高津川の源流を護る会
s.b.takatsugawa@gmail.com

島根県西部を流れる一級河川「高津川」。過去には「水質日本一」に何度も輝いた日本屈指の清流です。森・里・川・海が一体となった素晴らしい自然環境が、この川の流域の人々の文化やくらし、貴重な動植物などを育んできました。
そんな高津川の源流、匹見町に、巨大な風力発電所建設の計画が進行中であることをご存知でしょうか?
既に風車の作られた地域では、河川への土砂の流れ込みや沢崩れ、周辺住民の健康被害等の問題が発生しています。高津川で、巨大風車群の建設が計画通り実行されれば、源流が破壊され、清流の環境が危機に瀕してしまうおそれがあります。
このことについて知り、学び、話し合い、そして広めていく仲間を募集しています。
風力発電所が設置された、浜田市弥栄町の様子。匹見町道川では、高さ約150mの風車が15基程度、山の尾根沿いに設置される計画です。
既に風力発電機が設置された地域では、土砂崩れなどの災害も起こっています。浜田市での土砂崩れの復旧と砂防ダム建設工事の様子です。
建設が行われる高津川源流部は、クマタカやゴギ、カスミサンショウウオなど、貴重な野生動植物が多く生息しています。
建設が行われる高津川源流部は、クマタカやゴギ、カスミサンショウウオなど、貴重な野生動植物が多く生息しています。

Facebookで情報発信しています。

当会の活動や、事業に関する情報など、Facebookで細かく発信しています。アカウントをお持ちの方は、是非「いいね」をお願いします。

最近の活動報告

◎ 第三回 深める学習会
 1月15日 横田町豊田公民館会にて、会員と県議会議員、市議会議員を交えた勉強会、意見交換会を実施しました。北広島町、浜田市からの参加者もあり、このほど縦覧が開始された環境影響評価方法書の内容について勉強しました。環境調査の方法について議論が盛り上がりました。
 

◎ 第二回 深める学習会
12月19日 横田町豊田公民館会員にて、会員と市議会議員4名を交えた勉強会、意見交換会を実施しました。

◎ 発足集会 & 第一回 深める学習会
11月23日 下記の説明会に出席したメンバーが中心となり、当会の発足集会と、「深める学習会」と題した勉強会(会員中心の定例会)を行いました。

◎ 北広島町住民説明会へ出席
8月21日 北広島町で開催された、当該事業主体者による住民説明会(配慮書段階)へ出席しました。

今後の予定

◎ 第4回深める学習会
日時:R2年2月19日 19:30~21:00
会場:横田町豊田公民館
内容:環境評価方法書に対する意見書の検討。

◎ 第三回 深める学習会
日時:R2年1月15日 19:30~21:00
会場:横田町豊田公民館
内容:18~19日の住民説明会に向け、環境評価方法書の内容を勉強します。

◎ 事業主体者による住民説明会(益田市)
日時:R2年1月18日~19日
会場:益田市市民学習センター(18日14時)、道川公民館(19日10時)、二川公民館(19日14時)
事業実施者に、意見を言える貴重な機会です。ぜひご都合の良い日程でご出席ください。

◎ 風力発電についての広域学習会
日時:R2年3月22日(予定)
会場:浜田市弥栄町
弥栄町にて、風力発電施設の見学や、専門家を講師に招いての講演会を行います。

事業に関わる情報等

「益田匹見風力発電事業」の環境影響評価方法書の縦覧が始まりました。ぜひご覧いただき、意見書(3/10消印有効)でみなさんの声を届けてください。
「 (仮称)益田匹見風力発電事業」についての益田市のホームページ。
(配慮書の縦覧期間が終わり、現在配慮書を閲覧できなくなりました。事業主体企業のHPへのリンクもなくなり、検索にも表示されません。
本来であれば、住民がいつでも当該事業についての情報を得る権利があるはずですが、住民に隠されたまま事業が進んでいます。)
令和元年8月21日に、北広島町で開催された、「(仮称)益田匹見風力発電事業」事業実施者から住民への説明会(配慮書段階)資料です。