終了しました。
受講された皆様、ありがとうございました。

尾崎行雄記念財団
政治特別「一日集中」講座

読者の皆様、こんにちは。
前下田市議会議員の高橋富代です。
このたびは当サイトにお越しくださりありがとうございます。
 
民主党政権時に『保守』に目覚め、それ以来色々な保守ブログで勉強させていただきながら、日本の政治問題を記してきました。
ブログをまとめる意味で『アパ日本再興財団主催・真の近現代史観懸賞論文』に応募し、
第5回「第五回・真の近現代史観」懸賞論文にて佳作入選(テーマ「日本よ自らの汚名をそそげ~外交カードとしての捏造慰安婦~」、
第6回「NHKを叩き潰せ~この反日史観放送局~」と入選をすることができました。
また第7回「アメリカよ、日本を打つならまず自らの手を清めよ ~幾多のお吉たちへの鎮魂歌~」は残念な結果でしたが、
先輩保守ブロガーさんや、中山成彬前衆議院議員や国史啓蒙家の小名木善行先生が取り上げてくだり、
大変多くの方々に読んで頂くことになりました。
中には英訳・イタリア語訳し転載してくださる方もいらして、いくら感謝しても足りません。

国の安全があってこそ、地方の暮らしがあります。
日本の国を護らずして、私たちの幸せはないのですね。
またその逆も言えます。
私たちの故郷を護る覚悟が、日本国を強くしていきます。

さて、私は平成11年から27年まで3期12年、下田市議会議員を務めました。(平成15年の選挙は落選)
政治にはまったく興味のない普通の主婦が、市民運動の代表となり、市議会議員選挙に挑み、
紆余曲折あり自民党所属議員として地方政治に携わってまいりました。
主に国政に関してブログを書いてはおりますが、実は地方政治が専門なのです。
「これは一般市民も知らなくてはいけない」「市民生活に直結はしないけれど、議員はここをしっかりやらなくてはいけない」など、読者の皆様にもお伝えしたいことをたくさん経験いたしました。

一昨年からその経験を、長年の学び舎である尾崎行雄記念財団主催の人材育成塾・咢堂塾で講師としてお話しさせて頂いておりますが、本年は財団・理事の石田尊昭、IT統括ディレクターの高橋大輔とともに、「政治特別講座」を開催することになりまた。

今の政治を変えたいと思っている皆さん、政策がなかなか実現できないと悩んでいる新人議員の皆さん、
政治のど真ん中、永田町1丁目1番地で学んでみませんか?

【日時】平成28年11月13日(日曜日)
    10:00~17:00

【場所】東京都千代田区永田町1-1-1
   (憲政記念館内)
    尾崎行雄記念財団

【講座内容】

◆石田尊昭

 「民主主義と咢堂精神」

◆高橋富代

1)「議員も真っ青
     ~スーパー市民になる方法~」
2)「重箱のスミを突きまくれ
     ~一目おかれる議員を目指す~」

◆高橋大輔

 「政治とインターネット」

◆憲政記念館見学会

(講座後、懇親会を予定しております)

【受講料】1万円(昼食代含む)

【定員】10名 残席3名(少人数で密度の濃い時間を提供します)

お名前・ご住所・お電話番号を記載の上、
メールにて尾崎行雄記念財団までお申し込みください。
振込先を記載しご返信いたします。
尚、お振込み確認後の正式受付とさせて頂きますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【申し込みしめきり 平成28年11月1日】

尾崎行雄記念財団

TEL:03-3581-1778
(受付時間 10:00~17:00)

info(a)ozakiyukio.jp
(a)を@に変更して送信してください。


◆◆◆【特典】◆◆◆

1、尾崎行雄記念財団機関誌『世界と議会』(高橋富代講義掲載)を進呈。

2、会費8000円の尾崎行雄記念財団主催・政経懇話会(お食事付)を1回無料ご招待。

3、尾崎行雄記念財団主催・咢堂塾1講座無料ご招待。

講師

高橋富代

「リープロ住民投票を求める市民運動」代表を経て静岡県下田市議会議員(3期)、
総務文教常任委員長(2009~11)
副議長(2011~13)、
監査委員(2013~15)、
2015年下田市議会議員選挙不出馬。
現在、尾崎行雄記念財団咢堂塾運営委員。

web site

石田尊昭

尾崎行雄記念財団理事兼事務局長

憲政の神・議会政治の父と呼ばれる尾崎行雄の三女、相馬雪香氏と共にリーダー養成塾「咢堂塾」を設立。
これまでに延べ540名が卒塾し、地方議会議員53名、首長2名、国会議員3名を輩出(2016年現在)。
「尾崎行雄と相馬雪香」「政治と人間学」「リーダーシップ」「政治・選挙の基礎講座」をテーマに、NPO・大学・中高生・自治体・企業・政治家を対象に講演を行っている。
尾崎財団以外にも、途上国・被災地支援、国際交流・人材育成に取り組むNPOの運営、
また、世界の貧困・紛争問題など「声なき声」を伝える国際メディアネットワークの日本支局(NPO)の運営に携わっている。

web site

高橋大輔

尾崎行雄記念財団研究員兼
        IT統括ディレクター

衆参国会議員や地方議員、公的機関など数多くのネット戦略に携わる。
サイト制作から動画編集、原稿執筆まですべてを手掛けるオールラウンダー。
現在、尾崎財団研究員 兼 IT統括ディレクター。


東京都千代田区永田町1-1-1
憲政記念館内
尾崎行雄記念財団