お庭の価値を最大化する

ブランド一覧

エクステリア専門ブランド
和風庭園専門ブランド
店舗植栽専門ブランド
剪定専門ブランド
ガーデンスタイル研究ブランド
パブリック専門ブランド
海外ブランド
パブリック専門ブランド

ブランドサービス詳細

 お庭のある豊かな生活を、ご家族の夢の暮らしを、団らんの住まいを形にします。外構・エクステリア・ガーデンの専門家としてオリジナルのガーデンデザインをお客様と共に設計し、磨き上げた職人技術で施工します。最も大切な視点、「機能性」「デザイン性」「快適性」の3視点を兼ね備えた安心安全快適な外構こそ、お勧めする理由です。自社独自のライフスタイル&ガーデンデザインでご家族のライフスタイル嗜好に合わせたデザインを提供できます。

 日本庭園の特徴は、庭園の主役とされる石組です。日本人の石組に対する思想は上古の時代に遡り、神の拠り処とされて崇められてきた磐座(いわくら)から伝い継がれたものです。日本人が神として大切にしてきたものは大自然への崇敬の念であり、八百万の神々への敬意の心でありました。日本の神道は神話として語り継がれました。神話の舞台として知られる出雲地方は、10月を神無月(かんなづき)と呼ぶ日本の風習に対して、神有月(かみありづき)と呼ぶ唯一の地域です。その出雲地方で古くから伝えられている日本庭園を「出雲流庭園」といいます。出雲流庭園は日本の時代や文化を反映し受け継がれ、現代に残されてきました。出雲流庭園の意味と価値を今後世界へ発信していきます。
 日本庭園の特徴は、庭園の主役とされる石組です。日本人の石組に対する思想は上古の時代に遡り、神の拠り処とされて崇められてきた磐座(いわくら)から伝い継がれたものです。日本人が神として大切にしてきたものは大自然への崇敬の念であり、八百万の神々への敬意の心でありました。日本の神道は神話として語り継がれました。神話の舞台として知られる出雲地方は、10月を神無月(かんなづき)と呼ぶ日本の風習に対して、神有月(かみありづき)と呼ぶ唯一の地域です。その出雲地方で古くから伝えられている日本庭園を「出雲流庭園」といいます。出雲流庭園は日本の時代や文化を反映し受け継がれ、現代に残されてきました。出雲流庭園の意味と価値を今後世界へ発信していきます。

 店舗植栽とは、お店の入口周辺に行う植栽や外構などのことをいいます。お店の前をきれいに整えることで、店舗イメージをアップすることが目的です。植栽があるだけでお店のイメージは格段に変わります。
 近年は、FacebookやInstagramなどのSNSによって商品や店内の様子が拡散され、集客には欠かせない手法となりました。しかし、顧客が来店の際に必ず目にするのは店舗の入り口です。素敵な商品や店内の写真とは異なった入口がとても多く見られます。写真で期待値が上がった分、入口とのギャップに違和感を感じることも多くあります。そのギャップは感性で感じ取り、購買行動に影響を与えていきます。
 それでは、店舗植栽をすればいいのか!というと、そうではありません。より店舗植栽の効果を売上と結びつけるためには、マーケティングの力を最大限に発揮した店舗植栽をする必要があるのです。この新しい当社オリジナルの手法が「マーケティング店舗植栽」です。


