子どもの矯正

お子さまの歯並びをなんとかしたいと思っているあなたへ
矯正相談は
3歳からOK
お子さまの健康を
第一に考えます
歯並びだけでなく
虫歯のチェックも一緒に
子どもの矯正はいつから始めればいいの?どんなことをするの?
など疑問に思われる保護者の方も多いと思います。

矯正治療は 大人になってからでも出来ますが、子どもの頃から始めるからこそ得られるメリットもあります。

「うちの子の歯並び、大丈夫かな?」と思われた そのタイミングがいい機会です。
一度、たかま歯科医院で相談してみませんか。

子ども矯正のメリット

01

不正咬合になる原因を取り除く

きれいな歯並びになるためには、乳歯から永久歯にスムーズに抜け変わること等が必要です。
その他にも歯並びが良くなるように、子どもの頃から定期的に歯のチェックを受けることで、悪い歯並びになることを防ぎます。
02

顎の成長をコントロールできる

顎は、主に小学生まで成長します。
この成長を利用して、歯がきれいに生えてくるよう促します。
逆に好ましくない成長を抑制することもあります。
03

歯並びにとって いい習慣を身につける

ささいな癖でも、毎日していると歯並びに影響してくることがあります。
子どものうちに 歯並びに悪い癖を治すことで、いい習慣を身につけ、大人になっても綺麗な歯並びを維持できるようにしましょう。
03

歯並びにとって いい習慣を身につける

ささいな癖でも、毎日していると歯並びに影響してくることがあります。
子どものうちに 歯並びに悪い癖を治すことで、いい習慣を身につけ、大人になっても綺麗な歯並びを維持できるようにしましょう。

矯正治療の例

症例①
8歳女の子、歯並びが気になるため来院

治療前
前歯が噛んでいない状態。
舌の位置・動きが悪く、顎が小さいことが原因と考えられるので、顎を広げて舌の位置を改善する治療を行ないました。

治療内容
・スケルトンタイプ拡大装置
・MFT(口腔周囲筋のトレーニング)
治療中
治療を始めて4カ月です。
顎の骨が広がり、大人の歯が生えるスペースができました。
また、舌の位置も改善してきています。
治療中
治療を始めて4カ月です。
顎の骨が広がり、大人の歯が生えるスペースができました。
また、舌の位置も改善してきています。

症例②
4歳男の子、右の噛み合わせが気になる

治療前
右側歯が部分的に、噛み合わせが逆になっています。
リンガルアーチという装置で、噛み合わせが逆になっている部分の治療を行ないました。
治療後
リンガルアーチ装着後、約4ヶ月で噛み合わせが改善しました。
治療後
リンガルアーチ装着後、約4ヶ月で噛み合わせが改善しました。

症例③
4歳女の子、噛み合わせが反対なのが気になる

治療前
上下の噛み合わせが逆になっています。
パナシールドという取り外し式の装置で、治療を行ないました。

このように噛み合わせが反対になっている(受け口)お子さんは、早期に治療をすることが望ましいです。
治療後
パナシールド装着後、3ヶ月で反対の噛み合わせが改善しました。
治療後
パナシールド装着後、3ヶ月で反対の噛み合わせが改善しました。

矯正治療の流れ

1. 矯正相談
矯正治療をご希望の方へ、症状や悩みをお伺いし 簡単なお口のチェックを行います。
当院で行なっている矯正治療について説明します。
(この相談を受けたら矯正治療を始めなければならないというのもではありません。お気軽にご相談ください。)
2. 精密検査
かみ合わせや歯並びなどの診断に必要な資料をとります。
・問診
・レントゲン写真
・3次元的CT写真
・模型を作るための歯の型取り
・お口と顔の写真撮影
・かみ合わせのチェック など
3. 診断・治療計画の説明
検査結果をもとに、治療計画・費用の説明を行います。
ご同意をいただいた上で、矯正治療に移ります。
4. 矯正治療の開始
矯正装置を作るための型取りをし、矯正治療を開始していきます。
(虫歯などがある場合は、治療を済ませてから矯正を進めていきます。)
5. 保定期間
歯の移動が終了し装置を外した後、移動したての歯は不安定で、元の位置に戻ろうとします。
それを防ぐために、保定装置を装着し、歯の位置を固定します。
6.メンテナンス 
矯正治療が終了し装置を外したあとも、きれいな歯を維持するためにメンテナンスを受けて頂くことが理想的です。
定期的に、歯のクリーニング・虫歯チェック等をしましょう。
4. 矯正治療の開始
矯正装置を作るための型取りをし、矯正治療を開始していきます。
(虫歯などがある場合は、治療を済ませてから矯正を進めていきます。)

