食と農にかかわる物語づくりをお手伝い

はじめまして。竹下大学と申します。

「日本の農業を品種改良で面白くしたい」、こう志を立てて仕事に就いたのは31年前でした。多くの仲間に支えられ勝ち続けた仕事、天職だと感じた仕事でしたが、サラリーマンの立場で続けることは叶いませんでした。
けれども「パラレルキャリア」という言葉を知り、「組織の枠に囚われている限り自己実現はできない」と気づいて行動した時に、私の可能性は再び大きく広がり始めたのです。

いまこうして振り返ってみますと、様々な場所に足を運び、たくさんの植物たちに触れ、大勢の人たちと語り合ってきたことが、一度やる気を失いかけた私を、いつの間にか再び表舞台に押し戻してくれたとしか説明のしようがありません。
(気がつけば、いつの間にか激レアキャラになっていました)

自分の力を発揮できる環境、すなわちお役に立てる人との出会い、その輪の広がりこそが、新しい物語の始まりだと私は信じています。

ごあいさつ

生きがいとやりがいを持って魅力を伝える力が、新たな需要を生み出します。
東京都新宿区生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、キリンビールに入社。新規事業としてゼロから育種プログラムを立ち上げ、同社アグリバイオ事業随一の高収益ビジネスモデルを確立。2004年には、All-America Selectionsが北米の園芸産業発展に貢献した品種を育成した育種家に贈る「ブリーダーズカップ」の初代受賞者に、世界でただ一人選ばれた。
2010年のアグリバイオ事業譲渡後は、技術戦略立案部署、技術系人材の育成専任部署、一般財団法人食品産業センターへの社外出向を経験。現在はこれらの経験を活かし、植物・人材育成・イノベーション・健康の切り口から、様々な情報発信やセミナー等を行っている。

技術士(農業部門)、キャリアコンサルタント、
CTT+(Comptia認定国際トレーナー資格)

専門分野

農作物、園芸
農作物や植物とのふれあいの魅力をどのように伝えたらわからないまま、思い付きであれこれ動いてはいませんでしょうか?
育種、品種改良
「商業育種」という言葉で関係者の心がひとつになっていますでしょうか?
10年後を見据えた仕事をどれだけしていますでしょうか?
加工食品、地域振興
お客様目線に立った商品開発やサービス提供だと言い切れる根拠は、本当に明確になっていますでしょうか?
人材育成
指導的なポジションの人は、教え方や人の育て方について、正しい知識・スキル・考え方を持っていますでしょうか?

お手伝いできる内容

現地取材
農業、食品関連全般
執筆
農業、食品関連全般
講演
好きを仕事にする方法、弱者の勝ち方、セカンドキャリア、植物に学ぶ生き方、園芸の素晴らしさ
セミナー、研修
イノベータ―養成、自己実現、キャリアデザイン、パラレルキャリア、技術技能伝承、OJT
講義(大学生向け)
育種、農作物、農業史、園芸、キャリアデザイン
その他
商業育種、農産物プロデュース、人材育成関連のコンサルティング

その他
商業育種、農産物プロデュース、人材育成関連のコンサルティング

著書

日本の品種はすごい
中央公論新社
植物はヒトを操る
毎日新聞社
共著
パパの楽ちん菜園
講談社
東京ディズニーリゾート植物ガイド
講談社
監修
東京ディズニーリゾート植物ガイド
講談社
監修

地域の食の世界遺産「本場の本物」をめぐる(好評連載中)

New
株式会社村岡総本舗(佐賀県小城市)
小城市が日本一のようかん消費地である理由とは・・・
株式会社徳重紅梅園(宮崎県都城市)
平安時代の品種「鶯宿」の秘めたる力とは・・・
合名会社明石家菓子店(鹿児島県鹿児島市)
自然薯でつくられる薩摩銘菓のはじまりとは・・・
株式会社クリタ(茨城県大子町)
まぼろしの食材、乾燥こんにゃくとは・・・
有限会社村田商店(長野県長野市)
アカマツの経木が納豆に宿すうまさとは・・・
株式会社徳重紅梅園(宮崎県都城市)
平安時代の品種「鶯宿」の秘めたる力とは・・・

