なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

食べるチカラえんは嚥下障害予防・嚥下障害支援のサポートに特化した事業を行っています。

食べる力の低下によっておこる摂食嚥下障害。安全に口から食事を楽しむために食べるリハビリの専門家に相談しませんか?

高齢者の「食」について、こんなことありませんか?

最近、むせるようになってきた。何を気を付けたらいいんだろう?
食事介助の方法がわからない。気を付けることは?
誤嚥性肺炎と診断された。繰り返さないためにはどうしたらいいんだろう?
食べる力を落とさないために何かできることはないのかな?
食べる力を落とさないために何かできることはないのかな?

その悩み、食べるリハビリの専門家 言語聴覚士がお答えします!

食べるチカラえんの取り組み

嚥下障害予防の講演活動

市町村、各団体、企業の皆様 
嚥下障害予防の取り組みはじめませんか?
各地域へ出張可能か、まずは一度ご相談ください!
「食べる力が衰えるってどういうこと?」の視点で、食べる仕組みの説明から、起こりやすい嚥下障害のタイプの紹介、今日からできる予防の取り組みのご指導など、近年ニーズの高まっている嚥下障害予防のための講演です。嚥下障害予防のテーマ以外にもご相談ください。

介護施設等 嚥下相談訪問

施設職員の皆様、食べる機能と食事形態が適合しているか、お困りではありませんか?
入居者の食事の問題、一緒に考えましょう!
入居者の食べる力の変化に対応するため、「食」にまつわる相談に応じます。食事形態の適正や水分摂取の工夫、食事摂取の方法など、専門の視点でご提案、職員の皆様の「食」の悩みを一緒に考え、ご指導致します。

オンライン嚥下障害相談室*えん

家で食べている食事方法に心配はありませんか?
在宅介護を考える人の応援がしたい!
食べる力は加齢と共に日々変化し、調理方法によっても、その食べやすさは異なります。在宅介護の「食」を安全に楽しめるように、オンライン嚥下障害相談室*えんを開設しました。自宅にいながら気軽に専門家に相談できます。

介護食・嚥下食 料理講座
〜はじめての介護食・嚥下食講座〜

家庭でできる介護食・嚥下食を学びませんか?
嚥下障害になっても「食」をあきらめない!どうしたら美味しくできるか一緒に考えましょう!
身近な食材を使った、初めてでも参加しやすい介護食・嚥下食料理講座です。口に届ける一口がよりおいしくなるように、「食」がもたらす心の平穏を一緒に考えましょう。知って為になる嚥下障害の知識や工夫などもお伝えいたします。

文章記事執筆

専門記事の執筆お任せください。
食べることの問題、看取り、認知症、コミュニケーション障害など言語聴覚士の視点でお伝えします。
医療、介護業界の業界誌、コラム等、喜んで書かせていただきます。

北海道北見市*まちなか嚥下障害相談室

北見市、オホーツク近隣の方、ご活用ください!
1月、2月、3月の予定(要予約制)

1/21(木)13:00~17:00
2/18(木)13:00~17:00
3/18(木)13:00~17:00
お近くの方が気軽に相談しやすいように、北見市街中に、毎月まちなか嚥下障害相談室を開いています。要予約制となっていますので、相談希望の方はご連絡ください。

<相談内容>
嚥下障害について、リハビリのこと、食事のこと、介護施設、介護サービスのこと、その他
<場所>
〒090-0817
北海道北見市常磐町2丁目1-10
北見市市民会館2号室

NEW 講座ご案内

NEW講座 ~今こそオーラルフレイルを予防しよう~口の衰え対策講座
令和3年2月6日㈯ 13:00~15:00
場所 北海道北見市北2条西3丁目ナップスビル地下 北見道新文化センターF教室

人と話す交流機会が減ってしまったり、常時のマスクで顔の筋肉が使われていなかったり、今こそ気になる顔やのどの筋肉の衰え。食べる力、話す力の衰えに繋がっていきます。自宅で一人でもできる顔とのどのトレーニングで今こそ鍛えて対策していきませんか?

お申込みは北見道新文化センターへお願いいたします。
※感染症対策のもと、会場等十分に配慮しながら実施致します。


食べるチカラえん 基本情報

2017年より活動開始。
代表 橋田祐理子(言語聴覚士、介護支援専門員)
〒090-0066
北海道北見市花月町11番地298
℡ 050-5241-5663
MAIL taberutikara.en@gmail.com

代表 プロフィール

橋田 祐理子(言語聴覚士)
2010年、国家資格 言語聴覚士免許取得。介護老人保健施設にて摂食嚥下障害の摂食嚥下訓練、失語症、構音障害の言語訓練、認知症のコミュニケーション訓練等、リハビリテーション職に従事。看取り支援~在宅リハビリまで幅広く経験を積む。2017年よりNPO食べる力・円 代表、フリーランス言語聴覚士。2021年1月より任意団体活動より個人活動に移行し、「食べるチカラえん」に改称、代表を務める。
代表ブログ~フリーランス言語聴覚士はしっ子のWeekly magagine~連載中。

食べるチカラえん 活動ミッション

食べる力を高めるまちづくりに貢献する。
住みたい場所で、障害があっても当たり前に暮らすことができる。これは、誰もが抱えている潜在的な願いです。健やかに暮らすために、「食べる力を高める」ことは大切な前向きな取り組みです。私たちは、その取り組みをまちづくりレベルで考えています。いつまでも自分の口で、自分の力で、「食」を楽しむことができる。加齢による変化を受入れながら、今、出来ることを私たちは提案していきます。

コラボレーション、プロジェクトお気軽にお待ちしています!

行政、企業、団体様からのお声かけお待ちしています。
過去の取組み事例
・高校介護福祉科 嚥下障害をもっと知るための授業
・認定こども園 嚥下障害教育の紙芝居教室(年長クラス)
・モーニングセミナー 講師
・嚥下障害予防のカレンダー作成 販売
・産官学連携 地域食材を活用した嚥下食開発 等

お問合せはお気軽に

℡ 050‐5241‐5663
お問合せは、各お問合せフォーム、電話、メール taberutikara.en@gmail.comまでお願いいたします。

NEWS

事業スタイル変更のお知らせ
2017年4月よりNPO食べる力・円の名称のもと、任意団体として活動して参りました当団体ですが、この度、より柔軟な活動展開とするために、任意団体より代表個人の活動に移行いたします。つきましては、2021年1月より名称を「食べるチカラえん」に変更いたします。今後とも嚥下障害予防・支援の活動に尽力してまいりますので、ご理解、ご協力頂けましたら幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。

「新北海道スタイル」安心宣言

食べるチカラえんは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、下記の点に取り組み、新北海道スタイルを実践しています。
1.スタッフのマスク着用、小まめな手洗いを行っています。
2.事務所内は定期的な換気を行っています。
3.設備、器具などは定期的な消毒、洗浄を行っています。
4.人と人との接触機会を減らすために一定の距離を確保します。
5.対面でのご相談の際にはご予約の上、少人数で対応いたします。
6.ご利用者にも咳エチケットや消毒を呼びかけます。

皆様に安心してご利用頂けるよう、食べるチカラえんでは、今後も新北海道スタイルを取り組んでいきます。

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)