台風19号 茨城災害情報
報道経験者の情報ページ

被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます

元ラジオ局アナ・報道記者の視点で
茨城の災害情報を選別し発信します

情報共有が早期復旧につながることを
願っています
情報更新:2019年11月8日 16:20 

ニュース・記事:被災住宅暮らし 住み慣れた場所がいい 

上記情報のリンクを掲載しました

文中記号 ■=記事要旨 / ●=管理者コメント
トップページ画像 : 久慈川 平時の様子
このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
台風19号 茨城災害情報
報道経験者の情報ページ

ニュース・記事(新着分)

NEW 台風19号 被災住宅暮らし 住み慣れた場所がいい 不便さ、健康不安はあるが… /茨城

●毎日新聞の茨城版の記事。
自宅で浸水被害を受けた皆様の状況が紹介されています。

「浸水被害があっても自宅に」との思いに
共感する方も多いと思われます。
一日も早い生活の復旧を願っております。
(情報掲載 11/9)

ニュース・記事(既報分) 
※過去の情報は削除されていることがあります。

《台風19号検証》北茨城 水沼ダム緊急放流 水位調整、間に合わず想定超豪雨、運用に課題

●茨城新聞クロスアイの記事
ダムの緊急放流は周辺地域への
徹底周知と連動する必要があります。

この検証が今後のさらなる安全に
つながることを願っています。
(情報掲載:11/7)

鹿嶋市が非正規職員災害対応検討

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース。
NHKならではの取材力を感じる約4分半の特集企画です。

鹿嶋市にクローズアップした企画ですが
災害時の自治体の人手の問題は各地で共通する課題。

今回の台風被害からこのような体制整備の問題も
浮き彫りになっているようです
(情報掲載:11/6)

鬼怒川決壊で浸水、常総の高齢者ら 台風被災地に「恩返し」を
「土のう袋立て」自作、栃木

●茨城新聞クロスアイの記事
県境を越えた恩返しの話です。
善意の好循環のきっかけは
手作業から始まるのかもしれません。
(情報掲載 11/5)

越水次々、国事務所パンク 台風19号、那珂川氾濫情報出ず

●朝日新聞デジタルの有料記事。
11/4(月)の朝刊にも大きく掲載されています。
那珂川・久慈川の決壊・越水時の混乱が詳しく記されています。
有料記事ですが、多くの皆様に読んでいただきたい記事の一つです。
(情報掲載:11/4)

台風19号で障スポ中止 余波今も 大量に残るグッズ キャンセル料負担 主催の県「想定外」

●茨城新聞クロスアイの記事。
大会関連グッズ、宿泊施設などへの
対応の状況が詳しく書かれています。

今回の台風19号の影響は
あらゆる方面に出ています。
(情報掲載:11/3)

常陸大宮市と大子町に仮設住宅

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース。
県北の被災地の仮設住宅のニュース。
復旧への取り組みが途上にあることが伝わる内容です。
(情報掲載:11/2)

JR水郡線 一部区間で運転再開

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース。11/1の情報。
水郡線の今後の完全復旧が期待されますが
区間再開も地域の人々にとって大きな力となるはずです。
(情報掲載:11/2)

利根川 台風19号で水位も流量もカスリーン超え

●tenki.jpの記事。
10/13の利根川(取手市付近)の写真が掲載されています。
調節池の効果も解説されています。
(情報掲載:11/1)

TBSテレビ 中居正広の金曜日のスマイルたちへ
ひとり農業 ブログ

●人気番組「金スマ」内のコーナー企画のブログ。
常陸大宮市内で番組ディレクターが農業をするコーナー企画です。

11/1(金)の放送では、台風19号で被災した農地や家屋の映像も映し出されました。
ニュースやワイドショーと別の角度で茨城の被災地の情報が全国放送されました。

この企画の今後の放送にも期待したいところです。
(情報掲載:11/1)

那珂川 氾濫の確認は約8時間後

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース。

危機管理は初動が重要。
特に災害時の初動の遅れは
住民の生命や財産に直結します。

さらなる検証と今後の改善が
のぞまれるところです。
(情報掲載:10/31)