日本の品種物語8:チモ

『ふくしまプライド。』支える革新品種

47都道府県の中で面積が広いトップ3を、上から挙げてみてほしい。

正解は、北海道、岩手県、福島県である。3位は知らなかった人もいるかもしれない。ましてや福島県最南端の町名を答えられる人はわずかだろう。東白川郡矢祭町。茨城県に入り込むように位置するこの町で、八重咲ガーデンシクラメンの「チモ」は生まれた。

育成者は金澤美浩さん。育種の師匠に託された想いを形にしたシクラメンだ。

ガーデンシクラメンは寒さに強く、冬の屋外をそこだけ春に変えてしまう花。立体感を演出できるフォルムは、もはや小洒落た空間には欠かせない。

チモの革新性は、八重咲の花形と耐寒性の両立にある。おしべが花びらに変わり花粉が出ないために、ひとつの花が咲き始めてから枯れるまで50日間も鑑賞できる。その花が次から次へと咲いてくるだから、ふつうのガーデンシクラメンと比べて見ごたえは5倍。さらに夏越しも容易で、翌年、翌々年も楽しめる。

シクラメンに限らず様々な植物の品種改良を手がけ、数多くのオリジナル品種を商品化してきた金澤さん。自ら花づくりを始めただけでなく、矢祭鉢物研究会を組織し、花の生産など行われていなかった地域を花の産地に変えもした。

花の形も株立ちも、どっちもかわいい上に花もちもいい。あっちもこっちも欲しくなる。2006年の発売以来、いまでは24品種をシリーズ展開しているチモ。コンセプトが先か品種名が先かを追求するのは野暮というものだ。

NHK大河ドラマ「八重の桜」は、福島県の復興を願って制作された。綾瀬はるかが演じた新島八重の強さが、いまだ目に焼きついている人も多いのではないか。

福島第一原発の爆発からもう10年。八重の桜ならぬ八重のシクラメン「チモ」と、矢祭鉢物研究会メンバーが生産する鉢花たちは、『ふくしまプライド。』を支える大きな樹に育っている。

日本の品種物語7:マスカット・ベーリーA

ワインで郷土を豊かに 生涯かけ夢実現

新潟県は頸城(くびき)平野。日本で最も古いワイナリーのひとつ岩の原葡萄園は、なぜか国内有数の米作地帯で起こされた。

岩の原葡萄園の創始者は、1868(慶応4)年生まれの川上善兵衛。豪農の長男でありながら、この地でブドウ作りとワイン造りに生涯を捧げた人物である。

「マスカット・ベーリーA」は、地位と財産すべてを引き換えにして善兵衛が育成した品種、多くの小作人を抱える責任感と正義感が叶えた夢の品種なのだ。 

こうまでして善兵衛が品種改良に打ち込んだのには、2つ理由があった。

ひとつは、郷土に新たな産業を興して農民を貧しさから開放するため。もうひとつは、高品質なワイン用ブドウを収穫できる優れた品種を得るためである。

前者については、平地が限られる日本において、傾斜地で儲かる新しい作物を普及させるため。後者については、国内でワインを造れるようになれば、日本酒に使っている米を食用に回せるようになると考えたためであった。

ところが、世界中から取り寄せた品種を試作した結果、善兵衛は日本の環境に適した品種など存在しないという結論に達してしまい、ついには自ら品種改良を手がけることとなる。 54歳、1922(大正11)年の決断であった。

醸造と生食に向く新品種としてマスカット・ベーリーAが発表されたのは、それから18年後、1940(昭和15)年のこと。

世界的な評価を得るまでになった日本ワイン。マスカット・ベーリーAは、赤ワイン用品種のなかで国内生産量1位の座を占める。また、ワインを欧州に輸出する際に、ラベルに名前を表示できる日本生まれの品種は、「甲州」と「マスカット・ベーリーA」だけである。

実りの秋。マスカット・ベーリーAも収穫の最盛期を迎えている。ブドウ、ワイン、どちらでも構わない。善兵衛の志に思いを馳せながら味わいたいものだ。

日本の品種物語6:秋麗

甘さなど食味最重視で勝負

うどんのつゆに代表されるように、味や見た目の嗜好には地域性がある。かつおだしに濃口醤油ベースの関東風か、昆布だしベースに薄口醤油の関西風か、といった具合にだ。また九州や北陸では、醤油は甘口が定番になっている。

