【独学合格】宅建の勉強時間の目安と効率的な勉強法を徹底解説!

宅建は不動産の仕事に関わる国家資格で、不動産業界で働きたいと思っている方の中には受検を検討している方も多いことでしょう。

しかし、国家資格ともなると独学で合格できるか不安も大きく、どんな勉強法があるのかも気になるところです。

そこで、この記事では宅建はどのくらいの勉強時間を持てば合格できるのか、独学で勉強する際のポイントをまとめました。

宅建の効率的な勉強法なども解説しているので、受検を検討している方はぜひ参考にしてください。

宅建に独学合格するために必要な勉強時間の目安

宅建の受検に向けた勉強時間は、一律で何時間勉強すれば良いというものではなく、個人の知識量やこれまでの経験・能力により若干の差が生じるものです。

勉強時間の目安はざっくり言えば100~300時間は必要ですが、無資格でも不動産会社で働いてきた方のように、ある程度の基礎知識がある方は勉強時間が短くなる傾向です。

対して、法律や不動産関係にほとんど知識がない方は、基礎からしっかり勉強しなければならないので勉強時間が長くなりやすく、多い方では500時間前後も勉強する方がいます。

いずれにしても勉強のやり方によるところもあるので、効率的に勉強を進めることがポイントです。

1日2時間、勉強期間は最低2か月弱は確保したい

勉強時間を1日に2時間を目安にする場合、トータル300時間で合格を目指すなら約5ヶ月かかる計算です。

ですが、膨大な情報を覚えなければならないため、長期にわたりダラダラ勉強するよりも、できれば一定期間に集中して勉強して受検する方がモチベーションを維持しやすいでしょう。

短期決戦で効率よく勉強していけば、1日2時間ほどの勉強時間なら最短でも2ヶ月前後で受検することもできます。

宅建の効率のいい勉強法(重視すべき科目や配分など)

出題数の多い「宅建業法」と「権利関係」に7割の時間を割く
宅建の試験では、4つの項目の合計で50問が出題されます。科目のうち「宅建業法」と「権利関係」だけで34問を出題するため、この2つの科目に力を入れるようにしましょう。

宅建は1問1点の配点方式で、50点満点の試験です。問題によって獲得できる点数に変更はないものの、すべての問題が4つの選択肢から1つを選ぶ択一式となっています。

非常に幅広い範囲からの出題になるので、勉強する範囲も広くなるのですが、すべての科目を完璧に勉強することはなかなかできることではありません。

そのため、出題数が多い科目に絞り込んで勉強することがおすすめなのです。

勉強時間のうち7割程度を「宅建業法」と「権利関係」に当てて優先的に勉強すれば、無理に全体を勉強するよりも点数を取りやすくなるでしょう。
勉強期間中は間を空けず、毎日絶対やる
勉強期間中はできるだけ毎日勉強するようにして、勉強しない日を作らない方が得策です。

宅建で習得する内容は、学校の勉強で言う計算問題のように反復練習で実力が付くようなタイプではなく、歴史などのように暗記する内容が多いため、いかにして覚えておくかがポイントになります。

人間の脳は刺激を与えないでいると忘れていくので、できるだけ毎日勉強する方が良いのです。

毎日勉強する時間を作るのは大変ですが、宅建に合格するまでの間の辛抱と考えて、毎日取り組むようにしましょう。
勉強期間中は間を空けず、毎日絶対やる
勉強期間中はできるだけ毎日勉強するようにして、勉強しない日を作らない方が得策です。

宅建で習得する内容は、学校の勉強で言う計算問題のように反復練習で実力が付くようなタイプではなく、歴史などのように暗記する内容が多いため、いかにして覚えておくかがポイントになります。

人間の脳は刺激を与えないでいると忘れていくので、できるだけ毎日勉強する方が良いのです。

毎日勉強する時間を作るのは大変ですが、宅建に合格するまでの間の辛抱と考えて、毎日取り組むようにしましょう。
暗記は必須だが、条文・判例などの理解不足に注意
宅建で必要な知識は、ほとんどが暗記しなければならないものです。しかし、中には条文や判例なども含まれていて、その具体的な内容はしっかり理解する必要があります。

