【日本一】
京都のたけのこ情報

春とともに短い旬が訪れる「たけのこ」。
季節とともに、若竹煮やたけのこ御飯、焼き筍などを頂くのは最高の贅沢です。
京都の「たけのこ」は高級ブランドして、味・品質・歴史と高い評価を頂いています。

「京都たけのこ」
おすすめポイント

京都は「たけのこ」伝承の地
諸説ありますが、古来中国より海をわたり伝わったのが、京都府乙訓地域と言われています。※琉球を通じて薩摩藩(鹿児島)から伝わったという説もあります。

中国より伝わり、その後京都の地に根付いた理由は、自然の環境や土壌が「たけのこ」栽培に適していたためです。

孟宗竹で有名
たけのこには種類がいくつかありますが、多くの方が頭に思い浮かべる「たけのこ」が孟宗竹(モウソウチク)です。

チョコレート菓子の「たけのこの里」のイメージが孟宗竹です。
孟宗竹は、肉厚で柔らかく、えぐみが少ない特徴を持っており、最も食べやすい種類です。
京都のたけのこは孟宗竹で最も有名です。

【京都式軟化栽培法】
色が白く、肉厚・やわらかい「たけのこ」の特徴を生み出しているのが、京都独自の「京都式軟化栽培法」です。

「京都式軟化栽培法」は大変手間のかかる栽培法で、収穫の時期だけでなく、1年中行います。
竹の成長を止める「先止め」に始まり、土を入れ替え、藁を敷き詰める作業などを丹念に行う事で高い品質を維持しています。
色が白く、肉厚・やわらかい「たけのこ」の特徴を生み出しているのが、京都独自の「京都式軟化栽培法」です。

「京都式軟化栽培法」は大変手間のかかる栽培法で、収穫の時期だけでなく、1年中行います。
竹の成長を止める「先止め」に始まり、土を入れ替え、藁を敷き詰める作業などを丹念に行う事で高い品質を維持しています。
画像引用:https://www.city.nagaokakyo.lg.jp

「乙訓たけのこ」とは?

京都府南西部に「乙訓(おとくに)地域」と呼ばれる場所があります。
この辺りの土壌は、酸性の粘土質で、水はけ、日当たりが良く「たけのこ」栽培に最適の環境と言われています。

また、「京都式軟化栽培」を200年前より実施しているエリアであり、
京都のなかでも「最高品質のたけのこ」として有名です。

「乙訓たけのこ」の
販売

京都府乙訓のたけのこ屋さん

朝堀りの最高級孟宗竹「乙訓たけのこ」を販売。
収穫後、その日のうちに発送いたします。
  • 2㌔サイズ 3,600円(別途消費税)
  • 4㌔サイズ 5,800円(別途消費税)
お問い合わせは下記ボタンよりお気軽にどうぞ