似たようなことはナシでもいえる。東日本では赤ナシが、西日本では青ナシが好まれる。事実、ナシは「幸水」などの赤ナシの方が、「二十世紀」などの青ナシよりも甘いという傾向があるのだ。

ところが遺伝的に糖度の低い青ナシにも、赤ナシに負けない甘さの品種が存在する。

その名は「秋麗」。果実ひとつひとつにくまモンシールが貼られて出荷される、熊本県のブランド梨だ。その味はといえば、ほとんど酸味を感じない甘味と青ナシ特有の舌触りのよさとがあいまって、ひと味違うナシだと思わせる。 

秋麗は、果実の見た目も他の青ナシとはかなり異なる。恐竜の卵に通じる模様とでも表現すれば聞こえはよいが、肌が汚いと言ってしまえばそれまでの残念な外観なのだ。もし店頭で見かけたら手を伸ばす人はまれだろう。

幸水を母親とし2003(平成15)年に育成された秋麗は、二十世紀を超えてほしいという期待に反した結果に終わる。見た目の悪さと栽培しにくさが、ナシ産地の許容範囲を超えていたためである。にかかわらず熊本県だけは、外観の悪さには目をつぶり味で勝負するという賭けに出た。そのため、見た目をよくする袋かけすら、甘みを最大限引き出す目的であえて行っていない。

いくらくまモンといえども、シール1枚で高値で売れたりヒット商品になったりするような甘い話などない。短所を直すよりも長所を伸ばす。ひと癖ある品種の生かし方は、子育てに通じる。

日本の品種物語5:とげなし千両二号

味よく、見た目よく、管理が楽な優良品種

棘をもつ植物の代表選手といえば、サボテン、バラ、それからカンキツ類といったところだろう。

トゲのおもな役割は、捕食動物に対する防御と何かに絡めて自らの体を支えるため。子供の頃、服にくっつて遊んだオナモミの実のトゲは、タネを動物に運んでもらうためだ。

南アフリカ原産ライオンゴロシにいたっては、四方八方に長く伸ばしたトゲに大きな返しをつけ、果実の直径は10cmほどにもなる。この名の由来は、足に刺さった果実をライオンが口で抜こうにも、今度は口の中で刺さってどうにも取れなくなり、苦しみ死んでしまうという話からついた。英名はデビルズクロー(悪魔の鉤爪)ときている。

ナスがおいしくなるこの季節。収穫しようとして、ヘタのトゲに閉口した記憶が蘇った方もいるかもしれない。 

「ナスにはトゲがある」と答えられる人は、日本人の何割ぐらいなのだろう。いずれにせよ、年々減り続けていことだけは間違いない。

ナスのトゲは生産者にとってはさらに迷惑な存在だ。管理や収穫の時は自分の肌を傷つけ、箱詰め袋詰めをする際には商品を傷ものにする。

誰もが諦めていた困りごとを初めて解消したのが、2008(平成20)年発売の「とげなし千両二号」であった。開発したのは、大ベストセラー「千両二号」を1964(昭和39)年に発表したタキイ種苗。とげなし性は、アメリカの「バンビーノ」というミニ丸ナスから、14年をかけて導入された。

近江の国で育成された「とげなし千両二号」。消費者からは「味がよく様々な料理に使える」、流通からは「果皮に傷がつきにくく良品でよく売れる」、生産者からは「収量が多い上に管理作業が楽」との声が寄せられる。まさに近江商人の「三方よし」の精神を宿したナスといえよう。

日本の品種物語4:湘南レッド

生で食べる文化の定着に貢献

湘南の二文字を見て、まっさきに頭に浮かぶのは何だろうか。世代によって違いはあるにしても、江の島、サーフィン、海の家。サザンオールスターズに加山雄三といったところだろう。湘南ボーイ、湘南爆走族、湘南乃風も時代を彩った。湘南モノレールが開通したのは昭和45年。平成6年には湘南ナンバーが交付され、平成12年には湘南ベルマーレが誕生している。

