対しては責任を負いかねます。道中は事故などの無いようお気をつけください。

【貴重品について】
  • 貴重品については各自責任を持って管理してください。
  • 紛失、トラブルなどについては責任を負いかねます。