台風19号 温泉で一息「疲れ取れる」 常陸大宮、11月15日まで無料 避難、片付け…先見えず

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

災害廃棄物 8万2000トン余

●積み上げられた畳の映像は
今回の被害の大きさを物語っています。

廃棄物扱いとされたものは
いずれも大切な家財だったもの。

被災後の重要課題のひとつの
廃棄物問題の深刻さが伝わります。
(情報掲載:10/29)

台風19号 行楽客減少、大子の農家「リンゴ狩りに来て」 落下少なく道路も無事

●茨城新聞クロスアイの記事。
今回の台風19号は通過直後の
甚大な被害だけでなく、
数週間後の地域振興にも
大きな影響を及ぼしています。

被害の少ない地域の情報も
広く知られるべき情報の
一つ言えそうです。
(情報掲載:10/28)

《双眼鏡》運転再開へ頑張れ水郡線

●茨城新聞クロスアイのコラム。
被災した水郡線への思いが伝わる記事です。

水郡線の早期復旧は
県北山間部の活性化と直結する
重要課題と思われます。
(情報掲載:10/27)

台風19号 水戸、罹災証明の交付始まる

●茨城新聞クロスアイの記事。
水戸市飯富町の写真と、
被災された方の声が紹介されています。

浸水被害のあった水戸市飯富町。
被災当初、多くの報道陣が
ここに集まり、すぐに去りました。


今もここで取材を続け情報を流すのは
やはり地域密着型の地元のマスコミ。

茨城新聞はじめ地元マスコミ陣に
期待する方々も多いはずです。
(情報掲載:10/26)

編集者は懸命な報道陣の皆様も

心より応援しています。

千葉や茨城 半日で1か月分の雨 激しい雨の範囲は東北へ

●NHK NEWS WEBのニュース
10/25夕方の水戸市内、
JR大甕駅の浸水の様子も
映し出されています。

福島など各地の被害も
伝えられています。
(情報掲載:10/25)

Yahoo!天気・災害  河川水位情報 茨城県

●Yahoo!天気・災害の
茨城の河川水位情報ページ。

地図上で河川の情報が確認できます。

10/25の大雨を受け再掲載しました。
(情報掲載:10/25)

Yahoo!天気・災害 - 天気予報 / 防災情報
茨城県の大雨警戒情報

●Yahoo!天気・災害の茨城の情報ページ。
地域ごと、市町村ごとの
各地の警戒情報が確認できます。

スクロールすると雨雲レーダーも
見ることが出来ます
10/25の大雨を受け再掲載しました。
(情報掲載:10/25)

Yahoo!路線情報  運行情報 茨城

●Yahoo!路線情報の茨城の情報。
JR・私鉄等の運行情報が
一覧表で確認できます。

10/25の大雨を受け掲載。

大洗鹿島線は10/26も
大雨の影響が出るようです。

※最新情報はリンク先でご確認下さい。
(情報掲載:10/25)

10/25 ツイッター記事 
龍ケ崎市(茨城県) @ryugasaki_city  公式アカウント

●10/25の茨城県龍ヶ崎市のツイッター画面。
災害時の市町村ツイッターの有効な活用事例として掲載します。

大雨の市内の冠水情報などを龍ヶ崎市側が
ツイッター上で共有しようと呼びかけています。


速報性が求められる地域の災害情報を、既存メディアだけでなく、
SNSがリアルタイム感覚でカバーする時代となっています。

これも地域住民の安全を確保する有効な手段と言えそうです。

25日から大雨に 土砂災害警戒

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース
25日の雨の予報を受け、
ボランティア活動休止の動きも
既に出ています。
(情報掲載:10/24)

台風19号 県内海岸に大量の漂着ごみ

●茨城新聞クロスアイの記事。
鹿嶋市平井の海岸の漂着ごみの
様子が伝えられています。

海岸の漂着ごみの問題は
茨城だけでなく千葉など
他県でも生じている問題。

内陸部だけでなく海岸でも
対策が必要な状況です。
(情報掲載:10/24)

大子町で給水再開 県内断水解消

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース
大子町の断水の解消のニュース。
復旧作業にあたった
関係者の皆様のご苦労も
大きかったものと思われます。
(情報掲載:10/23)