宅建で出題されるのは4択問題のみでも、正誤を見極めると同時に、何が問われているのかを整理しなければなりません。

あてずっぽうでも当たる可能性はありますが、後々のことを考えるとしっかりと内容を理解しておく方が良いでしょう。

もしも、問題文を読んで理解できないと感じるなら、過去問や問題集に戻って再度勉強し直してみてください。必要に応じて解説を読むのも良い方法です。

どうしても理解できない!という内容なら、「これはこういうもの」として暗記するのもアリです。

また、暗記にはゴールデンタイムがあり、寝る前が最も良いと言われています。

脳は寝ている間に記憶を整理して定着させるので、寝る直前に覚えたことは忘れにくいと言われているからです。

寝る前の30分を暗記の時間に当てて、翌日に復習するといった方法を試してみましょう。
過去問は最低3回は解く、模試は必ず受ける
どの資格試験を受けるときも過去問を解くと良いといいますが、特に宅建の場合は過去問がとても重要です。

宅建士試験は重要な論点が繰り返し出題される傾向で、過去に出された問題がまた出題される可能性が高いのです。

さすがに一語一句違わない問題が出ることはありませんが、言い換えれば今回の試験でも出題される問題が詰まっている宝の山とも解釈できます。

そのため、過去問は最低でも3回、できれば3回以上は解くことをおすすめします。

1回目はこれまでインプットした知識が、問題になるとどんな風に問われるのかを知るために問題を解いていきます。

1回目では合格基準に満たなくても、思ったより全然問題が解けなくても気にしないで大丈夫です。実際の試験問題を体験して自分の理解度をしっかり把握するようにしましょう。

2回目は、解いた問題を答え合わせする前に、これまで使ってきたテキストに戻り自分で答え合わせをしてください。

こうすることで、過去問の解答をそのまま鵜呑みにするよりも、ずっと深く理解することができます。

3回目は、これまでの仕上げのような感覚で確実に正解することを狙って取り組んでいきましょう。

正解率が高い方は、これまで間違えた問題のみに絞って取り組むことも良い方法です。このような形で最低でも3回は解くようにします。

時間的に余裕がある方や、自分の理解度に不安がある方は、3回以上過去問を解いて納得できるまで何度も解くのも良い方法です。

また、模試を受けられるならどんどん受けておきましょう。実力試しはもちろん、試験の雰囲気に慣れるほか、出題傾向にも慣れることが期待できます。
過去問は最低3回は解く、模試は必ず受ける
どの資格試験を受けるときも過去問を解くと良いといいますが、特に宅建の場合は過去問がとても重要です。

宅建士試験は重要な論点が繰り返し出題される傾向で、過去に出された問題がまた出題される可能性が高いのです。

さすがに一語一句違わない問題が出ることはありませんが、言い換えれば今回の試験でも出題される問題が詰まっている宝の山とも解釈できます。

そのため、過去問は最低でも3回、できれば3回以上は解くことをおすすめします。

1回目はこれまでインプットした知識が、問題になるとどんな風に問われるのかを知るために問題を解いていきます。

1回目では合格基準に満たなくても、思ったより全然問題が解けなくても気にしないで大丈夫です。実際の試験問題を体験して自分の理解度をしっかり把握するようにしましょう。

2回目は、解いた問題を答え合わせする前に、これまで使ってきたテキストに戻り自分で答え合わせをしてください。

こうすることで、過去問の解答をそのまま鵜呑みにするよりも、ずっと深く理解することができます。

3回目は、これまでの仕上げのような感覚で確実に正解することを狙って取り組んでいきましょう。

正解率が高い方は、これまで間違えた問題のみに絞って取り組むことも良い方法です。このような形で最低でも3回は解くようにします。

時間的に余裕がある方や、自分の理解度に不安がある方は、3回以上過去問を解いて納得できるまで何度も解くのも良い方法です。

また、模試を受けられるならどんどん受けておきましょう。実力試しはもちろん、試験の雰囲気に慣れるほか、出題傾向にも慣れることが期待できます。

宅建の勉強の仕方と科目別の特徴

宅建の資格取得を目指す方は、はじめに参考書などをしっかりと読み全体を把握しておきましょう。

全てを完璧に暗記しなくても大丈夫ですが、過去問や問題集を解いてよく出るポイントを押さえておくようにします。

このときにどの科目から勉強するか迷う方もいるかと思いますが、勉強の順番は宅建業法>権利関係>法令上の制限、税・その他という割合がおすすめです。
宅建業法
宅建業法では、全50問中20問が出題されます。宅建の問題数の中でも最も多い出題数のため、しっかり覚えておきたい科目です。

