なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

太陽光発電の仕組みとは?太陽光発電での投資についても紹介!

一時期話題になった太陽光発電。

太陽の自然のエネルギーで電気を作る太陽光発電は、節約や投資目的の方に人気です。

「聞いたことがない」「どうやって儲けるの?」と思っている方のために太陽光発電について紹介していきます。

太陽光発電とは?

そもそも、太陽光発電とはなんでしょうか?

簡単に説明すると太陽光発電とは、ソーラーパネルを使って太陽光を集め、電気のエネルギーへと変換することです。

住宅の屋根や大きな土地にソーラーパネルを設置しているのを見かけたことはありませんか?

太陽光発電をするためにソーラーパネルを設置しているのです。

太陽光発電で何ができるの?


では、太陽光発電で何ができるのでしょうか?
大きく分けて3つのことが可能です。

  • 集めたエネルギーを家庭用電気に変換して使うことができる
  • 電力会社に売ることができる
  • 電気を貯めておいて災害時に使用することができる
このように、太陽光の自然のエネルギーで電気を作り自分で使ったり売ったりすることができるのです。

太陽光発電投資は、作ったエネルギーを電力会社に売って儲けを出す方法です。

太陽光発電投資の仕組み

投資と一口に言っても、株やFX、不動産投資など種類は様々。

投資未経験者にとってなんだか難しいイメージがありますが、太陽光発電投資は初心者でもローリスクで投資を始めることができる投資なんです。

そんな太陽光発電投資の仕組みについて説明していきます。

太陽光発電はソーラーパネルを使用して家庭用電力に変換することができます。

その家庭用電力を、ある一定の価格で電力会社に売ることで収益にしていくのが太陽光発電投資です。

電気っていくらで売れるの?

電気の価格は、『売電価格』と呼ばれ1kwに対しての価格が高ければ高いほど利益が出ます。

最高値で買ってくれる電力会社を知りたいところですが、国が定めた『Fit制度』という一定の価格で売ることができる制度によりどの電力会社も売電価格は同じです。

つまり、毎年国が売電価格を決めるのです。

産業用太陽光発電の場合、20年間の固定買取期間があるため景気や流行に左右されないのが大きなメリットとなります。

コロナウイルスによる景気の悪化などが問題となっている今、非常に魅力的な投資と言ってもいいのではないでしょうか?

売電価格は年々下がってきている

売電価格は年々下がってきています。

2012年度にFit制度が誕生した時は、1kwあたり40円だったのに対して2020年には1kwあたり13円になっています。

「これではもう今から始めても間に合わないのでは?」と思った方も多いと思います。

しかし、2012年も2020年も投資を黒字化できる期間は変わっていないのです。

設置費用の低下が注目されている

その理由として、太陽光発電の設置費用が年々下がってきているのです。

つまり、初期投資の費用が下がってきているということになりますね!

太陽光発電の投資回収期間は、

(システム費用+土地代+ランニングコスト)÷ 年間の売電収入

と言われています。

太陽光発電投資の初期費用の回収期間は10年程度と言われ、その中でランニングコストを入れるとプラス1、2年はかかります。

20年間の固定買取期間があるため、最初12年は投資回収期間で、その後8年は黒字化という形になります。

年収400万から始める太陽光発電投資

いくら初期投資が安くなっているとはいえ、なかなかサラリーマンでは手が出しにくいもの。

しかし、年収400万円でも融資を受けることは可能です!

信販会社やソーラーローンを利用するなどで融資を受けることが可能なんです。

その背景として、20年間は安定した収益が見込める点や再生エネルギーの普及という点で融資が受けられやすいからです。

太陽光発電を購入するための資金繰り方法は案外多くあるのです。

まとめ

今回は太陽光発電について紹介しました。

投資というと一部の人が儲かる、未経験者だと難しいイメージがあると思います。

しかし、意外とローリスクで始めることができる投資もあるのです。
是非気になったら太陽光発電投資について調べてみてくださいね。