台風19号茨城県内被害 建物全半壊2000棟超える

●茨城新聞クロスアイの記事。
県災害対策本部による
10/22午後3時の時点の
被害状況のまとめ記事です。

今回の台風による茨城県内の
甚大な被害が数値で示されています。
(情報掲載:10/23)

台風19号 子ども食堂に食材を 水戸・協力農家浸水 地元新鮮野菜、寄付募る /茨城

●毎日新聞の記事。
今回の台風の影響が
茨城保健生活協同組合運営の
「にこにこ食堂」にも
及んでいる、との記事です。

必要な食材の情報、
寄付などの連絡先も
記されています。
(情報掲載:10/22)

水戸市で住宅再建の支援制度説明

●NHK NEWS WEBの
茨城の
ニュース。水戸市の情報。
住宅再建に関する支援制度の
説明会のニュースです。

被災後の支援制度の周知も
大きな意味を持つとみられます。
(情報掲載:10/22)

台風19号 J2水戸 ホームタウン被災 昇格争い&ボランティア活動

●茨城新聞クロスアイの記事。
20日の水戸ホーリーホックの
ボランティア活動の情報です。

水戸の守護神・ゴールキーパー
本間幸司選手の写真とコメントも
掲載されています。
(情報掲載:10/22)

被災地で大雨のおそれ注意を

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース。
21日からの数日間は特に
気象情報に注意が必要とみられます。
(情報掲載:10/21)

台風19号 「HAL」で復旧作業 サイバーダイン 大子町に6台提供

●茨城新聞クロスアイのニュース。
つくば市のサイバーダイン社の
ロボットスーツ「HAL」が
大子町の災害支援に活用、との情報。

茨城県内の企業と、大子町の
災害ボランティアセンターが
連携した注目の事例です。
(情報掲載:10/21)

支援はモノよりお金で 「第2の災害」を生まないために

●朝日新聞デジタルの情報。

個人で被災地に物資を送ることは
現地での負担増となりがち。

その詳細が記された記事です。
(情報掲載:10/21)

被災地の高校で文化祭 大子町

●NHK NEWS WEBの茨城ニュース。
大子清流高校の文化祭開催の情報です。

「この時期だからこそ開催」との思い、
多くの人の心に通じたと思われます。
(情報掲載:10/19)

浸水被害の「道の駅」が営業再開

●NHK NEWS WEBの茨城ニュース。
御前山地区の「道の駅かつら」の
営業再開の情報です。

店内の新鮮な野菜や果実は、
地元の人だけでなく、
観光客にも喜ばれるはずです。
(情報掲載:10/19)

台風19号 一部で「バックウオーター現象」か 那珂川や久慈川 支流決壊

●東京新聞 TOKYO Webの記事。
茨城大学教授の見解をもとに
バックウオーター現象の
可能性を示唆しています。

今回の水害は
・記録的な広範囲の大雨
・河川の本流が増水
・支流の水があふれる
という事象の可能性と説明。

想定外が幾重にも重なった
今回の水害と言えそうです。
(情報掲載:10/19)

台風19号、JR水戸 水郡線鉄橋復旧に1年超 西金-常陸大子除き 11月1日再開

●茨城新聞クロスアイの記事。
水郡線の復旧作業に大幅な時間を
要する見通しが伝えられています。
区間再開は11/1。

地元紙の茨城新聞ならではの
きめ細かい情報となっています。
(情報掲載:10/19)

水戸市 水没の国道123号開通

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース。
国道123号の水没後の開通は18日午後。
5日ぶりに開通となりました。

各地の復旧作業がこの国道の再開通で
よりスムーズになることを願います。
(情報掲載:10/19)

県内再び雨 氾濫に十分注意

●NHK NEWS WEBの茨城のニュース。
浸水した地域は少しの雨でも
注意が必要です。
最新の気象情報もご確認ください。
(情報掲載:10/19)

水戸市公式ツイッター @kouhou_mito
【陸上自衛隊による入浴サービスの開始】

●水戸市立飯富中学校グラウンドで
陸上自衛隊松戸駐屯地による
入浴支援がスタート。

陸上自衛隊による被災者向けの
入浴支援は各地で行われています。

被災された皆様が入浴で
心身ともに回復されますことを
ご祈念申し上げます。

※入浴支援の最新情報は
陸上自衛隊のツイッター等で
ご確認ください。

陸上自衛隊 東部方面隊
@JGSDF_EA_PR
https://twitter.com/jgsdf_ea_pr

(情報掲載:10/19)

氾濫発生情報出ず...国交相謝罪 茨城・那珂川 氾濫したのに...

