なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

いままで料理が全く出来なかった人でもみるみる腕が上達する!

食材の知識も増えて、健康にもなれる!

LINE@限定
・懐石料理人が教える
劇的にレパートリーが増える
煮物マニュアル


期間限定無料配信中!


これは
『日々の献立に困っている』

あなたに是非読んで欲しいです。

あなたは料理を作る時、何を考えて作っていますか?
『ただ美味しければ良い』と思いながら適当に作っていませんか?

私のお教えする『作り方』を覚えれば、たくさんの煮物に応用出来、同時にアレンジもする事が出来ます。

『煮物』を制する者は『料理』を制すると言って良いほど和食の基本です
この機会に

『料理のレパートリーを増やしたい』
『食費を節約したい』
『料理の基礎を学びたい』
『健康になりたい』
『時短メニューが知りたい』

すべての悩みを一気に解決しちゃいましよう!!
大丈夫です!!
私に任せて下さい。


これを読んで頂ければその『食』の悩みから解放されます。
私は15年『食』に携わって来ました。その中で『健康』『節約』『時短』の面から学んで来ましたので正しいアドバイスが出来ます。

『食』に悩みをお持ちの方はまず以下のものを受け取って下さい⬇️

※友達追加で読めます!
LINE@限定
懐石料理人が教える
劇的にレパートリーが増える
煮物マニュアル

読むだけで和食の基本『煮物』の作り方が理解出来て、同時に『食』に対する悩みが一気に解決出来てしまうマニュアルをプレゼントさせて頂きます。



サンプル一覧


こちらの特典は現在も改良が行われ続けているため、内容が多少変更する場合がございます。



なぜ煮物作りが必要なのか?


その理由とは⬇️
多くの煮物に応用出来る(料理のレパートリーが増える)

・鍋が食材を煮込むので待つだけで作る事が出来る(時間を有効に使える)

・安い食材でも美味しくなる(食費を抑えられる)
つまり!


自炊するしい節約出来る健康になる
と言う良いサイクルが生まれます。


その為に私は出来る限り解りやすくマニュアルを作りましたので、ぜひ一度読んで頂きたいです。


著者プロフィール

加藤貴史(ふぅみん)

1983年7月7日生まれ

私は昔、要領が悪く料理の出来ない劣等生でした。
大卒から専門学校に入学したのですが、高卒の人達に小バカにされるようなそんな人間でした。

和食の世界に就職してからも、同期よりも何倍も頭を小突かれました。

そんな私も続けてゆく内に『煮物』作れるようになり、それを母とおばあちゃんに作ってあげられた瞬間が一番の『やってて良かった』と思える瞬間でした。

人から『美味しい』と言われる事ほど幸せな事は無いんです。
ですが!
みなさんが今、自炊をしているなら、私の様な遠回りはせず早く正しく学んで欲しいのです。
私はそのお手伝いをするためにこの活動を始めました。


 
あなたの『分からない』が貴重な意見になります。メルマガやプレゼントにお金はかかりません、ただあなたの悩みを共有してくださるだけでいいんです。
 
LINE@での質問も受け付けていますので、ぜひ分からないことや料理で不安な事があれば御相談ください。




プレゼント企画は期間限定募集になります



今回の募集はレパートリーがなかなか増やせないない人がどんな悩みを抱えているかをリサーチするために行っています。

その為、リサーチが完了し次第プレゼント企画は終了させて頂きます。


いつ完了するかは分からないのでぜひこの機会をお見逃しなく!

よくある質問



Q. LINE@に登録するとお金がかかりますか?
A. お金は一切かかりません、あなたの『分からない』を共有して下さるだけで十分です。
Q. 登録後、迷惑メールが届いたりしませんか?
A. 法的な事情が無い限り、登録していただいた情報を第三者に渡すことは絶対にありません。
Q.初心者でもついていける内容ですか?
A.むしろ、今までほとんど自炊をしてこなかった人向けのコンテンツになります。

さいごに

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

自炊って本当に大変だと思います。

『趣味』『節約の為』『健康の為』あなたは何の為に自炊をしていますか?

私は『お金の節約』をモットーとしていましたので、その分多くの時間を自炊に費やしてきました。

『お金』の面では良かったのかも知れませんが費やした時間は決して戻っては来ません。

同じく、健康も一度害してしまうと取り返しがつかない事もあります。


でもこの手紙を読んでくれたあなたならその心配はいりません。

私の自炊方法では『食費の節約』『時短メニュー』『健康食材』『趣味としての料理』等を網羅しています。
あなたも『食』のプロフェッショナルになってみませんか?
それが私の願いです