タマホームの平屋の価格や間取りの事例!ホントに500万円はありえる?

有名なハウスメーカーの中に、タマホームという業者があります。ここの業者は価格が安いことでも知られていますし、坪単価を調べても安いことがわかるでしょう。いろいろな住宅を取り扱っていますが、特に平屋の商品が多くなっています。口コミでもよい評価が多く、事例を参考にして間取りを自分で決めることも可能です。中には500万円で建てられる住宅などというのも存在しています。

タマホームの平屋はホントに500万円?

・本当に500万円で平屋が建設できるのか
タマホームの宣伝文句に、500万円の平屋住宅というのがあります。本当に500万円で平屋住宅が建つのかというと、結果から言えば不可能です。なぜならまず日本には消費税というとんでもない税金が課せられるので、500万円の住宅を購入した場合、8パーセントの消費性が加算されてしまいます。しかも2019年にはこの消費税が10パーセントに増税される予定なので、そうなればもっと高くなるでしょう。

次に住宅というのは本体価格だけではなく、他にもいろいろな料金が課せられるので、口コミや評価をしているサイトなどを見ても、最低900万円は必要になると記載されているのです。これでもかなり安いですし、最も安い商品を選んでこの価格になるので、少し余裕を持って1000万円はかかると思った方がよいでしょう。

・タマホームでも認めている
インターネットでいろいろと調べてみると、500万円で平屋住宅を建てるのが不可能だということは、タマホームも認めているという情報があります。やはり900万円以上は必要とのことなので、500万というのは盛りすぎだと言ってもよいでしょう。あくまで本体価格のみの金額であり、総額ではもっと掛かるということを承知の上で利用しないといけません。

タマホームの平屋の価格や坪単価の相場は?

・価格1550万円で延床面積96.26平方メートル
タマホームでS字タイプの平屋住宅を注文したときの一例です。坪単価は54万円で、ゆったりとしたつくりになっています。木造住宅でオール電化、大安心の家シリーズと呼ばれているタマホームの定番商品の1つです。
https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_tamahome/101745_0000_13/jitsurei/jc_0033/

・3LDKで価格が1550万円
平屋住宅の場合には、3LDKの作りが多くなっています。坪単価は45万円で、延床面積が136平方メートルです。ビルトインガレージも併設されており、リビングダイニングからデッキへ直接行くこともできます。日本らしく和室も設けられています。
https://chuumonjutaku.com/tamahome/entry726.html

・1650万円で施工面積が35.92坪
複数あったパターンから、最もしっくりとくる方法で間取りを作成し、正方形に近づけるような設計になっています。部屋は4LDKですが、コンパクトな作りだと言えるでしょう。和室を中心にするという奇抜な点も目立っています。
https://ameblo.jp/chimster/entry-11565423149.html

タマホームの平屋の間取りの事例

・4LDKの間取り
4LDKの間取りにすると、かなり広い土地でなければ難しいでしょう。無理やり4LDKにするよりも、狭い土地なら3LDKに変更するという方法もあります。しかし、家族が多い場合には4LDKにして、自分の部屋を確保することも重要でしょう。できれば最低でも35坪ぐらいあると快適な生活ができます。
https://xn--ogtz3c.xyz/560/

・2LDKの間取り
2LDKであれば、多少狭い土地であっても十分余裕を持って建設できることがメリットでしょう。もちろん建設費用も少し安くなります。しかし、家族が増えたときには増築するのも難しくなるので、この点ではデメリットだと言えるでしょう。最初に家族のことをよく考えて建設するべきです。
https://xn--ogtz3c.xyz/567/

タマホームの平屋のガレリアートの特徴

・ガレージをいろいろと利用する
ガレリアートはガレージと平屋が融合しているので、普通は車を止めるのに使用されているガレージを、庭の代わりに使用することができるのです。しかも一般的なガレージよりも広くなっていることが多いので、雨の日などは子供の遊び場として利用することも可能です。車を持っていない家であっても、庭代わりに使用することもできるため、いろいろな利用方法が存在しているのが特徴になります。

・長期優良住宅として認められている
ガレリアートは長期優良住宅として認められている家になっています。認められていると何が違うのかというと、税金などが安くなるのです。ただでさえ日本は税金が異常に高いので、このような長期優良住宅を建設し、節税対策をしてみてはいかがでしょうか。ちなみに長期優良住宅というのは、耐久性が高い家のことを指します。

・地震に強い構造をしている
日本は地震が多い国ですが、最近は特に多くなっています。そのため、ガレリアートのような地震に強い商品は人気が高いのです。なぜ地震に強いのかというと、1つめは平屋であるため、2つめはツーバイフォー工法を用いているためです。高いお金を支払って家を建てるのですから、地震に強い家を建てて、長持ちさせたいという人が多いのは当然だと言えるでしょう。

タマホームの平屋の口コミ、評判

・秋田県・48歳・安田さんの口コミ
タマホームで平屋住宅を建設したのですが、他のハウスメーカーと比較をしたところ、1番安価だったため、個々の業者を選びました。安いからと言ってお粗末な住宅が建ったわけではなく、しっかりとした住宅を建ててもらいました。田舎なので、広い土地を確保することができたのです。

・東京都・52歳・斉藤さんの口コミ
友人からタマホームがよいとすすめてもらい、実際に依頼をしてみました。自由設計の平屋住宅にしたのですが、家族が少ない上に東京都内なので、それほど広い土地は確保できませんでした。それでも十分納得がいく家を建てることができたので、よい業者を紹介してくれた友人に感謝しています。

・静岡県・43歳・勝田さん
いろいろな業者で見積もりを依頼して比較をしたのですが、最も安い上に対応がよかったのがタマホームでした。40坪で4LDKの平屋住宅を建ててもらったのですが、最初は少し狭いのではと思ったものの、十分な広さが確保でできたのでよかったです。長期優良住宅であったため、税金も少し安くなったので大助かりです。

・広島県・55歳・津島さん
以前会社の同僚が、タマホームという業者に依頼をして、よい家を建ててもらったことを思い出しました。自分もタマホームに依頼しようと思い、早速連絡をしてみたのです。対応も親切でしたし、料金もお手頃だったので、耐震強度の高い平屋住宅を建ててもらいました。完成したらそれで終わりではなく、アフターケアもよかったので、タマホームを選んでよかったです。

まとめ

タマホームの魅力は、やはり料金が安いという点でしょう。500万円という宣伝は過剰ですが、それでも他の業者よりは安く平屋住宅を建てることが可能です。高寿命で耐震強度の高い家を建てることができるので、中には若い人でも家を建てている人がいるぐらいです。自由設計も可能なので、このような家にしたいという希望を叶えることもできるでしょう。