●FNNプライムオンラインの動画ニュース。
Yahoo!ニュース等でも紹介されています。

那珂川の問題が大臣謝罪に発展。
河川管理体制がより厳しく問われる
状況と思われます。
(情報掲載:10/18)

魅力度 被害最中の発表 知事「遺憾」
民間調査 本県7年連続最下位

●茨城新聞クロスアイの記事。
魅力度ランキングのニュース。
大井川知事のコメントと、
発表したブランド総研側の
双方のコメントを掲載。

被災状況を考えると、今後
波紋が広がるものと思われます。
(情報掲載:10/18)

河川事務所、氾濫把握もレベル5情報出さず 茨城・那珂川

●産経新聞の記事。
那珂川で氾濫発生情報が出なかった
経緯や詳細
を伝える記事です。

入念な検証と共に、地域住民の
生命・財産を守る視点での対応が
より一層求められそうです。
(情報掲載:10/18)

台風19号 避難所生活、疲労にじむ 水戸市立飯富中 県内最多90人 /茨城

●毎日新聞茨城版の記事。
避難所生活を送る方々の
生の声が伝わる記事です。
(情報掲載 10/18)

被災者に県営住宅を無償提供へ

●NHKの茨城ニュースの情報。
被災者向けの住宅情報です。

入居対象などの概要が
分かりやすく伝えられています。
(情報掲載:10/17)

「報道が少ない…」JR水郡線の鉄橋が崩落、町の中心部が浸水した茨城県大子町

●Yahoo!ニュースの記事。
飲料水以外の生活用水の問題や、
夜の気温低下の情報が記載されています。

現地の情報はまだ多くの人が
必要としているはずです。
(情報掲載:10/17)

台風19号 被災者支援 選手呼び掛け B2ロボッツ 水戸で募金活動

●茨城新聞クロスアイの記事。
バスケB2の茨城ロボッツの
募金活動の情報です。

試合会場も情報発信の
重要な場所と
思われます。
(情報掲載:10/17)

水戸 100人態勢で水没地域捜索 ネギ畑も泥被害

●FNN.jpプライムオンラインのニュース映像。
水戸市飯富町からの10/16の中継映像。
水が引いている様子、捜索活動、農業被害の
様子が報じられています。
(情報掲載:10/16)

断水で医療機関が休診 茨城・大子町に臨時の診療所

●テレ朝newsのニュース映像。
大子町の臨時の診療所の様子です。
医療面での体制整備も急務の一つです。
(情報掲載:10/16)

台風19号 県内、浸水1300棟超 死者2人に 堤防決壊12カ所

●茨城新聞クロスアイの記事。
これだけの被害が出ながら、
ニュースの情報量は時間経過とともに
減少することが懸念されます。

復旧活動はこれからが大事です。
その重要性を伝えるような記事です。
(情報掲載:10/16)

台風19号に伴う被災状況 ドローン空撮映像を公開

●茨城新聞NEWSの動画。
10/14の様子を県が15日に公開。
ドローンの機動力が
被災地で活用されています。
(情報掲載:10/16)

大子町HP 防災臨時放送局の開設について

●大子町役場HPの情報。
このほど防災臨時放送局を開設と発表。

現地では浸水被害でコミュニティFMの
FMだいごが活動停止を余儀なくされました。

関係者の皆様を応援させていただくとともに

現地の早期復旧を願います。
(情報掲載:10/15)

台風19号 那珂川、久慈川 浸水地域、生活再建に時間 
停電・断水続く 連休明け通勤通学に影響も

●茨城新聞クロスアイの記事。
県内の浸水地域の情報を掲載。
排水作業の進む様子も紹介。
鉄道(水郡線)、公立校の
休校情報なども
集約されています。
(情報掲載:10/15)

「牛が河川敷を歩いてる」栃木から茨城に流された?
[2019/10/14 19:18]