 お庭のメンテナンスを手軽!安心!手ごろ!サッパリーズは年間管理でお任せできるお庭管理専門ブランドです。
 丁寧なスタッフで相談しやすい。明朗会計で安心!月々払いだからお財布にも優しい♪そんなサービスを提供します。
 庭木メンテナンスは、剪定、害虫駆除防除、草抜き、施肥、芝刈など、年間を通じて様々な作業が必要です。多くのお庭が必要に応じて都度作業を発注する形をとっています。また、業界の特徴として職人一人に対しての金額しかわからないので、作業が終わってみないと請求金額が分からないという不安お持ちの方も多いです。さらに、熟練の年配職人には声を掛けにくく、客なのに気を遣うなんてことも日常茶飯事です。このような不安、不満、不快をすべて解決できるお庭管理がないのだろうか‼ということで誕生したのが「サッパリーズ」なのです。
 サッパリーズは、庭木を年間通じて季節ごとに管理します。作業は定期的に行うので、毎回のご連絡は不要です。庭木は季節ごとに作業が決まっています。春になると害虫が発生します。5月にはマツノキの新芽が伸びます。梅雨には菌類の病気が発生します。また、低木の剪定時期です。夏には2回目の害虫が発生し、秋には高木の剪定時期です。冬にはマツノキのもみあげ剪定時期です。また、寒肥と防虫の時期です。サッパリーズでは、年間の作業のすべてを任せることができるので、年間を通じてメンテナンスから解放されます。メンテナンスには草抜きのオプションなどご自宅のお庭の様に合わせてコースやオプションを選択できるので、非常に分かり易くてお手頃なサービスをお求めの方にお勧めです。
 お庭のメンテナンスを手軽!安心!手ごろ!サッパリーズは年間管理でお任せできるお庭管理専門ブランドです。
 丁寧なスタッフで相談しやすい。明朗会計で安心!月々払いだからお財布にも優しい♪そんなサービスを提供します。
 庭木メンテナンスは、剪定、害虫駆除防除、草抜き、施肥、芝刈など、年間を通じて様々な作業が必要です。多くのお庭が必要に応じて都度作業を発注する形をとっています。また、業界の特徴として職人一人に対しての金額しかわからないので、作業が終わってみないと請求金額が分からないという不安お持ちの方も多いです。さらに、熟練の年配職人には声を掛けにくく、客なのに気を遣うなんてことも日常茶飯事です。このような不安、不満、不快をすべて解決できるお庭管理がないのだろうか‼ということで誕生したのが「サッパリーズ」なのです。
 サッパリーズは、庭木を年間通じて季節ごとに管理します。作業は定期的に行うので、毎回のご連絡は不要です。庭木は季節ごとに作業が決まっています。春になると害虫が発生します。5月にはマツノキの新芽が伸びます。梅雨には菌類の病気が発生します。また、低木の剪定時期です。夏には2回目の害虫が発生し、秋には高木の剪定時期です。冬にはマツノキのもみあげ剪定時期です。また、寒肥と防虫の時期です。サッパリーズでは、年間の作業のすべてを任せることができるので、年間を通じてメンテナンスから解放されます。メンテナンスには草抜きのオプションなどご自宅のお庭の様に合わせてコースやオプションを選択できるので、非常に分かり易くてお手頃なサービスをお求めの方にお勧めです。
 近年のお庭は非常に機能的になり、車を止めやすく、草が生えない、そしてデザインも多彩になりました。日常生活は便利になり、時間を有効に使えるようになりました。しかし、便利なお庭になる一方、庭の大切な要素である癒しや団らんの場としての要素は叶えられていないことが多いです。それは、リビング前のお庭がほとんど使われていないことでよくわかります。かつて日本庭園が多い時代には、縁側から見える庭が癒し空間であり団らんの場所でした。現在の建築様式では、リビング前の庭空間がその役割を果たす場所になっています。そこは、掃き出し窓を通じて家と庭が一つになる唯一の場所です。日本人特有の家に対する素晴らしい考え方である”庭屋一如”が実現する場所なのです。しかし実際は、リビング前にデッキをつけてみたが使われていない、屋根をつけたが洗濯物を干すだけ、BBQをしたいが快適でなく寛げないなど、空間を癒しや団らんの場として最大限使えていないのが現実です。
 それは、何故か!それは、リビング前の庭空間の使い方を誰も知らないからです。これは、私たちの業界に大きな原因があります。これまで、デッキやテラス屋根などの製品を販売して取り付けることを一生懸命になったために、本来の暮らしの提案や新しい暮らし方の発信を怠ってしまったのです。つまり、外構・エクステリア・造園業界が暮らし方を提供しなかったのです。リビング前という豊かな暮らし創出に価値の高い空間をご購入されていながら、ほとんど活用されていない現実は、モノからコトへと言われて久しいこの時代に、いまだにモノ販売に執着していた業界の一員として反省せざる負えません。
 そこで、お庭の暮らし方を本気で研究して、世の中に発信していくために立ち上げた研究機関が”お庭の暮らし方研究所”なのです。研究所では、様々な暮らし方に特化したリビング前ガーデンを発信し、実際に体験できる場をつくります。さらに、AIやIOTなど最先端技術を活用し、お庭での暮らしを進化することに挑戦していきます。