ところが湘南は、古くから使われていた地名ではない。明治22年に小倉村と葉山島村が合併した際に、造語で湘南村と名付けられたのが始まりだ。

「湘南レッド」は、昭和36年に神奈川県農業総合研究所園芸分場(現農業技術センター)で育成された赤タマネギ。湘南の海開きは6月下旬から7月上旬にかけてだが、「湘南レッド」はちょうど最後の出荷ピークを迎える。

「湘南レッド」以前、日本にはタマネギを生で食べる習慣はなかった。つまりスライスオニオンという、新しい食文化を日本に定着させた品種なのである。育成者の坂木利隆は、アメリカでスライスオニオンのうまさを知り、辛みが少なく見た目のきれいな品種を完成させたのだ。発表から約60年、味についてはいまだに一番を譲らない。

じつは板木は、県を退職後にもっと大きな成果をあげている。ナス科やウリ科の作物で当たり前になった、セル苗での接ぎ木は彼の発明である。トマトの接ぎ木苗にいたっては、本発明によって実用化されたほどだ。この「全農式幼苗接ぎ木苗生産システム」は、トランジスタラジオ、電卓、回転寿司、カラオケなどとともに、戦後日本のイノベーション100選に選ばれたほか、世界中に普及している。

サラダを目にも舌にもうれしくしてくれる赤タマネギ。ますますおいしくなる夏野菜。時には板木利隆の活躍を思い出したいものだ。

日本の品種物語3:のぞみ

平和への願いを込めて

バラは特別な花だ。なぜなら戦争の名前にまでなっているから。

15世紀半ばにイギリスで起きたバラ戦争は、ランカスター家とヨーク家の王位継承をめぐる30年にもおよぶ内乱である。ランカスター家が一重の赤バラを、ヨーク家が一重の白バラを紋章にしていたことから、後にバラ戦争と呼ばれるようになった。

それから約400年後、フランスで育成され、第二次世界大戦後に「ピース」と名づけられた品種ついては、ご存じの方も多いかもしれない。

日本には現代バラの成立に重要な役割を果たしたノイバラを筆頭に、14種の野生種が自生する。にも関わらず、伝統的な家紋にバラは使われてはいない。どうも私たちのご先祖様にとっては、バラは特別な花ではなかったようだ。

ガーデンローズの開発競争は、プロアマ入り乱れて熾烈を極める。そのせいか世界中で長く愛される日本生まれの品種は、極めて稀な存在だ。おそらく「のぞみ」だけであろう。花の直径は3cmほど。日本では一季咲きだが、欧米の涼しい環境では横に大きく広がり、秋まで無数の花を咲かせ続ける。

そんな「のぞみ」が育成されたのは1968年。育成者は浦和市在住のアマチュア小野寺透氏である。それも初めて交配して採ったタネから選抜した個体なのだ。品種名は、実の妹の子で、3歳で亡くなった娘の名前にちなむ。

太平洋戦争中に満州で生まれたのぞみちゃん。母を亡くして命からがら一人きりで帰国し、戦地から戻った父が待つ品川駅に列車で向かっていた。だが母の遺骨を抱いて座っていたのぞみちゃんは、父に初めて抱かれた時には息を引き取っていた。身体はまだ温かったという。

「のぞみ」は他のバラたちよりも少し遅れて、6月第2週に花盛りを迎える。平和について考えずにはいられない目下の暮らし。バラ園やご近所で「のぞみ」を探してみてはいかがだろうか。

日本の品種物語2:コガネセンガン

芋焼酎の味を変えた

佐藤、天使の誘惑、赤兎馬、もぐら、魔王、森伊蔵、一刻者、明るい農村、富乃宝山、三岳、日向木挽、さつま白波、黒伊佐錦に黒霧島。

何番目でお気づきになられただろうか。そう、これらは芋焼酎の人気銘柄。それも原料に「コガネセンガン」だけを用いているものだ。

芋焼酎ブームが起きたのは2003年。臭いからと九州以外では敬遠されていたのが、一気に首都圏でも飲まれるようになった。クロキリが果たした功績は述べるまでもなかろう。その一方で、味を変えたコガネセンガンについては知られていない。