●栃木の牛が水戸まで流されたとの情報。
10/14のテレビ朝日系列の映像ニュースです。
牛は捕獲され戻されたそうです。
災害対応は多岐にわたる一例とみられます。

公立校 15日は22校が休校|NHK 茨城県のニュース

● 公立校の15日の休校に関するニュース。
浸水被害の出た地域で休校が生じるようです。
(情報掲載:10/14)

利根川河口の神栖市で浸水続く|NHK 茨城県のニュース

●神栖市でも浸水。NHKニュースの情報です。
利根川河口付近でも甚大な影響が出ています。
(情報掲載:10/14)

茨城新聞NEWS 10/13 水戸市台風被害(動画)

●茨城新聞の動画ニュース。
10/13の水戸市内の様子です。
水府橋、千歳橋、水戸北IC周辺の様子など、
浸水が広範囲に及んだことが分かります。

茨城新聞NEWS 10/13 大子町台風被害(動画)

●茨城新聞の動画ニュース。
10/13の大子町の様子です。

崩落した鉄橋の様子など
被害の大きさが
伝わる動画です。

茨城県では…町の一部が大きな湖に NNNニュース

●日テレ24のニュース動画。
14日の水戸市飯富町からの中継。
水かさがさほど変わっていない様子、
住宅や店舗の被害状況が伝えられています。
家具の被害について話す住民の声も紹介されています。
(情報掲載:10/14)

台風19号で深い爪痕 河川氾濫 復旧に時間も

●FNN(フジテレビ系列)のニュース動画。
広範囲で冠水した国道123号のリポート映像です。
那珂川氾濫の被害が東京キー局のニュースでも報じられました。
「水が引くのを待つしかない」との声も紹介されています。
(情報掲載:10/14)

水戸市 那珂川上空 TBS NEWS 防災ツイッター(動画)

●TBSのヘリ映像です。茨城県水戸市を流れる那珂川の上空。
10/13正午ごろの映像でリンク先に動画があります。

災害報道経験者として心配なのは、被災情報が共有されない事。
被災地の皆様への支援と情報共有が急務とみられます。
(情報掲載:10/13)

水戸市公式ツイッター 那珂川氾濫・付近の様子

●水戸市公式ツイッターの10/13の記事を転用します。
那珂川氾濫での水戸市渡里町~飯富町の様子を掲載。
写真は10/13(日)12:30の情報。早期収拾を願っています。
(情報掲載:10/13)

水戸市内 冠水 ツイッター画像

●茨城県議会の玉造議員のツイッター情報を転載します。
水戸市内の災害情報として転載させていただきます。
写真は10/13の水戸市内の様子と見られます。
なお管理者の情報発信は政治的中立の視点で考えております。

(情報掲載:10/13)

ツイッター情報 常陸大宮市

●常陸大宮市出身の気象予報士の
小林さんのツイッター情報です。

常陸大宮市内の動画が掲載されています。
(情報掲載:10/13)

ツイッター情報 大子町役場付近

●大子町役場付近とみられる
一般の方のツイッター写真情報を発見。
町役場付近の浸水被害が心配です。
早期復旧を願います。

(情報掲載:10/13)

水郡線 橋落下 ツイッター画像

● 一般の方のツイッター画像です。
崩落した水郡線の鉄橋の画像とみられます。

完全復旧まで長期化することが見込まれそうです。
早期復旧を願います。


(情報掲載:10/13)

(参考)取手市 利根川河川敷 10/13 15時半ごろ

管理人が撮影した取手市の利根川河川敷の参考写真です。
普段は芝生とグラウンドが広がる場所。
ここでの市街地への冠水はありませんでしたが
河川の幅いっぱいに濁った水が流れていました。
今後の水位の変動にも警戒が必要とみられます。
(10/13 15時半ごろ 撮影:管理人)

台風被害 茨城県内で甚大 川氾濫、水郡線の橋落下

■「大子町、常陸大宮市を流れる久慈川、北茨城市の大北川、
筑西市の鬼怒川、水戸市の那珂川で氾濫や越水」の記事。

● 茨城新聞クロスアイ(WEBページ)では
水戸市渡里町付近の冠水時の写真も掲載されています。

(情報掲載:10/13)

