“宅建独学”に役立つ
おすすめ参考書3選

宅建独学を何を読めば良いか・・・

私は大学時代に宅建を取得しましたが、
宅建取得にはどの参考書を使うかが鍵となります。
特に宅建を独学で取得を目指す方には参考書が非常に重要です。
今回はおすすめの参考書3冊を紹介させて頂きます。

おすすめ参考書3選

「宅建士 合格へのはじめの一歩」
TAC出版

法学部以外の方におすすめです。
宅建は民法を押さえるのが重要ですが、
法学部以外の学生の方には民法はハードルが
高いと思います。
こちらの参考書はやさしく書かれていますので、独学にも最適です。


★★★詳細はこちら★★★

----------------------------------------------
「TAKKEN士 一問一答セレクト600」
TAC出版

入門書で知識を得たら、一問一答の問題集で、
知識のアウトプットをしましょう。
こちらの一問一答は、テーマごとに問題が分かれていて、
基礎学習には最適です。


★★★詳細はこちら★★★

----------------------------------------------





「宅建士の12年過去問題集」
TAC出版

入門書・一問一答で基礎を固めたら、実践形式で知識を深めましょう。
こちらの問題集は過去12年分の実際に出題された問題が入っています。
宅建は、過去問を解くことが合格する上で非常に重要ですので、こちらの過去問題集で、実践力を付けましょう。

★★★詳細はこちら★★★

----------------------------------------------
 

「宅建士の12年過去問題集」
TAC出版

入門書・一問一答で基礎を固めたら、実践形式で知識を深めましょう。
こちらの問題集は過去12年分の実際に出題された問題が入っています。
宅建は、過去問を解くことが合格する上で非常に重要ですので、こちらの過去問題集で、実践力を付けましょう。

★★★詳細はこちら★★★

----------------------------------------------
 

まとめ

以上、宅建独学に役立つ参考書3選でした。独学では、入門書・基礎固め・実践の3段階が非常に重要ですので、紹介した3冊は読んでおきましょう。

宅建指南役プロフィール

宅建・管理業務主任者・マンション管理士等の不動産資格試験応援しています!
宅建取得は「なりたい自分」への近道になると考えます。

宅建指南役のTwitterはこちら