なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

tale花火大会2020

‐Presented by CANDY-
後援 札幌市保健福祉局障がい保健福祉部


こんなときだからこそ、上を向こう。

2~6月で1104人の障害者が解雇…

このコロナ禍で2~6月の期間だけで、全国で1000名以上の障害のある方が解雇になったというニュースがありました。

求人は徐々に回復してはきているものの、一般の雇用ですら不安定な状況で、この先の就職活動も例年に比べると苦戦を強いられることが想像できます。
当の本人も苦しい状況にありますが、就労を支援している事業所のスタッフさんも、もどかしい思いが続いているのが現状かと思います。

気持ちが滅入ってくると、人は下を向きがちになります。
そんな状況で「物理的にちょっとでも上を向く機会をつくり、就労支援の業界に明るい話題を提供できれば」という想いで、日頃の恩返しの気持ちも込めて花火大会を開催します。

右図)パーソルチャレンジ株式会社
「新型コロナウイルスによる障害者の採用・雇用施策への影響」調査結果(2020年6月19日)


僕たちの挑戦

障害当事者及び支援者の願いを短冊に書き、それを花火と一緒に打ち上げ、自分たちの願いを乗せたオリジナル花火を上げます。このコロナ禍であったからこそ体験できたという特別な機会をつくることで、現状を少しでもポジティブに捉えられる時間を提供します。※花火の打ち上げ時間は7分程度です
イベントでの密を避けるため、基本的には参加者以外には打ち上げ場所を伝えない形とし、花火は映像として記録し編集した映像として後日配信します。

開催日時:2020年10月11日(日) 18:30から打ち上げ予定

クラウドファンディングにも挑戦中です!
tale』は、札幌市内の就労支援事業所に通う利用者さんを対象としたイベントを企画する任意団体です。
コンセプトは次の2つ。

・「好き」や「得意」を、これからの「自信」と「やりがい」に繋げる
・障害福祉サービス受給期間を、人生の誇りと転機にする

これらの活動に関わることで、その人がその人だけの物語(tale)を自分でつくっていくきっかけとなって欲しい、という想いを込めて名付けました。
これは事業所に通う方に限らず我々にとってもそうですし、一緒に活動していく仲間たちにも同じように、自分だけの物語をつくっていって欲しいと思っています。

参加方法

①花火と一緒に打ち上げる短冊を書きたい
各事業所で事業所内の短冊を取りまとめていただき、郵送もしくは回収という形でお願いしております。こちらの申し込みフォーム より、必要な情報を入力ください。こちらから改めてご連絡いたします。(短冊の記載は無料です)
※花火のサイズの関係で、短冊の大きさや縦6㎝×横3㎝と小さなものになります。予めご了承ください。
※できるだけ多くの事業所の方に参加いただけるよう、1事業所あたり最大で20枚までとさせていただきます。20人以上の方にご記入いただく場合は、表裏などをうまくご活用ください。


②花火大会の会場で花火を見たい(会場の場所を知りたい)
今回はイベントとして密を避けるため、参加人数に限りがあります。参加券(有料)をご購入いただいた方にのみ打ち上げ場所をお伝えしておりますので、こちらからお申込みください。
※就労支援事業所に通う障害のある方・事業所の支援者の方は こちら →どうしても購入ページからの購入が難しいという方は、こちら からお問い合わせください。
※一般での参加を希望される方は こちら(クラウドファンディングのページから購入)


感染症予防対策に関して

メンバー

伊藤 真哉
元就労移行支援・A型事業所
所長
Chie Shizukuishi
精神科 看護師
平井 真悟
就労継続支援B型事業所りあん
所長
いしがみ ゆい
就労継続支援B型事業所いるむ
店長
中村 健太
訪問美容師
中村 健太
訪問美容師


協賛

株式会社Paraiso
はしもと あつむ
高石 美菜
行政書士 オフィス プライム
・アイ
マジシャン アッキー
なかむらちゃん
竹平 梢人