JR水郡線、三つの鉄橋に被害 運転再開めどたたず

■JR水郡線の、久慈川などに架かる三つの橋の被害の記事。
「復旧には大幅な期間を要する見込み」とのことです。

●朝日新聞デジタルの記事では崩落した写真を掲載。
茨城県内も甚大な被害を受けた様子が伝わる記事です。

(情報掲載:10/13)

久慈川氾濫、大子町役場が1メートル浸水…茨城

●「12日夜の久慈川氾濫で、町役場1階が浸水」
「浸水の高さは約1メートル。業務に大きな支障は出てないという。」
等の情報が掲載されています。

■ 茨城県大子町は茨城北部の山間部にある町。
観光名所の袋田の滝もある場所。土砂災害等も心配です。


(情報掲載:10/13)

FMだいご (フェイスブックページ)

●「FMだいごが浸水し、これ以上の放送は困難と判断し、放送を停止」
「本当に無念。機材も浸水、スタッフの命にも関わるための判断」
との記載があります。

■FMだいごは大子町役場の敷地内にあるコミュニティFMのラジオ局。
関係者の皆様の複雑な思いが伝わる文面です。
早期復旧と皆様のご安全を願います。

(情報掲載:10/13)

茨城の甚大被害明らかに「報道遅い」相次ぐ嘆きの声

●日刊スポーツの記事のリンクを転載します。
報道の現場経験者として非常に複雑な心境ですが、
マスコミが追いきれない情報をSNS等が先に伝えているのが現状です。


危機管理対応の鉄則の一つが「初動の重要性」です。
今後の情報体制の強化に期待したいところです。
(情報掲載 10/13)

マスコミ

NHKニュース 茨城 NEWS WEB

https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/
●NHKのWEBサイト。茨城県内の情報はここで確認できます。
報道経験者として災害時のNHKの皆様のご尽力を応援しています。

(情報掲載:10/13)

茨城新聞クロスアイ

●茨城県の地元紙・茨城新聞のWEBページです。
茨城新聞の記者の皆様は実に丹念に取材を重ねます。
茨城新聞の情報も県民にとって重要な情報源。
取材現場の皆様を心から応援しています。

(情報掲載:10/13)

水戸経済新聞 
【台風19号】茨城県内 復旧等の各種情報一覧【随時更新】

●被災した県央、県北の各自治体の
生活情報が実にきめ細かく掲載されています。
給水、災害ごみなどの情報も一目瞭然。

水戸経済新聞の皆様のご尽力が
多くの皆様の力になるものと思われます。
(情報掲載 10/14)

NNNニュース|日テレNEWS24 茨城のニュース

●日テレ系列のニュースサイト。
「茨城のニュース」として分類されています。

FNN.jpプライムオンライン タグ: 茨城県

●FNN.jpプライムオンライン
(フジテレビ系列)のニュース映像。
茨城県の情報として分類された
ニュース映像のページです。
(情報掲載:10/16)

行政・関係機関

茨城県ツイッター 公式アカウント @Ibaraki_Kouhou

●茨城県の公式ツイッター。
各地の災害情報が多数掲載されています。
リツイート情報も被災地情報が多め。

災害時のツールとしてツイッターが
有効活用されている印象です。
(情報掲載:10/16)

茨城県 防災・危機管理ポータルサイト

茨城県の防災情報のホームページです。
茨城全体の被害の情報が集約されています

(情報掲載:10/13)

【注目】 Yahoo!天気・災害 河川水位情報 茨城県

●茨城県内の河川水位情報が大変見やすくまとまっているのが、Yahoo!天気・災害のページです。茨城県内の主要河川の水位をここで確認できます。

(情報掲載:10/13)

【注目】 茨城県管理道路 道路通行規制情報

●茨城県管理道路の通行規制情報の一覧表です。
県道の情報の他、国道の情報も掲載。

広範囲で冠水の影響がでた様子が伺えます。

東京電力 停電情報 茨城県

●茨城県内でも今回の台風19号により広範囲で停電が生じました。
東京電力の停電情報のページでは、町名単位での停電確認ができます。

(情報掲載:10/13)

内閣府 防災情報のページ
地方自治体向け お役立ち情報

管理者が危機管理研修でも紹介している内閣府の防災情報ページ。地方自治体向けに情報が集約されています。

ページ内は行政職員の皆様向けの情報リンクが多数。避難所運営ガイドラインや、水害対応の手引きもあります。このページのフル活用をおすすめします。

(情報掲載:10/13)