 出雲大社で有名な島根県出雲市で1984年から庭園に関する様々な仕事に取り組んできました。公共工事と民間工事それぞれのブランドを有して、大小さまざまな庭園を設計・施工しています。建設業として国からの許可を得た造園会社として責任のある仕事を信念として行っています。多くの資格を取得してるスタッフが、技術と知恵と心を駆使したサービスを提供します。
【許可内容】
島根県知事(特、般)第 5015 号
(特定建設業)造園工事業
(一般建設業)土木工事業
【優良工事表彰】
昭和 59 年 建設省都市局長賞
平成 04 年 出雲市長賞
平成 05 年 建設省建設事務次官賞
【その他表彰】
平成 08 年 しまね景観賞 出雲市・くすのき広場
平成 09 年 しまね景観賞 出雲市・宍道湖グリーンパーク
【加盟団体】
(一社)島根県造園業協会
(一財)日本造園修景協会
(一社)日本樹木医会
NPO法人しまね樹木医会
日本庭園学会
【有資格】
樹木医・樹木医補・島根県景観アドバイザー・植栽基盤診断士・造園工事基幹技能者・街路樹剪定士・1級造園施工管理技士・1級造園技能士・2級土木施工管理技士・測量士補・上級造園修景士・監理技術者・松保護士・
農業改良普及員・農薬管理指導士・注薬士・RIKCADオペレーション技能検定一級・1級エクステリアプランナー・2級エクステリアプランナー・ブロック塀診断士・色彩検定2級・福祉住環境コーディネーター・福祉住環境コーディネーター3級・ローズ・コンシェルジュ
 出雲大社で有名な島根県出雲市で1984年から庭園に関する様々な仕事に取り組んできました。公共工事と民間工事それぞれのブランドを有して、大小さまざまな庭園を設計・施工しています。建設業として国からの許可を得た造園会社として責任のある仕事を信念として行っています。多くの資格を取得してるスタッフが、技術と知恵と心を駆使したサービスを提供します。
【許可内容】
島根県知事(特、般)第 5015 号
(特定建設業)造園工事業
(一般建設業)土木工事業
【優良工事表彰】
昭和 59 年 建設省都市局長賞
平成 04 年 出雲市長賞
平成 05 年 建設省建設事務次官賞
【その他表彰】
平成 08 年 しまね景観賞 出雲市・くすのき広場
平成 09 年 しまね景観賞 出雲市・宍道湖グリーンパーク
【加盟団体】
(一社)島根県造園業協会
(一財)日本造園修景協会
(一社)日本樹木医会
NPO法人しまね樹木医会
日本庭園学会
【有資格】
樹木医・樹木医補・島根県景観アドバイザー・植栽基盤診断士・造園工事基幹技能者・街路樹剪定士・1級造園施工管理技士・1級造園技能士・2級土木施工管理技士・測量士補・上級造園修景士・監理技術者・松保護士・
農業改良普及員・農薬管理指導士・注薬士・RIKCADオペレーション技能検定一級・1級エクステリアプランナー・2級エクステリアプランナー・ブロック塀診断士・色彩検定2級・福祉住環境コーディネーター・福祉住環境コーディネーター3級・ローズ・コンシェルジュ
 出雲地域は独特の庭園文化をもっています。日本庭園の中でも、地域の特色が代々継承され続けている地域は非常にすくない、これまでも研究テーマとされてきました。出雲地域の庭園はその独特さゆえ、出雲流庭園と名づけられています。出雲流庭園は、松平不昧公の茶の湯の影響を受け、蹲踞や飛石をはじめとする茶庭(露地)の形式を取り入れています。また、市木である黒松を中央に据え、庭の主役として大切にされてきました。出雲の黒松は雲竜型という全国的にも珍しい仕立て方をされるなど独特の発展を遂げています。また、出雲の黒松を出雲松と呼び、その素性の良さから、高額にて全国へ販売された歴史をもちます。さらに、石組みにも特徴があり、個人邸においては、南西にひときわ目立つ巨石が据えられます。かつて日本人が八百万の神を崇めて巨石を磐座とし祀った古代を彷彿させるかのような巨石の石組です。出雲地域では、出雲流庭園は庭として眺めるだけでなく、縁側では人が集い、庭を介して日常から交流する場として利用されてきました。漬物をつまみながら茶をすすり大笑いする文化が出雲の文化なのです。この文化を海外へ発信し、出雲流庭園を通じて国際交流と発展できることを期待し、出雲流庭園を海外へ発信してまいります。



GROUP概要

会社名 株式会社タケダ造園
住所 島根県出雲市下横町402
電話番号 0853-28-8282
代表者 竹田 和彦
資本金 2,000万円
設立 1984年8月
許可 島根県知事(特、般)第5015号
(特定建設業)造園工事業
(一般建設業)土木工事業
事業内容 造園工事・土木工事
外構およびエクステリアの設計、施工
店舗に関する造園修景工事
造園緑化全般に関する設計、施工、企画、商品販売
有資格 樹木医
島根県景観アドバイザー
植栽基盤診断士
造園工事基幹技能者
街路樹剪定̪士
1級造園施工管理技士
1級造園技能士
2級土木施工管理技士
上級造園修景士
設立 1984年8月
島根県出雲市下横町402
0853-28-8282