内容は、各種手続きや業務上の規制についての内容が中心となり、暗記項目も多いです。

暗記項目は覚えていれば満点が狙える問題なので、独学で合格を目指すなら極めておくようにしましょう。

極める際には、過去問やお手持ちの問題集で出題パターンを把握しておくと有利になります。
権利関係(民法)
権利関係(民法)では、14問が出題されます。宅建業法の次に問題数が多い科目で、法律の知識が全くない方には理解が厳しいことが多いです。

どちらかというと問題のパターンを把握するのも難しいので、できるだけ時間をかけてしっかり勉強しておきたい科目です。

権利関係(民法)においても、過去問は出題傾向が参考になります。過去問で出題された内容はできる限りしっかり覚えておきましょう。
法令上の制限
法令上の制限は、出題傾向の全体を把握することと、各用語やルールの意味をしっかり理解しておけば大方問題ない科目です。

ただ、直近の法改正が問題に出やすく、影響を受けやすいのでその点には注意が必要です。

図や表に関する暗記項目が多いので、過去問に出題された図や表はしっかり覚えておくようにしましょう。
税、その他
税金の種類は全体では非常に多くの種類がありますが、過去問に出題された問題は穴がないように確実に覚えておきましょう。

土地や建物に関する統計データからも出題されることがあるので、最新データをチェックしておくことがおすすめです。

また、税、その他の科目には、暗記していれば解答できる問題と、実際に計算して解答する理解力を試す問題が含まれています。

理解力を試す問題がどうしても得点につながりにくい場合は、思い切って避けるのも1つの方法です。

その分、得点につながりやすい暗記問題はしっかりと押さえておくようにしましょう。

宅建は独学合格が可能なのか?実は難易度は低め

宅建は独学合格が十分可能な国家資格で、一見すると難しそうに見えても難易度が高いわけではありません。

独学受検を含む合格率は全体で15~17%と低く、独学でも通信教育やスクールを利用していても合格率に差はないのです。

宅建は出題範囲が広いため、どれほど効率よく勉強するかがポイントになるのです。
宅建の合格率が低い理由
宅建の合格率は平均すると15~17%くらいで推移していますが、なぜこんなに低いのでしょうか。

そもそも、国家試験の場合、合格率は20%未満になることが多いのですが、国家試験という観点から見ると合格率は低くはありません。

ただ、宅建の場合は受検資格に年齢や学歴などの制限がなく、とりあえず受検する方が多いのです。

中には、不動産会社に入社して間もない段階で受検する新入社員もいて、十分な準備をしないで受検している方も結構いるのです。

合格率は国家試験としては低くはないことや、しっかり準備をして試験に挑む方が少ないことなどを考えると、さほど気にすることはないでしょう。

むしろ、しっかり準備をしてから受検する方が、自信を持って試験に挑むことができます。
勉強計画通りにきちんと進めれば合格可能!
宅建は自分なりに勉強計画を立てて、計画通りにしっかり進めていけば合格も夢ではありません。平均すると1日2時間の勉強なら約5ヶ月で合格レベルに達します。

すべての科目でパーフェクトを目指すことは難しくても、得点を取れる問題はしっかり覚えておけば、合格ラインと言われる35~37点程度は取れるようになります。

そのためにも、勉強計画通りにしっかりと進めていくことが重要です。
ただしモチベーション低下に注意!
宅建資格の試験勉強で最も難題となるのがモチベーションの低下です。長期にわたる試験勉強はそれだけでげんなりする方もいることでしょう。

加えて、出題範囲が果てしなく広いため、勉強をすればするほどモチベーションが下がることも考えられます。

宅建の試験勉強は1日の勉強時間を決めて行い、気分転換やストレス発散をしっかり取り入れて、モチベーションを維持できるようにコントロールしていきましょう。

まとめ

宅建資格は独学でも受検・合格可能な国家資格です。勉強のやり方次第では最短2ヶ月ほどで合格する方もいるため、いかに効率的に勉強するかが合格へのカギになります。

試験勉強中は、過去問題とお手持ちの問題集や参考書をしっかり活用して、過去問でつまずく問題は、何度も参考書と過去問の間を行ったり来たりしながら確認するようにしましょう。

また、定期的に息抜きやストレス発散を行い、モチベーションを維持していくことも大切です。できるだけ、ポイントを押さえた勉強を実施していき、宅建試験の合格を目指していきましょう。

※参考サイト

一般財団法人 不動産適正取引推進機構