【注目】 災害時にトップがなすべきこと 24か条

●内閣府防災情報のページなどに掲載されている情報。
被災自治体の首長らの生の声が24か条にまとめられた内容。
首長向けのメッセージでありながら、多くの現場担当者にも通じるメッセージ集です。

本文pdfはこちら
https://www.city.toyooka.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/630/nasubekikoto.pdf

臨時災害放送局 開設等の手引き

●災害FMと呼ばれる臨時のラジオ局
(=臨時災害放送局)も開設できる時代です。

総務省の災害FM開設の手引きはネットで閲覧できます。
免許、機材、人員、資金、運営等、無数の課題がありますが、
被災地支援の一つの方法として情報を掲載します。

(参考)災害マネジメント統括支援員・対口支援 関連記事

●「災害マネジメント統括支援員」という自治体職員の登録制度があります。

これは災害対応の知見のある都道府県・政令都市の管理職職員を被災地に送る制度。
熊本地震を契機に設けられた登録制度です。

対口支援とは「ぴったり合う支援」の意味。
被災自治体がこの制度を活用することも早期復旧の一つの有効策と思われます。

リンク先は2018年の西日本豪雨の際の記事。
イメージ図が分かりやすいのでリンクを紹介します。
(情報掲載:10/16)


被災者向け情報

浸水した車、エンジンかけないで 自然発火の危険性も

●朝日新聞デジタルの記事。
JAF職員のコメントを紹介。
エンジン破損や自然発火の
おそれについて説明されています。
(情報掲載:10/19)

被災地のNHK受信料免除 10月・11月の2カ月間

●朝日新聞デジタルの記事。
被災地の復旧活動時に、
こうしたミニ情報も
告知すべきと思われます。
(情報掲載:10/18)

被災した家屋での感染症対策

●厚生労働省の被災者向け情報です。
感染症予防に土ほこりにも注意が必要、
などの情報が記されています。
(情報掲載:10/14)

震災や大規模水害時における空き巣・盗難被害対策

●専門家による水害時の空き巣対策の情報ページです。
避難所での盗難対策なども記載されています。
(情報掲載:10/14)

台風で自宅が損壊したら「被災写真」を撮って
被災者が、片付け前にやるべき大事なこと

●「家の被災状況を写真で記録を」「市町村からり災証明書の発行で必要」との内容が掲載されています。
被災された皆様は復旧作業で大変かと思われますが、スマホ等で写真の記録を残すことで、事後対応がスムーズになることがあると思われます。

(情報掲載 10/13)

【注目】「水害にあったら、どうすればいい?」
このチラシが、とてもわかりやすい

●「震災がつなぐ全国ネットワーク」の資料の「水害にあったときに」がとても分かりやすい、とネット上で紹介されています。
情報源はBuzzfeedのページです。

(情報掲載:10/13)


支援者向け情報

政府広報 被災地を応援したい方へ 災害ボランティア活動の始め方

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

水害ボランティア作業マニュアル

●全国社会福祉協議会などでも
紹介されているイラスト図。

水害ボランティアの必要備品が
一目瞭然となっています。

ここでは水戸市ホームページの
pdfのリンク先を掲載します。
(情報掲載:10/22)

台風19号支援通信

●朝日新聞デジタルの情報。
被災地への支援情報や関連記事が
まとめられたページです。
(情報掲載:10/21)

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

●全国社会福祉協議会のページ。

ボランティアに向かう方への
心得や確認点などがまとめられています。

(情報掲載:10/20)

水戸市社会福祉協議会 災害ボランティアセンター情報

●水戸市社会福祉協議会の情報。
水戸市災害ボランティアセンターについて
最新情報が掲載されています。

フェイスブックでも情報掲載中
https://www.facebook.com/水戸市社会福祉協議会-255343512020433/

(情報掲載:10/19)

大子町社会福祉協議会 災害ボランティアセンター情報

●大子町社会福祉協議会の情報。
大子町災害ボランティアセンターについて
最新情報が掲載されています。

フェイスブックでも情報掲載中。
https://www.facebook.com/社会福祉法人-大子町社会福祉協議会-119276646149668/

(情報掲載:10/19)