コガネセンガンの外見上の特徴は、淡黄色の皮だ。赤紫色のサツマイモしか知らない人なら、ジャガイモのような色の品種があることにまず驚く。高でん粉価と1株で47キログラムという最高記録が示す多収性こそ、真の価値だ。

開発したのは国の九州農業試験場(現農研機構九州沖縄農業研究センター、熊本県合志市)で、1966年に命名登録された。もともとは日本のでん粉産業を輸入品から守るために育種された。いまでは芋焼酎原料の9割を占めるほか、菓子でも大量に使われる。育成者は坂井健吉さん。95歳になったいまも毎日のように貸農園に通い汗を流す。 

坂井さんからお話を伺うと役人に対するイメージが一変する。なにせ胆力と行動力が半端ない。次から次へと飛び出す武勇伝。民間企業であってもこれほどの人物には滅多にお目にかかれまい。コガネセンガンはアメリカ、インドネシア、日本の品種の血が混じる。開発体制を含め、多様性を発揮させるために壁を壊し続けたこの人だからこそ生まれ得た品種だと納得だ。

なお、赤霧島は紫芋のムラサキマサリ、茜霧島は果肉がオレンジ色のタマアカネで造られる。白霧島はコガネセンガン100%だが、黒霧島が黒麹で仕込むのに対し白麹を使う。

日本の品種物語1:デジマ

名前の由来はあの出島

「新じゃが」の文字に目が向いてしまう季節がやってきた。新じゃがの糖度は普通のジャガイモよりも低いため、味で勝っているはずはないのにどうしてなのだろう。ツルスベの美肌のせいだかろうか。それとも初物に熱狂した江戸っ子の血が騒ぐのだろうか。

新じゃがとして店頭にならぶ品種は、九州産の「ニシユタカ」である場合がほとんど。新じゃがに限れば、収量と栽培性に優れる「ニシユタカ」は圧倒的なナンバーワン品種なのである。

ただ「ニシユタカ」の味に少々物足りなさを感じる人もいる。それは「ニシユタカ」の一代前の銘品種「デジマ」のせいだ。事実、「デジマ」の方がおいしいのである。

「デジマ」を育成したのは長崎県総合農林技術センター(現長崎県農林技術開発センター、雲仙市)で、1970年代後半から80年代後半にかけては、新じゃがといえば「デジマ」であった。名前の由来はもちろんあの出島である。

出島の面積は約1・5㌶。東京ドームのグラウンド部分より少し広い程度にすぎない。ここにオランダ人が居住し始めたのは、1641年。その後200年間以上も出島から出られなかった彼らは、日本で手に入れられない西洋野菜を島内で栽培するようになる。西洋ニンジン、レタス、キャベツ、ホウレンソウが作られていたようだ。だがなぜか、ジャガイモについては育てられた記録は残されていない。

日蘭史の研究者であるイサベル・田中・ファンダーレンは、「庖厨全書とオランダ料理」の中で、オランダ商館長ブロムホムの日記の一節を紹介している。それによると、「桜馬場という長崎付近のある村に行き、じゃがいもを収穫した。これはその年に15タールの値段で借りて植えてあったものである」とある。

桜馬場の地名は今でも長崎市内に残る。出島までは約1・6㌔㍍。眼鏡橋を眺め、当時のジャガイモロードを想像しながら散策してみるのも一興だ。

連載実績

素晴らしい! 日本の品種            2020ー       品種改良、農業
日本の品種物語                 2020ー     農業、園芸
地域の食の世界遺産「本場の本物」をめぐる    2020ー      加工食品
コアコア新聞                  2019ー        地域創生
知りたい‼ 農産物加工のおもてうら       2019ー2020    農産物加工
園芸親子の花メガネ               2013-2014    園芸、花育
大学さんのフリースタイルベジタブる       2013ー2014    園芸
Wishing Upon A Plant                2008ー2009     品種改良
鵜の目鷹の目ブリーダーの目           2007ー2008      園芸
コアコア新聞                  2019ー        地域創生

TBSラジオ「伊集院光とらじおと」
(2020年1月7日)出演、1:30:30~2:05:30

お気軽にお問い合せください

お問い合わせ・ご依頼などは、いますぐこちらから。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。