治療費について

矯正治療

治療内容 料金(税別)
精密検査(資料取り) 30,000円
スケルトン拡大装置
350,000円
ビムラー
350,000円
プレオルソ・パナソールド 30,000〜50,000円


その他の矯正装置 スタッフにお尋ねください。
症例によっては、装置を組み合わせて使用する場合もあります。
スケルトン拡大装置
350,000円

たかま歯科の「子ども矯正」

近年、子どもの口呼吸が問題視されています。
人間は鼻で呼吸する生き物ですが、口で息をする習慣がついてしまうと、お口だけでなく全身に影響を及ぼします。

例えば…
口が乾燥するため、虫歯や歯周病になりやすい・口臭の原因となる。
風邪をひきやすい。
口周りの筋肉が緩むため、歯並びが悪くなる。
いびきをかく。熟睡できない。

このような症状は、矯正やMFT(口周りの筋肉のトレーニング)をすることにより改善していきます。

当院では、口呼吸など体にとって好ましくない習慣を改善し、口腔だけでなく全身の健康に繋がるよう努めています。

見た目の歯並びだけでなく
一生 健康に食事できる歯を一緒に目指していきましょう。

また、当院には 子育てを経験した女医・子育て中のスタッフも在籍しております。
お気軽にご相談ください。

よくある質問

Q. 子どもの矯正は、いつから始めるのがいいですか?
子どもの頃から矯正するメリットとして、「顎の成長を利用して治療できる」「歯並びが悪くなる習慣に早く気付くことが出来る」ことが挙げられます。
このことから、歯並びが悪いかなと思われる場合、出来るだけ早期に治療を始めるのが好ましいです。
(例えば、受け口の場合は 3歳から矯正治療をされるお子さまもいます。)

ただ、どんなお子さまでも早期に治療を開始すれば良いというわけではありません。
お子さまによって、歯の状態・顎の成長の程度はさまざまです。
最適な時期に矯正治療を開始するためにも、早めにご相談ください。

当院では、3歳から矯正相談を受付しております。
虫歯チェック・フッ素塗布も一緒に行うことが出来ますので、ご希望の方はお声がけください。
Q. 乳歯と乳歯の間に隙間があります。大丈夫ですか?
乳歯と乳歯の隙間は、“発育空隙・霊長空隙”といって正常な隙間である事がほとんどです。
この隙間があることで、大人の歯がスムーズに生えてくることが出来ます。
逆に、乳歯の間に隙間ががない場合、大人の歯が生えるスペースが少なく、歯並びが悪くなる可能性があります。

また、まれに乳歯の数が生まれつき少なく、隙間が出来ている場合もあります。
この場合、レントゲン写真を撮り、大人の歯との生え変わりを注意して、定期検診します。
Q. 編集中
編集中
Q. 編集中
編集中
診療時間
月~金曜 9:30〜13:00 14:30~19:00
第2・4土曜 9:00〜13:00
〒550-0015 大阪市西区南堀江1−11−5 中村ビル1階
地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」⑥出口 徒歩1分
各線 「心斎橋駅」 徒歩5分

診療時間

午前
09:30 - 13:00
/
/
午後
14:30 - 19:00
/
/
/
午後
14:30 - 19:00
/
/
/
※第2.4土曜のみ、9:00〜13:00の診療となります。第1.3.5土曜は休診です。

休診日は、第1.3.5土曜日 / 日曜日 / 祝日 になります。

アクセス

たかま歯科医院
〒550-0015
大阪市西区南堀江1−11−5 中村ビル1階

地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」⑥出口 徒歩1分
各線 「心斎橋駅」 徒歩5分
たかま歯科医院
一般歯科については、こちらへ