常陸太田市社会福祉協議会 災害ボランティアセンター情報

●常陸太田氏社会福祉協議会の情報。
常陸太田市災害ボランティアセンターについて
最新情報が掲載されています。
(情報掲載:10/21)

常陸大宮市社会福祉協議会 災害ボランティアセンター情報

●常陸大宮市社会福祉協議会の情報。
常陸大宮市災害ボランティアセンターについて
最新情報が掲載されています。

フェイスブックでも情報掲載中。
https://www.facebook.com/hitachiomiyashakyo
(情報掲載:10/19)

ひたちなか市社会福祉協議会 災害ボランティアセンター情報

●ひたちなか市災害社会福祉協議会の情報。
ひたちなか市災害ボランティアセンターについて
最新情報が掲載されています。

(情報掲載:10/19)

NPO法人レスキューストックヤード 支援物資 関連情報

●名古屋市のNPO法人の情報。
支援物資を送ろうとお考えの皆様に
ご一読いただきたい情報です。

個人の場合、物を送る支援よりも
お金での支援の方が有効とされます。

個人の物資支援の難しさが
分かりやすく説明されています。
(情報掲載:10/21)

茨城・大子町へボランティアバス

●朝日新聞デジタルの記事。
水戸から大子町に向かう
ボランティアバスの情報。
受付は前日午後8時まで、など
詳細の情報が記されています。
(情報掲載:10/18)

茨城県内の災害ボランティアセンターについて

●茨城県社会福祉協議会の情報。
ひたちなか市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町、水戸市の
各災害ボランティアセンターの一覧です。
活動内容は「片づけや土砂だし等」とのこと。
支援者と被災地をつなぐ大切な情報と思われます。
(情報掲載:10/16)

水戸市HP 水戸市災害ボランティアセンターを設置
片付け・泥出しなどをお手伝い

●水戸市役所の水戸市民向けの情報。
ボランティアの動きが進み始めました。

(※注意)作業内容によっては
ボランティアを
受けられない場合もあるそうです。

水戸市は危機発生後の初動が非常に早い印象です。

被災各地で同様の機運が高まることを願います。
(情報掲載:10/14)

令和元年台風19号緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

●Yahoo!のネット募金の情報。
クレジットカードで災害支援の募金が出来ます。
Tポイントの募金にも対応。
「寄付金の使い道は被災都道府県もしくは
被災市町村への義援金を予定」とのこと。
善意を強要するものでなく、情報として掲載します。

WEBページ趣旨

・茨城の災害情報を報道経験者の視点でピックアップします。

・茨城の台風19号の被害は甚大ですが、茨城県のメディアの特性上、
 報道の量は
少なくなる傾向があります。
 災害報道経験者としてこの傾向は見過ごせません。


・茨城県北部を流れる久慈川氾濫の影響では、大子町役場1階が浸水し、
 隣接するコミュニティFM(ラジオ局)も業務停止と発表されました。

・微力ながら情報発信のインフラを補完する意図もあります。

・情報共有を通じた復旧の一助となることがこのページの主な狙いです。
 
・管理者コメントも掲載します。情報は不定期更新します。


・皆様の安全を願うとともに、早期復旧が進むことを心より願っています。

 (管理者:高木圭二郎 記載:2019年10月13日)

管理者情報

管理者:高木 圭二郎
研修講師・フリーアナウンサー・スピーチ講座代表
(元 茨城放送アナウンサー兼 ディレクター・報道記者)

法政大学社会学部1995年卒。茨城のラジオ局で18年半活動。
災害報道・記者会見の現場も多数経験。
独立後、研修講師、フリーアナ活動、スピーチ講座運営を兼務。
水戸市・取手市・柏市・都内等で活動中。

プロフィール詳細
http://www.talkrescue.jp/instructor/#section9

スタジオ写真:2015年10月 特別許可のもと撮影。
ホワイトボード前写真:現在の講師活動の様子
現在、編集者は講師活動が中心でラジオ局勤務は行っていません。

このページでは編集者の災害報道経験をもとに
茨城の災害情報を選択・発信しています。

参考 編集者 事業一覧ページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/takagikeijirobiz